仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

Wichat

NEM(ネム)とWeChat(ウィーチャット)の提携騒動について

このページを開いてくださった方は、NEM(ネム)についてはある程度知っているかと思います。では、中国版のLINE(ライン)のようなアプリであるWeChat(ウィーチャット)はご存知でしょうか。ここでは、ネムとウィーチャットの提携のウワサについて事実を解説していきます。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/08/25 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で1,000円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

NEM(ネム)とは?

NEMのトップページ

引用元: © NEM.io Foundation Ltd (Singapore) 2014 - 2018 | All Rights Reserved | NEM

ネム(NEM)とは2015年3月に誕生した仮想通貨です。日本や海外の仮想通貨取引時ではゼム(XEM)といった名前で知られています。

また、イーサリアム(ETH)に使われている「スマートコントラクト(契約を自動にする)」といったシステムも用意。取引における時間を短くできます。

ビットコイン(Bitcoin / BTC)のスケーラビリティ問題(振込がつまるなど)をクリアできるコインです。

Wechet(ウィーチャット)とは?

ウィーチャットのアプリ

引用元: Copyright © 1998-2018 Tencent Inc. All Rights Reserved.

突然ですが、ウィーチャット(WeChat)を知っていますか。日本人であれば「ラインは知っているけどわからない」といったコメントになるでしょう。

ウィーチャットは、2011年に中国のインターネットサービス会社である「テンセント(Tencent)」がスタートしたチャットです。

ウィーチャットでは、以下のようなものシステムがあります。

【ウィーチャットでやること】
●メッセージ
●スタンプ
●フォト
●ムービー

上記のような機能があり、中国では約7億人のユーザーがいます。高校生~大学生にあたる18歳~25歳までの約45%。26歳~36歳のアラサー世代が約40%です。

よって、10代後半~30代前半のユーザーがウィーチャットを利用しています。

登録ユーザーは男女比が1.8:1、年齢層は18~25歳が約45%、26~35歳が約40%と2つの層で8割以上を占めています。

引用元: WeChat(微信)とは何か?インバウンド担当なら絶対知りたいウィチャット10の基本まとめ!|コラム|メンバーズ

中国で人気のSNS

ウィーチャット(WeChat)は、中国だけではなく世界でも人気です。WeChat(微信)は、世界で約12億人のユーザーがいます。

中国の人口(約13億人)と同じぐらいウィーチャットを利用しているユーザーがいるのです。

人口の多い国
順位 国名 人口
1 中華人民共和国(中国) 13億7867万
2 インド 13億2417万
3 アメリカ合衆国(米国) 3億2313万
4 インドネシア 2億6112万
5 ブラジル 2億765万
6 パキスタン 1億9320万
7 ナイジェリア 1億8599万
8 バングラデシュ 1億6295万
9 ロシア 1億4434万
10 メキシコ 1億2754万
11 日本 1億2699万

引用元: (キッズ外務省)人口の多い国|外務省

LINEと機能が似ている

ウィーチャットは「動画・写真・メッセージ・スタンプ」が使えるとお伝えしました。

みなさんも利用しているアレに似ていませんか。ウィーチャットはライン(日本/LINE株式会社)と似ているのです。チャットを行うページは、言葉が緑色の四角で囲まれるのです。

まるで、ラインのメッセージ画面のようです。ミッキーやドラえもんをマネる中国らしいですね。

出典: 第2回 すごいぞ中国人! ニセモノ編

国内版と国際版がある

ウィーチャット(WeChat)は、中国と海外向けのサービスがあります。ラインの一般用とライン@(ビジネスなどで利用)のようにプライベートとビジネス向けのアカウントにわかれているのです。

また、中国バージョンをウェイシン(微信)と呼ばれています。ウィーチャットは世界で売り込むための別の名前でしょう。

ここで2つのチャットには違いがないのか気になるでしょう。ここからは中国と海外版による「一般用」・「ビジネス用」のチャットを紹介します。

【一般用のアカウント】
中国バージョン:海外のアカウント(ビジネス用)にアクセスできません。
海外バージョン:中国のアカウントも見られるのです。

中国語に言葉を変えるとお財布(ウォレット)が利用できます。

【ビジネス用のアカウント】
中国バージョン:中国の企業を通らなければいけない
海外バージョン:チャット・サービスの支払い・クーポンが使える

出典:微信(WeChat)官方帳號API應用程式介面功能簡介

NEM(ネム)とWechet(ウィーチャット)の提携は本当⁉

手を握っている男性

ネム(NEM)は、ウィーチャット(WeChat)とパートナーになるとウワサがあります。しかし、新聞等のメディアやテンセントの公式ホームページではわかりません。

ここでは、ネムとウィーチャットの提携は本当なのか明らかにします。

NEM(ネム)とWechet(ウィーチャット)は提携していない

ネム(NEM)は、ウィーチャットの支払いシステムに追加される話があります。しかし、新聞やテレビといったメディアやテンセント(ウィーチャットを行っている会社)が発表していません。

ネムとウィーチャットはパートナーシップを結んでいないのです。

NEM(ネム)がWeChatと連携できるアプリを開発

しかし、ウィーチャット(WeChat)では、ネム(NEM)を送れるアプリを作成すると報じられています。「藤原の仮想通貨・副業・投資情報発信・ネム(NEM / XEM)の価格が高騰したワケ 12月9日 今後は期待できるのか」によると、「ネム(NEM)を送れるシステムを2017年12月21日にリリースする」と紹介し、実際に実装されました。

ウィーチャット(WeChat)にネムを入れて、ほかのユーザーに資金を送金できます。

NEMが中国のアプリであるWeChat内で
NEM送金が出来るアプリを作成したということです。

WeChatはいわゆるLINEのようなアプリで、
中国では13億人以上が
利用しているとも言われる人気アプリ。

このWeChatのIDとネム(NEM)の
アドレスを結びつけることが出来るようになり、
ユーザー間でのお金のやりとりに
使用できるようになりました。

ユーザー数からすれば、
高騰しても不思議ではありませんね。

導入は12月21日から
実装される予定とのことです。

引用元: ネム(NEM / XEM)の価格が高騰したワケ12月9日 今後は期待できるのか | 藤原の仮想通貨・副業・投資情報発信

提携騒動によりNEM(ネム)の価格は高騰

2017年12月21日にネム(NEM)がウィーチャット(WeChat)で追加されるニュースがありました。みんなの仮想通貨によると、ウィーチャット(WeChat)で使われる3日前の12月18日には、20,000円~30,000円台のネムが125,292円(高値)まで上がりました。

もちろん、ビットコイン(Bitcoin / BTC)の高騰(1ビットコイン2,000,000円を超える)による値上がりもあるでしょう。

出典:ネム/円 リアルタイムレート・チャート|みんなの仮想通貨

「WeChatmini app(ウィチャットミニアプリ)」の特徴

パソコンとスマートフォン

ネム(NEM)は、ウィーチャットミニアプリ(WeChatmini app)での送金に使われています。ここからは、ウィーチャットミニアプリによる「ネムのウォレットとウィーチャットをつなげられる」といった特徴をご紹介。

ウィーチャットで使えるネムのシステムを覚えてくださいね。

NEM(ネム)が仮想通貨で初めてWechet(ウィーチャット)に対応

NEMの価格は過去最高値へと飛躍するが、投資家は注意深く進むべき(NEM Price Leaps to All-Time High, But Investors Should Proceed With Caution)によると、「2017年12月までにネム(NEM)がウィーチャットのオンラインウォレット(お財布)を開発する」と報じられました。

この話はビットコイン(Bitcoin / BTC)やアルトコイン(ビットコイン以外の通貨)ではありません。よって、仮想通貨ではじめてウィーチャットと提携したのがネムです。

WeChatの友達に簡単に送金できる

仮想通貨の投資方法・NEM(ネム)が中国大手WeChat内での取引アプリを開発!1日で190%の高騰!によると 、ウィーチャットのアカウントがあるユーザー同士ならネムを送れるのです。スカイプ(Skype)やライン(LINE・アカウントがあると無料で電話ができるシステム)で送り合うようなものですね。

NEM(ネム)の今後に期待が高まる

ネムのツイッター

引用元: @NEMofficial

ネム(NEM)は、実用性のある通貨と考えられています。そのため、私たちのライフスタイルにも浸透しやすいコインです。この記事でも、中国バージョンのラインである「ウィーチャット(WeChat)」によるネムの送金を紹介しました。

ネムのメリットである「取引スピードの速さ」を活かしたサービスは、これからもリリースされるでしょう。ネムとコラボレーションしたサービスに期待してください。

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。