仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2018 02 24 10.37.48

ライトコイン(LiteCoin)-LTCの買い方・購入できる国内・海外取引所

ライトコイン(LiteCoin)は時価総額5位のアルトコインです。ビットコインよりも送金のスピードが早く、国内の取引所でも多く取り扱いがされています。今回はライトコインを購入することの出来る国内、また海外の取引所を紹介しています。ぜひ、ライトコインを購入してみてはいかがでしょうか。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2018/07/19 現在
Gmo
Ranking 1st GMOコイン
スマホアプリで簡単にビットコインFX取引が可能。下落相場でも高い利益率を出せる可能性があるGMOグループの取引所。
Bitbank
Ranking 2nd bitbank
bitbank(ビットバンク)なら、アルトコインの通貨を1円未満の単位からお試しで購入することもできます。全ペア取引手数料“ゼロ”キャンペーン実施中です。
Dmm
Ranking 3rd DMM Bitcoin
仮想通貨が初めてでも分かりやすいチャートを提供している取引所。BTC・ETHの現物取引、5種類以上のアルトコインのレバレッジ取引も可能。

ライトコイン(LiteCoin)とは?

ライトコイン

ライトコインとは、ピアツーピア(peer-to-peer)システムで作られた仮想通貨です。

ライトコインの公式ホームぺージによると、「低い手数料でスムーズな取引ができる」と書かれています。

ライトコインの時価総額は約一兆円で全仮想通貨の中で5位です。2018年2/24日時点

ライトコインと同じくビットコインから生まれた第4位のビットコインキャッシュが約2兆円と1兆円近くの価格差があります。

この記事では、ライトコインに対応している国内・海外の仮想通貨取引所を解説しましょう。

Litecoin(ライトコイン)-LTCのリアルタイム価格チャート

ライトコイン(LiteCoin)のメリット

ライトコイン(LiteCoin)のメリットは、以下のとおりです。

【ライトコインのメリット】

●コミュニティーが多い(ライトコインフォーラム・ライトコインレディット・ツイッター・ノードなど)
●ウォレット(お財布)のセキュリティ(安全性が高い状態でウォレットの残高をチェック)
●普通のパソコンでマイニング(採掘)できる
●決済が早い(約2分/フィンテ調べ)

マイニングで稼ぎやすいことやスピーディな支払いといったメリットがあります。

ライトコイン(LiteCoin)のデメリット

ライトコイン(LiteCoin)には、マイニングのしやすさや支払いのスピードが早いといったメリットがあります。

しかし、簡単にマイニングができるので、不正アクセスやハッキングといった悪用されるリスクもあるでしょう。

取引所で利用する方は、2段階認証(数字を使ったログイン方法)やハッキングがされにくいハードウェアウォレットを利用してください。

ただし、このような対策をしても仮想通貨を盗まれる確率は少なからずあります。

実際に、フランスのレジャー社(Ledger社/ウォレットメーカー)のウォレットからセキュリティの脆弱性が見つかりました。

「絶対に安全な管理方法はない」といった事実も覚えてください。

ライトコイン(LiteCoin)の価格推移について

ライトコイン チャート

ライトコインの価格は、以下のような値上がりを見せています。

2月頃のライトコインは約450円でしたが、1か月後の2017年3月は約750円です。

ひと月で300円近くの値上がりです。

2017年4月には約1,824円をマークし、ついに1,000円を超えてきたのです。

2017年5月には約3,043円を超えています。

2017年8月には約8,107円を付けています。

6ヶ月で8000円近くの急騰。

1か月に換算すると約1,300円の値上がりです。

中国の取引所が閉鎖された2017年9月には約6,248円と約1,800円近くも下がりました。

その後は、2017年12月までに約59,030円と6万円近くの値段をつけたのです。

しかし、2018年1月に入ると価格が下がり、2018年2月23日現在、約20,000円前後を推移しています。

(※みんなの仮想通貨調べ)

ライトコインの価格を箇条書きでまとめると以下のとおりです。

【ライトコインの高値(2017年2月~2018年2月/みんなの仮想通貨調べ)】
●2017年2月:483.45円
●2017年3月:816.87円
●2017年4月:1,901.26円
●2017年5月:4,845.33円
●2017年6月:5,941.11円
●2017年7月:6,319.44円
●2017年8月:8,120.22円
●2017年9月:10,427.10円
●2017年10月:7,863.67円
●2017年11月:12,644.50円
●2017年12月:59,030.33円
●2018年1月:36,565.90円
●2017年2月:28,440.00円

現在も20,000円台をキープしているので、再浮上する可能性もあります。

ライトコイン(LiteCoin)が購入できる国内仮想通貨取引所

世界の国旗
ライトコインが購入出来る日本の仮想通貨取引所
取引所名 取り扱い通貨数
bitFlyer 7種類
coincheck 13種類
GMOコイン 5種類(トークン多数)
DMMBitcoin 7種類(公式ホームぺージ記載)
BTCBOX 4種類
Mr. Exchange 12種類
bitbank 8種類
Bit Trade 8種類

ライトコイン(LiteCoin)は、bitFlyer,coincheck,GMOコイン,DMM bitcoin,BTCBOX,Mr exchange,bitbank,Bit Tradeと大手・中堅の仮想通貨取引所でトレードができます。

ここでは、ライトコインが取引できる日本の仮想通貨取引所を紹介します。あなたが利用している取引所も含まれているでしょう。

bitFlyer

ビットフライヤーのトップぺージ

引用元: © Copyright 2018 bitFlyer, Inc. All Rights Reserved

bitFlyer(ビットフライヤー)は、みずほ・三菱東京UFJ・第一生命など日本の金融・保険系大企業が株式を持っています。

このような大手からも資本を提供してもらえるのは、優良企業の証ではないでしょうか。

bitFlerはビットコインの取引量がナンバーワンです。(※公式ホームぺージ調べ)

コインチェックや海外の仮想通貨取引所よりも対応している通貨は少ないですが、ライトコインのトレードもできます。

通貨の種類よりも取引所の信用を重視する方にはおすすめです。


coincheck

コインチェックの公式ホームページ

引用元: コインチェック株式会社

coincheck(コインチェック)は、出川哲朗氏のテレビCMで知られている仮想通貨取引所です。

2018年1月26日に起きたNEM(ネム)流出事件により、現在新規口座開設はできません。

コインチェック社の公式ホームぺージによると、「金融庁からのアドバイスを受けて、再開を目指している」と記載されています。

復活する目途がわかりませんが、ライトコインを取引する選択肢の1つにしてください。

GMOコイン

GMOコインのトップページ

引用元: © GMO Coin, Inc.

GMOコインは、2017年5月31日に「Z.comコイン byGMO」としてスタート。

仮想通貨取引所としては、DMMビットコインと同じく歴史がありません。

しかし、GMOクリック証券など金融系のビジネスを行っています。

よって、まったく投資系の事業をしていない企業ではありません。

また、GMOコインは仮想通貨取引所ではありません。

そのため、自分が購入したい価格でエントリーができます。

仮想通貨取引所よりズレ(スリッページ/価格が違うこと)がないのです。

「この価格でライトコインを買いたい」といった戦略のあるユーザーにおすすめです。

DMMBitcoin

DMMBitcoinの公式ホームページ

引用元: Copyright © since 1998 DMM All Rights Reserved.

DMM・bitcoin(ディーエムエム・ビットコイン)は、2018年1月11日にオープンした仮想通貨取引所です。

まだまだ歴史はありませんが、Dmm.com証券などで株式やFXサービスを提供しています。

口座開設が5分で可能なため、忙しいサラリーマンや主婦もすぐに取引がスタートできます。(※DMM・bitcoin公式ホームぺージ調べ)

ライトコインのペアは、日本円(JPY)とビットコイン(Bitcoin / BTC)です。

BTCBOX

ビットボックスの公式ホームページ

引用元: © 2018, BtcBox co.,Ltd. All rights reserved.

BTCBOX(ビーティーシーボックス)は、2014年3月にスタートした仮想通貨取引所です。

建築系のアウトソーシングを行っている「夢真ホールディングス(ユメシンホールディングス)」と提携しています。

ビットフライヤーのように金融系の企業と提携していないのが珍しいです。

取引所としては、日本で1番古い仮想通貨取引所として運営されています。(※公式ホームぺージ調べ)

仮想通貨の管理方法も、ウォレット(お財布)と暗証番号を分けています。セキュリティ対策もグーグルの2段階認証とCメールによるログインも行っています。

ライトコインの通貨ペアは、ライトコイン/日本円のみです。

Mr. Exchange

 Mr. Exchangeのトップページ

引用元: © 2014 - 2018 Mr. Exchange, Inc

ミスターエクスチェンジは、2017年8月に設立された仮想通貨取引所です。

本社が東京都ではなく福岡市・博多にあります。

特徴としては、システムの充実です。

ミスターエクスチェンジの公式ホームページによると、外部サイトのウォレットも登録することが出来るので管理が簡単です。

入出金や取引履歴・リップルウォレットの通貨を送金・リップルウォレット内での両替・パスワードや・マスターキーの設定や自動ログアウト
といったシステムもあります。

また、ビジネス向けのアカウントも作成できます。

法人として仮想通貨を運用したい方にもピッタリです。

bitbank

ビットバンクのトップページ

引用元: © bitbank,Inc. All Rights Reserved.

ビットバンクは、2014年5月からスタートした仮想通貨取引所です。

取引所としての歴史は、ビットフライヤーやザイフと変わりません。

新規の口座開設はわずか1分とスピーディーで入金も24時間できます。

(※公式ホームぺージ調べ)

仕事の忙しいサラリーマンにもピッタリです。

セキュリティについては、ビットゴー(BitGo/ビットコインのセキュリティ会社)とパートナーシップを結んでいます。

それによってインターネット上でハッキングなどの犯罪にあうリスクを軽減させます。

Bit Trade

ビットトレードの公式ホームページ

引用元: Copyright © since 1998 DMM All Rights Reserved.

BitTrade(ビットトレード)は、2016年9月に設立された仮想通貨取引所です。

外国為替証拠金取引(FX)を行っているFXトレード・フィナンシャルのグループ会社。

そのため、FXサービスを提供している会社と関係しています。

対応しているコインは8種類とビットフライヤーよりも多く仮想通貨を扱っています。

ライトコイン(LiteCoin)が購入できる海外仮想通貨取引所

チャートと携帯
ライトコインが購入出来る海外の仮想通貨取引所
取引所名 取り扱い通貨数
Binance(バイナンス) 約116種類
Poloniex(ポロニエックス) 約65種類
Bittrex(ビットトレックス) 約193種類
OKEX(オーケーイーエックス) 約5種類
Bitstamp(ビットスタンプ) 約4種類

Binance(バイナンス)

バイナンスのトップページ

引用元: © 2017-2018 Binance.com All Rights Reserved

BInance(バイナンス)とは、中国の大手仮想通貨取引所です。

仮想通貨メディアのフィンテによると、ビットコインから分裂したビットコインキャッシュ(BCH)がプレゼントされると話題になっています。

ほかにも、日本の取引所で使われていない「草コイン(値上がりをしていないコイン)」も扱っています。

通貨によりますが、バイナンスコイン(BNB)を利用すると出金、送金手数料がリーズナブルになります。

Poloniex(ポロニエックス)

ポロニエックスのトップページ

引用元: © Poloniex, Inc. 2018 - Wilmington, DE, USA

Poloniex(ポロニエックス)は、世界でも大規模な仮想通貨取引所です。

ビットコイン・イーサリアム・ライトコインといったアルトコインを含めて約70種類の仮想通貨を扱っています。

通貨の種類については、Bittrex(ビットレックス)の約190種類よりも少ないです。

Bittrex(ビットレックス)

ビットレックスのトップページ

引用元: ©2018,Bittrex.inc

Bittrex(ビットトレックス)は、(Poloniexポロニエックス)と同じくアメリカの取引所です。

取引量ではポロニエックスを下回りますが、取扱い仮想通貨は約190種類です。

これから成長する可能性のある仮想通貨がそろっています。

そのため、第2のビットコインと期待されているお宝コイン(値上がりする)もあります。

しかし、企画を立てただけの仮想通貨や詐欺コインが含まれているでしょう。

投資をするときは、細かいところまで調べてから投資をしてください。

ライトコインだけではなくマイナーなコインに出会えるのが、ビットトレックスのメリットです。

OKEX(オーケーイーエックス)

オーケイイーエックス

引用元: ©2014-2018 OKEX.com. All Rights Reserved

OKEX(オーケイイーエックス)は、中国の北京にある仮想通貨取引所です。

OKEXの公式ホームページによると、アメリカドル・ユーロ・日本円のサービスやビットコイン・イーサリアム・ライトコインといったアルトコインの取引ができるウェブサイト。

ただし、中国政府は仮想通貨取引所のストップする政策も行っています。(※2017年9月、中国政府の対応)

企業の倒産だけではなく、国からの圧力により取引所が閉鎖するリスクも考えられるでしょう。

このような事態が起きると、資産を出金できないといったトラブルになります。

Bitstamp(ビットスタンプ)

ビットスタンプのトップページ

引用元: 2018 Bitstamp Ltd.

Bitstamp(ビットスタンプ)は、イギリスのロンドン・ルクセンブルク・アメリカにオフィスのある取引所です。

ビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュといった仮想通貨の時価総額ランキングで上位のコインからヨーロッパの企業らしくユーロ・アメリカドルの取引もできます。(※公式ホームページ調べ)

bitFlyer(ビットフライヤー)でライトコイン(LTC)を購入する方法

 

ライトコイン((LiteCoin)を購入するには、どのような方法があるでしょうか。ほとんどの方は仮想通貨取引所をイメージされますよね。

しかし、はじめて仮想通貨の投資をする方は「ライトコインの買い方」がわかりませんよね。

ここでは、みずほフィナンシャルグループ・三菱東京UFJグループが株主をしているbitFlyer(ビットフライヤー)によるライトコインの購入方法を紹介します。

まずはbitFlyerに入金する

ビットフライヤーでライトコインを買うには、口座への入金が必要です。

2018年2月23日ライトコイン・日本円は約20,000円になります。

手順としては、ビットフライヤーにログインをして左下にある「入出金ボタン」をクリック。

日本円・ビットコイン・イーサリアムなどの入金方法が選べます。

円については、銀行口座の登録をしないとできません。

bitFlyerの入金方法や手数料についてはこちら!

ライトコイン(LTC)を購入しよう!

 

ビットフライヤーの口座に入金したら、「アルトコイン販売所」をクリックしてください。

ライトコインを選択

 

アルトコイン販売所をクリックしたら、ページ上にある「ライトコイン」を押してください。

数量を入力しコインを買うをクリック

 

次に取引量を①に記入し、②「コインを買う」をクリックしてください!

すると、取引確定画面になりますので、「確定」を押せば取引完了です!

GMOコインでのライトコイン(LTC)の買い方

 

まずは日本円を入金しよう!

まずは日本円を入金します。

まず最初にホーム画面から「日本円」をクリックしましょう!

 

次に入金方法を選択します。

今回はより簡単な「即時入金」を選択します。

即時入金を選択すると対応する金融機関名が出てきますので、選択してください。

すると別ページに飛び、指示が出てきますので指示通りに行ってください。

入金が完了したら実際に購入してみよう!

次に「仮想通貨現物売買」を選択してください。

すると、仮想通貨を選択する画面になりますのでライトコインを選択してください。

 

次に①で金額指定か数量指定かを選び、数量を記入してください!

記入が終わったら②「購入」ボタンをクリックしてください。

すると、購入確定画面になりますので「確定」を押してください!

bitbank(ビットバンク)でのライトコイン(LTC)の買い方

 

まずは通貨ペアを選択しましょう!

 

まず①から通貨ペアの一覧を出し、②で「LTC/BTC」を選択しましょう!

 

次に①で「指値」か「成行」のどちらかを選択してください!

選択したら②に取引量を記入し、③「注文」を押したら完了です!

ライトコイン(LiteCoin)の今後の展望

右肩上がりのやじるし

価格は上がる?

ライトコインの価格は上がるのでしょうか。2017年2月~12月も400円台から60,000円近くの値上がりをしています。

さまざまな要因もありますが、ビットコインの上昇と連動していると考えられます。

ビットコインが下がると、ライトコインも下がる可能性があります。

通貨として広く普及する?

ライトコインは、通貨として広まるのでしょうか。

ライトコインに対応した支払いシステムができると知名度が上がるでしょう。

クレジットカードからライトコイン用の支払いにシフトすれば、決済のスピードが早く利用するユーザーも見込めます。

仮想通貨ランキングでもベスト5にランクインしていますが、ビットコインを超える・第2位のイーサリアムに対抗できれば通貨として認識されるでしょう。

【まとめ】

ライトコインの日本語バージョン

引用元: © 2014-2017 LITECOIN FOUNDATION

2018年はライトコインの価格が持ち直す可能性があります。

仮想通貨の時価総額ランキングでも第5位です。

上位にいるので、ユーザーも安心して投資できるコインでしょう。

ビットコインよりも早い「約2分での決済」という利点や「国内や海外の仮想通貨取引所」でも多く取り扱っています。

60,000円近くの高騰から下落していますが、2018年2月23日現在もライトコインは20,000円台をキープしています。

ぜひ、ライトコインを購入してみてはいかがでしょうか。

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。