仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2018 05 16 18.29.24

【手数料比較】モナコイン(MONA)を買うならどこがいい?

この記事をご覧になってくださった皆さんは、モナコイン(MONA)のことを知らない方はいないと思います。「モナコインを取引するのは、どの取引所がいいのか」について解説しています!初心者の方から上級者の方まで楽しんでいただけると思います!!

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/08/25 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で1,000円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

モナコイン(MONA)とは?

特徴

モナコインという仮想通貨をご存知でしょうか?

仮想通貨といえばビットコインですが日本発の仮想通貨であるモナコインも注目です。

モナコイン(MONA)は2013年の最後の方に誕生し、2018年では時価総額100位以内にはいってくるようになった仮想通貨となっています。

モナコインのルーツは同時期に開発されたDogecoinに由来しており、当初は2ch由来の「おふざけコイン」であることが伺えます。

ですが、モナコインは「おふざけコイン」といいながらも性能はピカイチとなっています。

ビットコインの他にも様々な仮想通貨が存在する仮想通貨界の中でもしっかり通用する力を有していますのでぜひモナコインを勉強していきましょう。

モナコイン(MONA)の特徴

モナコイン
モナコインの特徴は大きく分けて3つあります。

  • 世界で初めてSegWitを実装
  • 秋葉原の店舗で実際に使える通貨
  • コミュニティの規模が大きい


世界初めての技術は確かにすごいとわかるけど「他の二つは特徴なの?」と感じる方もいるかと思われますが、この二つは仮想通貨で大事なことでもあります。

それではそれぞれみていきましょう。

世界で初めてSegWitを実装

SegWitと聞いて分からない方もおおいのではないでしょうか?

SegWitの何がすごいのか簡単に説明すると送金スピードとセキュリティ問題を同時に解決することが出来る方法ということです。

ビットコインに「スケーラビリティ問題」という問題が発生していたのはご存知でしょうか?

「スケーラビリティ問題」はビットコインの送金が遅れてしまうということだったり、手数料が高くなってしまうという問題のことです。

またトランザクション問題と呼ばれるセキュリティ上の問題もビットコインで出てしまい、それらを解決するSegWitが開発されたというわけです。

秋葉原の店舗で実際に使える通貨

秋葉原の店舗で実際に使える通貨と聞いて「そりゃあ当たり前の事すぎて特徴ではない」という感想を抱く方もいると思われますが、お店で仮想通貨が使用できるというこことは皆さんが思っているより、すごいことなんです。

現在ではビットコインを筆頭にイーサリアムやリップル、ライトコインなど様々な仮想通貨が存在していますが実際の店舗で使用できるのはごくわずかです。

これは仮想通貨というものが世間ではあやふやなものとして扱われているからなんですね。

仮想通貨の王様であるビットコインでも実店舗で使用できるのはわずかですので、秋葉原の店舗で実際に使える通貨というのはしっかりとした特徴ですね。

コミュニティの規模が大きい

こちらも「果たして特徴なのか?」という感想をもってしまうかもしれませんが一番大事な特徴といっても過言ではありません。

仮想通貨というのは今でこそちょっと有名になりましたがまだまだ法定通貨や株式に比べると素人なんですね。

その為、世界の暮らしに完全に浸透しているというわけでもありませんから言ってしまえばなくなる可能性もある通貨という訳です。

ですから「コミュニティの規模が大きい」というのはそれだけでモナコインが持続していく理由となります。

仮想通貨にはコミュニティの規模が大きいと価格が上昇するというデータもありますからトレードする際も重要な指標になります。

モナコイン(MONA)についてはこちらの記事で詳しく解説しています!

モナコイン(MONA)を取り扱っている国内取引所

登録

モナコインの特徴は大体分かっているけど実際にモナコインはどこで取り扱っているか疑問になってくるころですよね。

モナコインの特徴をいくら知っていても、購入できるところを知らなければ意味がありませんものね。

また、国内取引所でモナコインをあつかっているところはたくさんありますからどこの取引所がどの様な特徴をもっているのかという部分もしっかり確認していきましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤ

まずはbitFlyer(ビットフライヤー)です。

Coincheckでは出川さんがイメージキャラクターとしてCMが放映されていましたが、Coicheckネム流出事件をきっかけに見なくなっちゃいましたよね。

同時期に成海璃子さんを起用し作られたCMでbitFlyerを知った方も多いのではないでしょうか?

bitFlyerは、セキュリティレベルがとてつもなく高いということが最大の特徴です。

自分の大切な資産ですからしっかりとした仮想通貨取引所に預けておきたいですよね。

その他にはチャートが見やすいなどの特徴もあり、とても使いやすい仮想通貨取引所となっています。

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録はこちら!

Zaif(ザイフ)

zaif

Zaifも仮想通貨取引所として知っている方が多いですよね。

Zaifの主な特徴としては豊富なトークンが購入可能であることと仮想通貨の積み立てが可能であるということになります。

まずトークンですが、簡単にいうと仮想通貨のおまけみたいなものです。

「おまけだったら別に…」と感じる方も多いかもしれませんが、トークンで出来ることはたくさんあり、もっていてめちゃくちゃ得します。

しかしながら、トークンが売買できる取引所はなかなか少なく、その点Zaifはとてもおすすめです!

また、仮想通貨の積み立てという風に仮想通貨を自分の資産として構築する事も可能です。

Zaif(ザイフ)の登録はこちら!

bitbank(ビットバンク)

ビットバンク

ビットバンクは豊富な種類の仮想通貨が取引できるという特徴をもっています

また、廣末紀之さんという元GMOインターネット株式会社の取締役をしていた過去を持つ方が率いているということもあり、チャートの分析がとてもやりやすいです

GMOではGMOクリック証券といった証券会社も運営していますからそちらのノウハウをしっかりビットバンクでも受け継いでいますね。

この様な性質があるからという訳ではありませんがビットバンクはチャートを分析できる方が使いやすい仮想通貨取引所となっています。

初心者から少し脱した頃に使用してみるといいかもしれませんね。

bitbank(ビットバンク)の登録はこちら!

Fisco(フィスコ)

fisco

Fisco(フィスコ)は仮想通貨取引所という側面はもちろん、仮想通貨のニュースや時価総額、価格をも簡単に閲覧することができるとても便利なサイトとなっています。

仮想通貨取引所といえば「仮想通貨を取引するだけ」というイメージがあるかもしれませんが証券会社と同じく、情報を得る為に証券会社を開設しているという人も多くいらっしゃいます。

ですのでFisco(フィスコ)は仮想通貨を取引するというよりも仮想通貨の情報を得るといった目的の為に開設するのもありかもしれませんね。

しかしながら、仮想通貨取引所としての機能もしっかりしていますので面倒くさければFiscoで全部取引してしまおうというのも良いと思われます。

Fisco(フィスコ)の登録はこちら!

BitTrade(ビットトレード)

ビットトレード

最後にビットトレードの紹介となります。

今では変わってしまいましたが、小島瑠璃子さんがイメージキャラクターを務めていたことでも有名な仮想通貨取引所です。

ビットトレードの特徴としては豊富なアルトコインの取引が可能なことです!

ビットコインの他にもイーサリアムリップルライトコインモナコインビットコインキャッシュが取引可能と、将来性がある仮想通貨を取引できるのは最大のメリットです。

またチャートがとても見やすいという特徴もあるので「仮想通貨でしっかりトレードしたい」という方にはぴったりな仮想通貨取引所ですね。

BitTrade(ビットトレード)の登録はこちら!

bitFlyerとZaifの手数料比較

手数料
bitFlyerとZaifの手数料比較
bitFlyer(ビットフライヤー) Zaif(ザイフ)
ビットコイン取引手数料 0.01%~0.015% -0.01%
アルトコイン取引手数料 0.2% maker手数料 0%
taker手数料 0.1%
入金手数料 無料(振込手数料負担) 無料(振込手数料負担)
出金手数料 216円 〜 756円 350円 〜 756円
クイック入金手数料 324円 486 ~ 594円
送金手数料 0.0008 BTC 0.0010 BTC

数ある取引所の中でも仮想通貨界の有名取引所、bitFlyerとZaifを比較していきましょう。

表にもきさいしましたがbitFlyerのアルトコイン手数料は一律、0.2%、Zaifの取引手数料はmakerが0%、takerが0.1%となっています。

「たかが0.1%の違いしかないじゃないか」と感じるかもしれませんが取引手数料は安いにこしたことはないのです。

多くの人が仮想通貨投資というと売買損益の方をきにしすぎですが取引手数料はその人のトレード成績に関係なくかかる費用となります。

そのため取引手数料は安いところを選んだ方がよいのです。

モナコイン(MONA)の取引にはZaifがおすすめ

おすすめ

モナコイン(MONA)の購入にはZaif(ザイフ)がおすすめだと述べました。

やはり、手数料はバカになりませんし、Zaifも大手ですので、セキュリティー面で著しくbitFlyerに劣るということはありません。

削れるお金は削りたいですよね!!

やはり、Zaifの「maker手数料が無料」というのは魅力的ですし、もうこれはZaifで取引しない理由は無いでしょう!

モナコイン(MONA)の取引は「Zaif(ザイフ)」で!

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。