仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2017 11 28 23.57.26

GMOがブロックチェーン活用の「Pay@Table」発表

GMOが「Pay@Table」というサービスを発表し、飲食店で普及すれば、店舗と顧客の双方にメリットがあります。どのようなものかご紹介します。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/08/25 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で1,000円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

GMOの「Pay@Table」とは

GMO支払いプロセス

GMOが提供するオープンソース「Pay@Table」は、飲食店で店員を呼ばずに支払いができるサービスです。

これが実現すれば、飲食店で店員を呼ばなくても伝票に貼り付けられたQRコードを読み取るだけで特定の仮想通貨決済が可能になり、お店も支払い確認のQRコード読み取りだけで済むようになるためオペレーションコストの削減に繋がります。

利用プロセス

1. 飲食店などの店舗がお店の登録を行い、取り扱う仮想通貨、法定通貨との交換レートを設定する。

2. 利用者Pay@Tableに対応したアプリをダウンロードしあらかじめ仮想通貨をデポジットしておく。

3. 店舗は注文を受けた際に、「店舗ID」「伝票ID」「利用料金」などの情報が入ったQRコードを伝票に印刷する。

4. 自分のテーブルに届いた支払い伝票に印字されたQRコードを読み取り支払い金額を確認。

5. 金額に間違いがなければ、支払いを許可する。デポジットしていた仮想通貨から支払い金額が引かれる。

6. お客様が帰る際に店員が支払い伝票をQRコードで読み取り「店舗ID」「伝票ID」を読み取る

7. 6の情報を元に支払いが完了していることを確認する。

ブロックチェーンとは?

ちぇーん

ブロックチェーンとは、一つ一つの取引をブロックにし、それぞれをブロック毎に繋げて記録する取引帳簿のようなものです。

そして、その取引帳簿はPay@Tableの取引ネットワークを使用する全ての人に共有されているため、お客様自身で支払いの確認を行うことができます。

また、防犯面でも技術的に取引データを改変することが難しく、システムが止まるようなこともないことが過去の仮想通貨プロダクトから証明されており、セキュリティーに強く、利便性の高いシステムです。

他のブロックチェーン技術を使用した応用例

支払い手段だけでなく、エストニアやパキスタンではブロックチェーン上で独自通貨の開発を計画していたり、送金手段に特化した仮想通貨、旅行業界へ特化した仮想通貨、デジタル広告業界を変える仮想通貨など、ブロックチェーンを利用した新たな計画が次々に誕生しており、ブロックチェーンという仕組みが高く評価されている証拠です。

Pay@Tableで実現可能なこと

可能性

Pay@Tableでは「ERC20」と言われるイーサリアムが提唱しているトークンに準拠しています。

そのため、店舗側は「ERC20」に準拠しているトークンであれば全て取り扱い可能です。

また、利用者はお店側が指定している通貨のみ支払いが可能です。

飲食店などのオペレーションコストを低下

飲食店でお会計をする際にわざわざ店員を呼ばなくても自分のタイミングでお会計を済ませることが可能になるため、店員はお客の会計タイミングを気にする必要がなくなります。

そのため、支払いのために割いていた時間を減らすことができるためオペレーションコストの低下を見込むことが出来ます。

ブロックチェーン上で支払いを証明・確認できる

今回のPay@Tableにブロックチェーンを活用する意味として大きいのは、第三者機関に頼らなくてもお店と利用者双方から取引記録を確認できるようになることなのではと思います。

例えば、クレジットカードの決済の場合、何かしらのトラブルで支払いの証明を行うには運営会社に問い合わせる必要がありますが、ブロックチェーンを活用すると、取引の記録が双方同じデータで残るため、運営会社に問い合わせることなく直接当事者間で解決することができるようになります。

Pay@Tableの特徴

特徴

Pay@Tableはクレジットカードやスマートフォン決済とは違う便利な特徴を持っています。

ブロックチェーン技術を利用するとどのような違いがあるのか、下にまとめてみました。

追加注文や返金へ対応が可能

Pay@Tableでは、お客様の追加注文に対応できる機能も設定しており、追加で注文があった場合にも問題なく対応できます。

まだ支払いを終わらせていない場合は、合計金額を算出し、既に支払いを終えた後の注文の場合は、新たな伝票を作成します。

また、支払われた記録は全てブロックチェーン上に残っているため、どのお客様の、どれぐらい支払ったかを正確に把握すし返金に対応することが可能です。

店舗への導入が楽

店舗は、店舗情報をブロックチェーン上に店舗と支払い対応する通貨を登録するだけで完了するため受け入れ準備が楽です。

支払い伝票へQRコードを印刷する仕組みと、QRコードを読み取る端末を用意すれば実際の運用が可能です。

送金処理のための仮想通貨を保持する必要が不要

ブロックチェーン上に何かしらの記録を残すためには一定の仮想通貨(ここではイーサリアム)を送金しなければならないのですが、現状全ての店舗がイーサリアムを保持しているとは思えません。

そのため、Pay@Tableがその送金手数料を肩代わりし、サービスの提供者があとでまとめて日本円で支払うことができるようにしています。

そのため、サービス提供者や消費者がその都度手数料を支払う必要がなく、面倒な手間を省くことができます。

Pay@Tableでは「ERC20」の規格の仮想通貨のみ取り扱い可能

取り扱い

Pay@Tableでは「ERC20」と言われるイーサリアムが提唱しているトークンに準拠しています。

そのため、店舗側は「ERC20」に準拠しているトークンであれば全て取り扱い可能です。

また、利用者はお店側が指定している通貨のみ支払いが可能です。

イーサリアムと「ERC20」とは

イーサリアムとは、ビットコインと同じような仮想通貨ですが、特徴と作られた目的が違います。

ビットコインが"国境や管理者に依存しない通貨"を目指し作られたのに対し、イーサリアムは"アプリケーションを作成するプラットフォーム"を目的として作られました。

そのため、イーサリアムを使えばブロックチェーンを使用したアプリケーションを誰でも作れるようになり、イーサリアムベースの仮想通貨が数多く誕生しました。

イーサリアム上の仮想通貨には「ERC20」という標準仕様があり、基本的にイーサリアム上で生まれた仮想通貨はこれに準拠しています。

仮想通貨というものはプログラミングによって生まれたものですので、仮想通貨を保管しておく財布にもそれぞれ違う財布が必要です。

例えば、ビットコインとイーサリアムを保管するには別々の財布が必要です。

しかし、「ERC20」の規格で仮想通貨を作ることで一つの財布に「ERC20」の仮想通貨が全て入るようになります。

おそらくGMOが発行するであろう仮想通貨のためにPay@Tableでは「ERC20」の規格で作られた仮想通貨のみを取り扱うという方針にしたのではと思います。

スマホ決済の新しい形になるか

スマホ支払い

中国では携帯での支払いや友達間の送金が普通になってきていますが、日本では全く普及していません。

昔から支払いの利便性を上げるために、楽天のエディーやおサイフケータイなど様々なサービスが誕生しましたが、日本円に対する信頼が強いからかあまり普及しなかったように思います。

クレジットカードの普及率も先進国の中では決して高いとはいえません。

利便性が高いからといって日本で普及するというわけではないので、今回のサービスも普及には時間がかかるのではと思いますが、仮想通貨を日常から持っている身としては早く広がって欲しいサービスの一つです。

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。