仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

Xcp

カウンターパーティー(XCP)の特徴と今後の展望や将来性について

カウンターパーティー(XCP)はビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)に比べると、まだ知名度は低いでしょう。しかし、独自のトークンを作ることの出来る金融プラットフォームとして期待されています。今回はカウンターパーティーの詳細、また今後の利用や価格変動についてもまとめています。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/08/25 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で1,000円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

カウンターパーティーとは(XCP)?特徴・利用方法について

カウンターパーティー

カウンターパーティー(Counterparty)という言葉を聞いたことがありますか?

日本語に訳せば「相手方」「契約相手」「取引先」といったような意味です。

この言葉が名称となっている仮想通貨があります。

XCPという略号が使われるトークンで、日本ではZaif(ザイフ)で取り扱われていますが、ビットコインやイーサリアムほどの認知度はまだ無いかもしれません。

ただし、トークンエコノミーと呼ばれる代替貨幣による経済活動が将来活発化すると、トークンとの親和性の高いカウンターパーティーの利用価値が高まると一部で注目されている仮想通貨です。

カウンターパーティー(XCP)のチャート、詳しい情報はこちら

カウンターパーティーとは

カウンターパーティー概要

引用元: Couterparty

先ほどカウンターパーティーを仮想通貨と紹介しましたが、厳密には「カウンターパーティー」には2つの意味があります。

金融プラットフォームであるカウンターパーティーと、そのプラットフォーム上で利用される基軸通貨のカウンターパーティーです。

自分の仮想通貨を作ることができるシステム

金融プラットフォームであるカウンターパーティーを利用することで、トークンと呼ばれる独自の仮想通貨を作成することができます。

トークンについて詳しく知りたい方はこちら

独自通貨の使い道

発行者は自分の提供する商品・サービスの価値を表すトークンを発行することで、既存のお金を使わず商品・サービスの価値を表現できます。

その結果、従来の貨幣では表現しにくかった商品・サービスの価値を表現することが可能になり、企業や個人の資金調達や新ビジネス立ち上げが行いやすくなると期待されています。

カウンターパーティーの仕組み

金融プラットフォームであるカウンターパーティーは、それを利用することで独自の仮想通貨を発行することができるというシステムです。

そしてこのプラットフォームを利用するために支払われる基軸通貨が、仮想通貨のカウンターパーティーです。

ビットコインのブロックチェーンを利用したプログラム

ビットコインなど、一般に仮想通貨と呼ばれる仮想通貨は、その通貨独自のブロックチェーン技術を使って管理されています。

一方でトークンは、ビットコインなど既存のブロックチェーンを利用します。

カウンターパーティーは後者にあたり、ビットコインのブロックチェーン上で展開されている金融プラットフォームです。

ビットコインのブロックチェーンには、コインの量やアドレス以外にもデータを書き込めるエリアがあり、そこに独自の情報を書き込んで利用しています。

革新的な「PoB」という手法

カウンターパーティーでは、基軸通貨の発行に際してPoB(Proof of Burn:プルーフ・オブ・バーン)という仕組みを採用しています。

これはカウンターパーティーの新規発行に際し各自が自分の保有するビットコインを、誰も暗号鍵を知らないアドレスに送金して二度と使えなくし、その送金額に応じてカウンターパーティーを入手することの出来るシステムです。

ビットコインを二度と使えなくすることで代わりに発行されるカウンターパーティーの価値の裏付けとし、かつ配分を公平・透明にしたという革新的な手法と言われています。

カウンターパーティーの利用

トークンおもちゃ

カウンターパーティーを使えば、誰でも独自のトークンを発行することができます。

どのように利用するのか、どんなことに気をつける必要があるのかをご紹介します。

カウンターパーティーを始めるために必要なもの

カウンターパーティーはビットコインのブロックチェーン上で動いているため、少額(0.0005BTC)のビットコインがネットワーク利用手数料として必要になります。

また、トークンを扱うためのウォレットも必要です。

カウンターパーティー用のウォレットとしてはウェッブウォレットであるカウンター・ウォレット(Counter Wallet)や、モバイルウォレットであるインディ・スクエア・ウォレット(IndieSquare Wallet)などがあります。

さらにトークン発行の手数料として0.5XCPも必要です。

XCPはウォレットを使ってBTCと交換もできますし、Zaif(ザイフ)などの取引所で入手してウォレットに送ることもできます。

カウンターパーティー(XCP)のウォレットについて詳しく知りたい方はこちら

独自の通貨を発行する手順

ここではカウンター・ウォレットを使って独自トークンを発行する方法をご紹介します。

(1) トップページの#My Addressの行の右にある「Address actions」をクリックします。

(2) ドロップダウンから「Create a Token (Asset)」をクリックします。

カウンター・ウォレット

引用元: Couterparty

(3).必要事項を入力します。Name Type「Alphabetic name with Anti-spam fee(0.5XCP)」を選ぶと自分の好きな名前をつけられます。

Token Nameにトークンの名前、Descriptionにトークンの説明、Quantityに発行量を入力します。

「Make Divisible」のチェックはそのままにしておきます。

(4).最後に「Create Token」をクリックします。

カウンター・ウォレット

引用元: Couterparty

カウンターパーティーを利用するリスク

カウンターパーティーは誰でも簡単に独自通貨であるトークンを発行できるというメリットがありますが、注意するべきリスクもあります。

利用に際して注意しておくべきことを確認します。

ビットコインのシステムを利用していることで生まれるデメリット

カウンターパーティーはビットコインのブロックチェーンを利用しています。

従って、ビットコインで発生する問題はカウンターパーティーでも発生します。

代表的なものは送金詰まりによる送金処理の遅れです。

また、ビットコインの送金詰まりに伴う送金手数料の高騰の問題も、カウンターパーティーの手数料に反映してしまいます。

こうした点も含め、ビットコインのシステムの制約によってカウンターパーティーで出来ることの自由が制限されてしまうのです。

仮想通貨を使用するリスク

またトークンを発行して譲渡した場合、手元に入ってくるのはビットコインなどの仮想通貨になります。

現実的には世の中の経済活動の大半は依然として法定通貨で行われており、仮想通貨で調達した資金は取引所などで法定通貨に換金する必要があります。

換金に際する価格変動リスクや、株式や為替の取引市場に比べて仮想通貨の市場がまだ小さいため、取引したい時にできないといった流動性リスクなど、仮想通貨を利用した取引が持つリスクも存在します。

カウンターパーティーのデメリット・リスクの解決

勿論、上記のようなデメリット・リスクについては、解決に向けた検討が行われています。

ビットコインは送金スピードの解決のために、2017年8月にハードフォークしてビットコインキャッシュ(BCH)が誕生しました。

さらに、将来的な導入を目指してライトニング・ネットワークと呼ばれる新たな送金手法の検討も進められています。

また、仮想通貨取引自体の持つリスクについても、仮想通貨取引所のリスク対応力強化や、仮想通貨取引への一定の規制導入といった対応が進められています。

ただし、いずれの対応も実現までに時間がかかったり、改善の途上といった状況であり、今すぐに完全にリスクを回避する方法はありません。

取引をする際に、デメリット・リスクがあることを理解のした上で取引をすることが必要です。

カウンターパーティー(XCP)の今後

望遠鏡で展望

今後トークンエコノミーが拡大してトークン発行量が増加していけば、カウンターパーティーが活用される機会も増加すると期待されます。

そしてプラットフォームとしてのカウンターパーティー利用が活発化すれば、基軸通貨であるXCPへのニーズも高まっていくことでしょう。

有名人も注目しているカウンターパーティー

トークンエコノミーには、有名人も注目しています。

有名人はその能力や実績が良く知られており、「自分を売りやすい」人たちです。

そうした人がトークンを発行して投資家に譲渡すれば、会社を作って株式発行するより簡単に早く資金調達できるのです。

例えばホリエモンこと堀江貴文氏は2016年に、ホリエモンカードというトークンを発行しました(…彼の場合は資金調達ニーズというより、新たな仕組の実験程度でしょうが)。

既に触れたユーチューバー、ヒカル氏VALUでのVA発行などもこうした流れの中にあります。

GACKT氏のトークンについての記事はこちら

通貨XCPの今後

カウンターパーティーの基軸通貨であるXCPは、2017年末から2018年初にかけて急騰し注目されました。

今後、XCPはどのような動きをしていくのでしょうか?

通貨XCPの価格推移

カウンターパーティーは2014年に公開されました。

価格は2016年の後半くらいからジワジワと上がり始め、2017年になると上昇ペースが上がります。

そして2017年12月~2018年1月にかけて一気に急騰しました。

2017年初に180円程度だった価格は、11月末には3,000円を超え、年が明けた1月初旬には11,500円程度まで急上昇したのです。

その後、上昇ペースの速さはさすがに続かず価格は下落し、1月末にccoincheckのネム流出事件の影響もあって価格がさらに下落、現在の価格は2,000円程度と12月の急騰前のレベルに戻っています。

XCPの価格は上がるか

XCPの発行量は260万枚と少なく、今後増加しません。

一方で、独自トークン発行のためにXCPを消費する仕組みのため、独自トークン発行が活発化すると残存枚数が減っていき、XCPの希少価値が高まる可能性があります。

その観点に立てば、今後価格が上昇するポテンシャルを十分備えている仮想通貨であると言えます。

カウンターパーティーの今後

独自トークン発行のプラットフォームとして、カウンターパーティーは一定のユーザー基盤を構築したと言えます。

ただし、独自トークンを発行できるプラットフォームは他にも存在するので、今後どのプラットフォームが優位になるかは注目のポイントです。

カウンターパーティー利用の広がり

日本でも仮想通貨取引所のフィスコが、カウンターパーティーを利用したトークンであるフィスココイン(FSCC)を発行するなど幅広く使われています。

一方で、最近はカウンターパーティー以外のプラットフォームによるトークン発行も増加しています。

イーサリアムもその一つで、2017年にはイーサリアムをプラットフォームとしたICOが数多く行われました。

また、Zaifを運営するテックビューロはICOのプラットフォームとしてCOMSAを立ち上げ、その開発・運営の資金をICOで調達することに成功しています。

様々な機能への拡張可能性

カウンターパーティーは独自トークン発行やトークンのトレードといった機能の他にも、多様な機能の拡張が考えられています。

例えば、イーサリアムが備えているようなスマートコントラクトの機能をビットコインブロックチェーン内の余白を使って実行することで、ビットコイン上でスマートコントラクトを実現することも可能にします。

カウンターパーティー(XCP)についてのまとめ

時計とコイン

これまでご紹介してきたようにカウンターパーティーは、トークンエコノミーの拡大が期待される中で、重要な役割を果たしうる金融プラットフォームであると言えます。

そしてそのプラットフォームの中で用いられる基軸通貨であるXCPに対するニーズも、今後高まっていく可能性は高いと言えます。

一方で、ビットコインのブロックチェーン上で機能しているという構造上伴っている制約があり、カウンターパーティー以外のトークン発行プラットフォームとの競争も発生していくと見込まれます。

カウンターパーティーの将来性は、ビットコインの技術的進化や、他のプラットフォームの進化との比較など、多様な要因に影響されるのです。

XCPの価格の今後も、プラットフォームであるカウンターパーティーの今後に大きく影響されます。

カウンターパーティーへの投資の際は、トークンエコノミーの進展やトークン発行のプラットフォームの競合環境などのリスク要因にも目を配ることが必要になるでしょう。

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。