仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5

ジーキャッシュ(ZEC/Zcash)高騰(暴騰)の理由や材料について

第二のビットコインと呼ばれているジーキャッシュをご存知ですか?コインチェックでのみ取り扱われている通貨なので知らない方もいるでしょう。ここでは、ジーキャッシュの特徴・値上がりしたワケ・ジーキャッシュが購入できる国内・海外の取引所を紹介します。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/08/25 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で1,000円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

ジーキャッシュ(ZEC/Zcash)とは?

ジーキャッシュ

ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)といった仮想通貨を知っていますか。

ビットコイン(Bitcoin / BTC)であれば、ザイフ(Zaif)・コインチェック(Coincheck)・ビットフライヤー(Bitflyer)といった仮想通貨取引所のコマーシャルで知った方もいるでしょう。

コインチェック(Coincheck/停止中)のみ対応している仮想通貨です。

ここでは、ジーキャッシュの特徴・値上がりしたワケ・ジーキャッシュが購入できる国内・海外の取引所を紹介します。

ジーキャッシュ(Zcash)のリアルタイム価格チャートはこちら

ジーキャッシュ(ZEC/Zcash)の特徴

ジーキャッシュの特徴

引用元: © 2017 ZEROCOIN ELECTRIC COIN COMPANY

ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)は、第2のビットコインと言われています。この理由は
・発行枚数が2,100枚
・システムがプルーフ・オブ・ワーク(Pow)
・取引データがブロックチェーン(取引データを入れる箱)に残る
という条件が同じだからです。

今回は、ゼロ知識証明・ユーザーの取引を守る高い匿名性についてお伝えしましょう。

ゼロ知識証明を採用

ジーキャッシュは、ゼロ知識証明とよばれるシステムを搭載しています。

ゼロ知識証明では送金元、送金先、送金額などのすべての情報が暗号化されます。

しかし取引の正当性は証明され、また取引(トランザクション)をしているときに、自分のデータが失われるリスクは非常に少ないです。

ジーキャッシュは、ハッキングやサイバー攻撃による個人情報を流出のリスクも少ないです。

高い匿名性のメリット

ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)には、高い匿名性があります。

ゼロ知識証明を利用するので、振り込みをした方のデータがわかりません。

ビットコイン(Bitcoin / BTC)は、支払いした方と受け取りをする方のデータ(ウォレットのアドレス)と振込をしたロット(数)が見えるのです。

送金情報が全てわからないという高い匿名性は、セキュリティの面でも非常に有効です。

Zcashの詳しい情報はこちら

ジーキャッシュ(ZEC/Zcash)のこれまでの価格と高騰の背景

ジーキャッシュのチャート

引用元: Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)は、2017年4月頃は7,000円台をキープ。

2カ月後の6月には約42,000円まで上昇。

2017年7月頃から12月までは10,000円後半~30,000円前半を繰り返していました。

ここでは、ジーキャッシュの価格と値上がりしたワケを紹介します。

JPモルガンとの提携で一気に高騰

イギリスの金融関係事業を展開する大手JPモルガンが、Zcashの高い匿名性を高く評価して提携しています。

Windowsを広めたマイクロソフト(MicroSoft)からバックアップもあります。

2017年5月のジーキャッシュ価格は約10,884円からスタート。

一時期は約39,384円の高値をつけました。

JPモルガンとの提携もあり、約29,000円上昇。

ジーキャッシュに対するユーザーの期待も上がっていきました。

このプロジェクトを完了するために、JPMorganは今年の5月にZcash Company(zcashのオープンソース開発を管理する会社)と提携し、Microsoftからの支援を得ました。

引用元: JPMorgan Integrates Zcash Privacy Tech Into Quorum Blockchain - CoinDesk

中国大手マイニングプールのViaBTCで取引開始

ヴィアビットコイン(ViaBTC)とは、2016年にオープンしたクラウドマイニングの会社です。

ビットコイン(Bitcoin / BTC)などのマインニングでは、大手企業が専用のマシンで、電気代の安価な中国などで行っていました。

しかし、ヴィアビットコインでは、クラウドマイニング(インターネット上での稼ぐ)を提供しています。

ボタンを押すだけでマイニングがはじまるのです。

ヴィアビットコインでは、ジーキャッシュマイニングプールといったサービスを提供。

CPU/GPU採掘機器を利用して、ETH、ETC、ZECがマイニングできます。

マイニングプールの種類 マイニングアドレア
ETH マイニングプール stratum+tcp://ethereum.viabtc.com:3333(ETH/ETC 切り換えるアドレス)
ETC マイニングプール
ZEC マイニングプール stratum+tcp://zec.viabtc.com:3333
ノート
1. ポート3333番が利用できない場合に、ポート443番や25番を試みてください。

2. 多いハッシュパワーを持つユーザーがsupport@viabtc.comに連絡して、手数料割引情報を取ります。

引用元: CPUとGPUの違い、例えていえば? | ギズモード・ジャパン

AlphaBayでzcash決済が導入

アルファベイ(AlphaBay)は、ダークウェブマーケットです。

違法に近いウェブサイトの支払いに「ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)」が認められたのです。

ジーキャッシュのメリットである匿名性の高さが、悪用されるキッカケを生み出しています。

この高い匿名性は犯罪などにピッタリの機能なので、改善を望みましょう。

クロスチェーン・アトミックスワップ(Cross-Chain Atomic Swaps)のデモンストレーション

ジーキャッシュの価格が上がるワケには、クロスチェーン・アトミックススワップの放送も関りがあります。

このシステムでは、ユーザーの間に仲介が必要ありません。

ユーザーが取引を行っているのです。

サービスを使うこともなく、仮想通貨の送金と受け取りができます。

しかも、銀行のように振り込みの履歴が見られるリスクもありません。

金融機関や取引所のチェックがないため、送金などの時間が短いでしょう。

韓国の大手取引所Bithumb(ビッサム)への上場

ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)は、韓国の仮想通貨取引所「ビッサム(Bithumb)」でも利用できます。

ビッサムの公式ホームページによると、ジーキャッシュは韓国の通貨であるウォン・ビットコイン(Bitcoin / BTC)・イーサリアム(ETH)といった約12のコインで購入できます。

ビッサムでは、日本円に対応していません。

取引を行う際は国内取引所で円→ビットコインなどに換金する必要があるでしょう。

Grayscale Investmentsがジーキャッシュ(ZEC/Zcash)投資信託をローンチ

ジーキャッシュの価格は、アメリカ・グレースケール・デジタル・ラージキャップ・ファンド(Grayscale Investments)によるジーキャッシュの投資信託がスタートしています。

すでに、ビットコイン(Bitcoin / BTC)やイーサリアム(ETH)といった時価総額の高い仮想通貨への出資も行っています。

経験のあるグレースケール・デジタル・ラージキャンプファンドが、ジーキャッシュにも手を伸ばしているのです。

中国(香港)の取引所OKex(オーケーイーエックス)への上場発表

中国にある大手仮想通貨取引所であるオーケーイーエックス(Okex)でも、ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)が買えるのです。

2017年11月13日からダッシュ(DASH)と一緒にジーキャッシュもオーケーイーエックスのグループに入りました。

2017年11月のジーキャッシュの価格は約36,000円です。

1週間後の2017年11月20日には、約40,000円まで値上がりがありました。

仮想通貨取引所で使われるだけで、ジーキャッシュは4,000円も上がります。

なぜBithumbへの上場がジーキャッシュ(ZEC/Zcash)の高騰をもたらすのか

ビッサムの公式ホームページ

引用元: Copyright(c)2013 bithumb. All Rights Reserved.

ビッサム(Bithumb)の上場とジーキャッシュの価格に関係があるのでしょうか。

ここでは、ジーキャッシュが値上がりした原因として、ビッサムの取引量・ビッサムの社員が「ジーキャッシュの取り扱いをスタートする」フライング・インサイダー取引き(値上がりを知り投資をする)を紹介します。

ジーキャッシュの高騰には、さまざまな要因があるのです。

Bithumbの取引規模は世界トップクラス

ビッサム(Bithumb)は、取引規模の大きな仮想通貨取引所です。

ヤフーニュース・仮想通貨取引所、上位10社は日額3億円以上を稼ぐ【フィスコ・ビットコインニュース】によると、取引規模の大きさではフオビ(Huobi/SBIグループとパートナー)がナンバーワンです。

そのあとに、ビットフィネックス(Bitfinex)が続いています。

今回のテーマであるビッサム(Bithumb)は、3~4番目に大きな取引所です。

大きな取引所は中国と韓国にあります。

Bithumbの従業員が上場を事前に漏洩

ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)の値上がりには、ビッサム(Bithumb)の社員の「フライング」も影響しています。

シーシーエヌドットコム(CCN.com)の報道によると、ビッサムの社員さんがラインで「ビッサムでジーキャッシュをスタートする」とバラしたのです。

ラインのチャットも公開されているので、仮想通貨業界ではニュースとなりました。

Bithumbの1人の従業員が、BithumbのZCashとQtumの統合計画を明らかにしたと、9月28日にCryptoKoreanをはじめとする様々な信頼できる情報源が今日明らかにした。従業員と匿名の個人との会話のスクリーンショットは、韓国の人気の暗号化とビットコインの取引フォーラムに浮上しました。

Bithumbの従業員は、社内の統合に取り組んでいる従業員と開発者に配布されたZcashの公開について、Bithumbの公式文書を共有するまで行った。

引用元: Traders Accused of Insider Trading Zcash, as Price Surges After Bithumb Integration

インサイダー取引である可能性が高い

ビッサムの社員が行ったことは、インサイダー取引です。

もともとは、値上がりする企業に勤めている社員・役員・クライアントなどが、価格が上がる情報が公開される前にトレードをする方法です。

ビッサムの公式ホームページで公開する前に「ジーキャッシュがスタートする」とコメント。

よって、ラインを見つけたユーザーは、ジーキャッシュの高騰がわかります。

ジーキャッシュの上昇は、「ビッサム社員によるインサイダー取引ではないか」と疑われています。

ジーキャッシュ(ZEC/Zcash)が購入できる仮想通貨取引所

男性・スマートフォン・チャート

「ジーキャッシュを取引したい」と考えても、どこでトレードできるのかわかりませんよね。

ここでは、ジーキャッシュが取引できる日本・海外の仮想通貨取引所を解説します。

ネム(NEM)の約580億円の流出で知られているコインチェックもあります。

こちらで紹介している仮想通貨取引所を参考にしてみてください。

Coincheck(コインチェック)

コインチェックの公式ホームページ

引用元: Coincheck

コインチェック(Coincheck)は、2014年からスタートしている日本の仮想通貨取引所です。

セキュリティの問題により、ネム(NEM/XEM)の不正流出事件にもなりました。

ジーキャッシュも扱っていますが、現在は新しく口座に登録できません。

「国内でトレードしたい」と考えている方は、コインチェック(Coincheck)からのお知らせを待ちましょう。

Kraken(クラーケン)

クラーケンのトップページ

引用元: © 2012 - 2018 Payward, Inc

Kraken(クラーケン)は、2011年からアメリカ・サンフランシスコでスタートした仮想通貨取引所です。

アメリカドル・カナダ・ポンド・ユーロといったコインで仮想通貨が購入できます。

クラーケンの公式ホームページによると、2016年10月27日からジーキャッシュの取引が行われています。

そのため、ジーキャッシュのトレードを初めてから約1年の企業です。

BINANCE(バイナンス)

バイナンスのトップページ

引用元: bainance

Binance(バイナンス)は、世界でも取引規模の大きい仮想通貨取引所です。


ジーキャッシュについては、ビットコイン(Bitcoin / BTC)とイーサリアム(ETH)のペアで販売されています。

poloniex(ポロニエックス)

ポロニエックスのトップページ

引用元: ©Poloniex, LLC. 2018 - Boston, MA, USA

ポロニエックス(poloniex)は、2014年にスタートしたアメリカの仮想通貨取引所です。

ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)の取引もできます。

ただし、日本円で仮想通貨が買えません。

ポロニエックスを利用されるユーザーは、ビットコインなどを準備してください。

Bittrex(ビットレックス)

ビットレックスのトップページ

引用元: ©2018,Bittrex.inc

ビットレックス(Bittrex)は、アメリカにある仮想通貨取引所です。

ビットレックスの公式ホームページによると、取り扱っている仮想通貨は190種類以上もあります。

ブラックコイン(BLK)やガンビット(GAM)といったなじみのないコイン草コインもあります。

アルトコインの手数料は、国内の仮想通貨取引所よりもリーズナブルです。

富なデジタル通貨サポート

ブロックチェーン技術が革新し続ける中、Bittrexは確立された通貨と新興通貨をサポートしています

cryptocurrencyの景観は、新しいクリプトカロリーがブロックチェーンテクノロジーを革新し、ブロックチェーンの力でビジネスチャンスを開拓するにつれて、絶えず拡大しています。Bittrex.comでは、新しく確立された暗号化通貨をサポートすることに自信を持っており、ますます増え続ける取引や投資機会の選択肢を提供します。

当社は、新しいコイン・ローンチについてコンプライアンス監査を実施し、ユーザーにインフォートド・トレーディングを行うために必要な情報を確実に提供します。以下は、当社がサポートしている190以上の暗号化方式の選択肢を示しています。

引用元: 豊富なデジタル通貨サポート

Bitfinex(ビットフィネックス)

ビットフィックス

引用元: Copyright © 2013-2018 iFinex Inc. All rights reserved.

ビットフィネックス(Bitfinex)は、2012年に中国・香港スタートした仮想通貨取引所です。

ビットフィネックスの公式ホームページをみると、ビットコインやアルトコインがペア別に書かれています。

イーサリアム(ETH)といった時価総額の高いものからタイム・ニュー・バンク(TNB)といった知名度の低いコインもあるでしょう。

ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)については、アメリカドル・ビットコインに対応しています。

HitBTC(ヒットビーティーシー)

ヒットビーティーシィーのトップページ

引用元: hitbtc

ヒットビーティーシー(HitBTC)は、2013年からスタートした仮想通貨取引所です。

ヒットビーティーシーの公式ホームページによると、セキュリティの高く・手数料もリーズナブルとアピールしています。

口座開設も「メールアドレス」と「パスワード」を決めるだけです。

ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)の対応ペアは、ビットコインの確認が取れています。(他のコインも考えられます。)

わからないことがありましたら、いつでも連絡できるカスタマーサポート(24時間対応)でチェックしてください。

サポート
あなたの側では、24時間サポートチームが問題や質問をお手伝いします。

引用元: ©2013-2018 HIT Solution Inc. All Rights Reserved.

bithumb(ビッサム)

ビッサムのジーキャッシュ(Zcash/ZEC)を買う

引用元: Copyright(c)2013 bithumb. All Rights Reserved.

ビッサム(bithumb)は、2014年からスタートした韓国の仮想通貨取引所です。

ビッサムの公式ホームページを見ると、ビットコイン(Bitcoin / BTC)・イーサリアム(ETH)・ライトコイン(LTC)など約12種類のコインを取り扱っています。

ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)については、ウォン(韓国のお金)・リップル(XRP)・ダッシュ(DASH)・ビットコインキャッシュ(BCH)といったアルトコインでも購入ができます。

ジーキャッシュ(ZEC/Zcash)の今後に期待が高まる

コインをかき集める

ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)は、伸びしろのある仮想通貨です。

取引データを守ることの出来るゼロ知識証明システムはセキュリティの面で有効である反面、ダークウェブなどの犯罪に使われてしますデメリットもあります。

日本の仮想通貨取引所は限られていますが、ポロニエックス(poloniex)・バイナンス(Binance)・オーケーイーエックス(OKex)などアジアからヨーロッパの取引所が対応。

今すぐにジーキャッシュ(Zcash/ZEC)を取引したい方は、海外の取引所で買いましょう。

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。