仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2018 03 02 15.15.10

カウンターパーティー(XCP)の買い方・購入できる取引所を紹介

カウンターパーティーというトークンをご存知でしょうか?現在このカウンターパーティーを取り扱っている国内仮想通貨取引所はZaifのみです。今回はカウンターパーティーの特徴やZaifでの買い方などを紹介していきたいと思います。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/08/25 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で1,000円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

カウンターパーティー(XCP)とは?

カウンターパーティーサイト

引用元: The Counterparty Developers

XCPというトークンをご存知ですか?カウンターパーティーと読みます。

国内ではZaifで取り扱われていますが、ビットコインやイーサリアムほどの認知度はまだ無いかもしれません。

ただし、トークンエコノミーと呼ばれる代替貨幣による経済活動が将来活発化すると、トークンとの親和性の高いXCPの利用価値が高まると一部で注目されているトークンです。

尚、ここではXCPをトークンと紹介しました。

実際、Zaifの取引所でもXCPは「主要通貨」欄ではなく、「トークン」欄に表示されています。

しかしネット上の記事などでは、XCPを仮想通貨と記載しているケースもあり混乱するかもしれません。

多くの場合、独自のブロックチェーン技術を使った暗号通貨が仮想通貨(BTCやETHなど)、既存のブロックチェーンを使った暗号通貨がトークンと呼ばれており、XCPはビットコインのブロックチェーン上で展開されるのでトークンに分類されるのです。

Counterparty(カウンターパーティー)-XCPのリアルタイム価格チャート

カウンターパーティー(XCP)の特徴

カウンターパーティー概要サイト

引用元: The Counterparty Developers

上で触れたようにカウンターパーティーはビットコインのブロックチェーン上で展開されている金融プラットフォームで、このプラットフォームで用いられる暗号通貨がXCPです。

ビットコインのブロックチェーンには、コインの量やアドレス以外にもデータを書き込めるエリアがあり、そこに独自の情報を書き込んで利用します。

ビットコインと同様のセキュリティを維持できますが、一方でビットコイン同様に送金に時間がかかるといった制約もあります。

XCPの特徴は、XCPを消費(バーン=焼却と言われます)する代わりに誰でも簡単に独自トークンを発行できることです。

トークンを発行することで既存のお金を使わずに商品やサービスの価値を表現でき、企業や個人の資金調達や新ビジネス立ち上げが行いやすくなると期待されています。

ただしXCPの発行量は260万枚と少なく増加しません。

トークン発行のためにXCPが消費されて残存枚数が減っていくと、XCPの希少価値が高まって価格が上昇するかもしれないと言われ、その点でも注目されています。

カウンターパーティー(XCP)を取り扱う国内仮想通貨取引所

XCPチャート(ZAIF)

引用元: Zaif

現在、国内の仮想通貨取引所ではZaifのみで取り扱われています。

チャートを見ると、2018年1月11日に11,743円の高値がつき、2月下旬時点では2,700円程度の価格です。

現在はZaifのみですが、仮想通貨交換業者登録済のZaifが扱っているということは、XCPは金融庁に取り扱いを認められた仮想通貨(いわゆるホワイトリスト銘柄)であるということになります。

今後、他の取引所でも取り扱われるかもしれません。

カウンターパーティー(XCP)を取り扱う海外仮想通貨取引所

XCP取引所リスト

引用元: coinmarketcap.com

海外の仮想通貨取引所にも目を向けるとXCPを取引できる取引所の数は増加します。

仮想通貨の価格情報を参照できるcoinmarketcap.comを見ると、世界でXCPを扱う主な取引所としてZaif以外にBittrex(ビットレックス)、Poloniex(ポロニエックス)、Tux Exchange(タックスエクスチェンジ)があることがわかります。

Zaifでの購入方法

Zaifホーム

引用元: Tech Bureau, Corp

ではXCPの購入方法を確認してみましょう。

まずは国内取引所のZaifでの購入です。

口座開設、本人確認が完了し、資金を入金したら、剛力彩芽さんが微笑むZaifの新しいホームページからログインします。

ログイン後のホーム画面の上にある「取引」をクリックして、取引の画面を開き、購入処理を進めていきます。

取引通貨の選択

取引画面

引用元: Tech Bureau Corp

取引メニューを開いたら左上の通貨組み合わせ欄(デフォルトはBTC/JPYになっています)の▼をクリックします。

通貨選択用のウィンドウ(デフォルトでは「主要通貨」が表示されます)が開くので、「トークン」を選択します。

XCP/JPYの選択

取引画面\通貨

引用元: Tech Bureau Corp

トークンメニューの中からXCP/JPYをクリックします(右側にXCPのロゴとともにXCP/BTC(ビットコインでの取引)もあるので間違わないよう注意)。

画面がXCP/JPYの取引画面になり、チャートや売買注文の板などが表示されます。

尚、画面左上の通貨組み合わせの横にある「チャート」をクリックすれば、チャート画面になりチャートが全画面で表示されます。

買い注文の発注

取引画面

引用元: Tech Bureau Corp

売買画面右上のXCP/日本円取引の欄(デフォルトはXCPを買うになっています)に購入価格と量を入力します。

もし価格にはこだわらず購入することを優先するのであれば、右上の指値/成行の部分で「成行」をクリックします。

成行注文にすると、入力欄は「買いたい量」だけになりますので、注文する数量のみを入力します。

価格を指定したい場合は、「指値」を選択して「1XCPの価格」と「買いたい量」の両方を入力します。

入力したら確認して「買い注文」をクリックします。

Poloniexでの購入方法

Poloniexホーム

引用元: Poloniex, Inc.

海外取引所を利用する例としてここではPoloniexでの購入の仕方をご紹介します。

Poloniexはアメリカの仮想通貨取引所で、世界でも有数の大きな取引所です。

特にアルトコインの取り扱いが多く、アルトコインの取引と言えばこの取引所が言及されることが多くなっています。

ただし海外の取引所であり、日本円での取引はできません。

入金はビットコイン(BTC)のみとなりますので、日本の取引所でBTCを入手の上で利用することになります。

アカウント開設

アカウント開設

引用元: Poloniex, Inc.

まずホームページから「Create Your Account」をクリックして、口座開設画面を開きます。

Country(国)、Email(メールアドレス)、Password(パスワード)、Repeat Password(パスワードの確認)を入力し、「私はロボットではありません」「I agree to the Terms of Use」のボックスをチェックしたら、「Register」をクリックします。

すると登録したメールアドレスに「Confirmation」のメールが届くので、その中のリンクをクリックして「Thank you for validating your email address.」と書かれたページが開けば登録完了です。

本人確認情報の登録

本人確認

引用元: Poloniex, Inc.

アカウント開設後ログインすると、「Welcome to Poloniex」という画面が表示され、本人確認手続を求められます。

しなくても入金と仮想通貨の購入はできますが、出金ができないので本人確認も最初に行っておきましょう。

尚、確認書類の提出にはカメラで写真を撮ることが必要になるので、PCのカメラ機能を使えるようにしておきます。

まず、「Profile Verification」の欄に、First Name(名前)、Last Name(姓)、Address(住所番地)、City(都市名)、Postal Code(郵便番号)、Phone Number (電話番号)を入力(ローマ字で)し、「I agree to the Terms of Use」のボックスをチェックしたら、「Begin Verification」をクリックします。

すると、「Start ID verification」という画面に切り替わりますので、「Start ID verification」をクリックします。

本人確認書類と顔写真の提出

本人確認書類

引用元: Poloniex, Inc.

画面がポップアップして必要書類が表示されます。

登録時に国をJapanとしていれば、書類としてパスポート(Passport)と表示されるはずですので、パスポートの写真をクリックします。

カメラが立ち上がるので、パスポートの写真のページを撮影(「Take Imange」のボタンをクリック)して「Continue」をクリックします。

次に同様に自分の顔写真を撮影し、「Confirm」をクリックすると、確認書類の審査が開始されます。

本人確認プロフィール

引用元: Poloniex, Inc.

通常、数分~数時間で審査が終了しますが、特に確認メールは来ません。

画面右上の人のアイコンの横の▼をクリックして「MY PROFILE」を選択し、Verification Statusの横がVERIFIED(承認済)になっていれば、本人確認は完了です。

二段階認証の設定

二段階認証

引用元: Poloniex, Inc.

二段階認証は設定しなくても取引できますが、セキュリティ面を考えればこちらも最初に設定しておくのが望ましいです。

二段階認証にはGoogle Authenticatorというアプリが必要ですので、事前にスマホにダウンロードしておきます。

画面右上のスパナのマークの横の▼をクリックして、「TWO-FACTORS AUTHENTICATION」をクリックします。

二段階認証設定用の画面が表示されるので、スマホでQRコードを読み込んで、Google AuthenticatorにPoloniexを追加します。

Google Authenticatorに表示される認証コード(6桁)を、左側のCodeの欄に入力します。

QRコードの下に表示されている16桁のコードは、スマホの紛失や機種変更時に必要になるのでメモして保存します。

「I have backed up my 16-digit keyのボックスがチェックされているのを確認して、「ENABLE 2FA」をクリックすれば設定完了です。

poloniexに入金

入金処理

引用元: Poloniex, Inc.

まずは購入資金としてビットコインを入金します。

画面右上の「BALANCES」の欄をクリックしてドロップダウンから「DEPOSITS & WITHDRAWALS」(入金&出金)をクリックします。

画面にPoloniexにある通貨ごとの自分の現在残高が表示されますので、BTCの欄の右側から「Deposit」をクリックします。

(最初の時は画面に「このアカウントにはビットコインのみ送金するように」という注意が表示されるので、下の「Got it. Show me the Deposit Address」をクリックします。)

送金先アドレス

引用元: Poloniex, Inc.

画面には送金先アドレスが表示されるので、コピーして送金元の自分のウォレット(もしくは預けてある取引所)の送金機能の送金先アドレス欄にペーストして送金します。

PoloniexでXCPを購入

購入画面

引用元: Poloniex, Inc.

購入資金の入金が確認できたら、買い注文を入力します。

画面左上の「EXCHANGE」をクリックします。

取引の画面になるので、右側にある通貨のリストの中からXCPを見つけてクリックします。

通貨数が多いので、上のFilterの欄に「XCP」と入力する方が早いかもしれません。

取引画面

引用元: Poloniex, Inc.

XCP/BTCの取引画面が表示され、チャートや現状の取引価格などが表示されます。

チャートの下にある「BUY XCP」というエリアに、注文する価格(Price)と量(Amount)の入力欄があるので入力します。

尚、成行で買いたい時は、デフォルトでLowest Ask(最低売り注文)の価格が価格欄に表示されているのでそのままにしておきます。

最後に「Buy」をクリックすると確認画面が出るので、OKすれば注文が出されます。

取引が成立したかは、画面上のメニューの「ORDERS」から「MY TRADE HISTORY & ANALYSIS」をクリックします。

リスト内にある該当注文の「Transaction Date」欄に日付があれば、取引は成立しています。

Poloniex(ポロニエックス)の登録方法、入金などの詳細はこちらから

カウンターパーティー(XCP)を購入するときには

サイコロ

以上、カウンターパーティー(XCP)の概要と購入方法をご説明してきました。

トークンエコノミーの拡大ポテンシャルを考えると、XCPは仮想通貨の投資ポートフォリオの一つとして検討に値する通貨なのではないでしょうか。

ただし、XCPを購入する際には、そのリスクについても十分に理解して投資する必要があります。

例えば、XCPは発行枚数が260万枚と少なく今後の増加予定もありません。

発行枚数が少ないことは、需要の変動による価格の動きが荒くなるリスクを伴います。

また、現状、国内ではZaifでしか取引することができません。

Zaifでトラブルなどがあれば、機動的に取引することができなくなるリスクもあります。

一方、海外取引所を利用する際にはBTCでの取引となり、円ベースで考えるとXCP/BTCとBTC/JPYの2つの相場に影響され、最終的な損益がわかりにくくなります。

投資メリットとリスクを考慮して、自分がとれる範囲のリスクで取引することが望ましいですね。

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。