仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

Ki 1609376 nem04

NEM(ネム)を盗んだ犯人が開設した「The Cryptocurrency Exchange」

コインチェックの事件でNEMを盗んだ犯人が「The Cryptocurrency Exchange」というサイトを開設していることをご存知でしょうか?NEMを格安で購入する事が出来るので、一見お得かもしれません。しかし、購入してしまった場合、罪を被る可能性があります。犯罪に巻き込んまれないためにも、この記事を読むことをオススメします。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/08/19 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で1,000円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

The Cryptocurrency Exchangeとは

犯人が作成した取引所画像

「The Cryptocurrency Exchange」とは直訳すると「仮想通貨交換所」という意味ですが、この記事においては特定の仮想通貨取引所を指します。

この「The Cryptocurrency Exchange」は、2018年1月26日に発生したコインチェック事件の犯人(と思われる人物)が開設した、ネムとビットコインまたはライトコインとを交換するウェブサイトです。

なお、このサイトはいわゆる「ダークウェブ」上のサイトであり、アクセスするには特殊なソフトウェア(「TOR」という名称です)が必要で、「.onion」というドメインのアドレスを使っています。

そして、この取引所の特徴はネムが市場価格のおよそ15%引きで売られていることです。

そのため、犯人と取引しているのをわかっていながら、ネムとビットコイン(ライトコイン)交換してしまった人も中にはいるかもしれません。

コインチェック事件との関係

逃走する犯人

2018年1月26日に、日本の有名な取引所である「コインチェック」が何者かによってハッキングされ、580億円相当のネムが外部のアドレスに送金されるという事件が起こりました。

この事件の爪痕はいまだに残っており、コインチェックでは新規アカウント作成の停止や各種取引や仮想通貨の出金の制限が行われています。

※ネムの返金に関する問題もありますが、この記事の趣旨とは若干外れるので詳しくは説明しません。

ただ、仮想通貨の取引はすべてブロックチェーン上にログが残るため、送金先のアドレスは特定されています。

※送金先のアドレスには、
「coincheck_stolen_funds_
  do_not_accept_trades
 :owner_of_this_account_is_hacker」
というタグ付けがなされました。

※そして、ネムの開発者たちはこのタグの付いたアドレスの取引を取引所が自動的に拒否するようなツールを作成しています。

仮想通貨NEM(ネム)-XEM/JPY(円)の相場・リアルタイム価格チャート

開設者(犯人)の狙い

サイバー犯罪

犯人がなぜネムのまま保有しようとしないのか、ということについては2つの理由があります。
それぞれについて、詳しく解説することでコインチェック事件における犯人の狙いをご説明します。

①マネーロンダリング(資金洗浄)がメインの目的

犯罪行為で得た資金は、基本的にそのまま使えません。

資金の流れは記録されていますし、盗まれたお金にシリアル番号がついているならば、これらの情報をもとにして犯人が特定されてしみます。

したがって、いったん資金をほかのものに交換したりするなどして、資金の出所をわからないようにします。

これを「マネーロンダリング(資金洗浄)」といいます。

つまり、犯罪行為で汚れてしまったお金を、一見するとクリーンなお金に変換します。

今回盗まれたネムという仮想通貨は、「盗まれた」というタグ付けがなされており、場合によっては開発者によって使用停止にされるリスクもありますから、早い段階でほかのものに替えておく必要があります。

それで犯人が選んだのが、ビットコインとライトコインだったというわけです。

②仮想通貨はそのままでは使えない

ビットコインなどの一部の例外を除けば、仮想通貨を使って実際にモノを買ったりサービスを受けることはできません。

ネムについても同様であり、現状ネムに価値があるのは「将来的にネムが現実世界とつながりを持つかもしれない」という期待感にすぎません。

犯人も盗んだお金を実際に使って利益を得たいはずなので、ネムを最終的には現金(法定通貨)に替えようと思っていると考えて間違いないでしょう。

犯人の悩み

しかし、今回犯人が盗み出したネムは時価580億円と非常に膨大です。

これだけ膨大な仮想通貨を現金化するためには、「580億円の日本円とネムを交換したい」という人が現れなければいけません。

ただ、実際にはそのような人はいないので少しずつ現金化していくしかありません。

一方で、あまりに長い期間ネムを保有していると特定されるリスクや、ネムが使用停止にされるリスクもありますから、より早く売りさばくために「15%オフ」という破格の値段で売りに出しているのです。

The Cryptocurrency Exchangeにアクセスするリスク

ハッカー

この記事を見て「The Cryptocurrency Exchangeにアクセスしてネムを買いたい!」と思う人もいらっしゃるかもしれませんが、非常にリスクが高いのでお勧めしません。

例えば、仮にネムを手に入れることができたとしてもそのネムはあくまで犯罪によって入手されたものであり、それをわかっていながら入手したということは「マネーロンダリングに協力した」ということを意味します。

そうなると「手に入れたネムが使えなくなる」以上に、「自分自身が罪に問われる」というリスクがあります。

また、犯人が作成したサイトということもあり、コンピュータウィルスなど危険な仕掛けがしてある可能性が十分にあり、個人情報が盗まれるなどの被害にあう恐れもあります。

コインチェック事件の顛末は?

仮想通貨と現金

いかがだったでしょうか。

コインチェック事件は確かに「返金」の報道が出たことで、ニュースで一応解決を見たように見られていますが、実際には盗まれたネムは犯人の手の中にあります。

この大量のネムを盗んだ犯人が特定され、つかまってこそコインチェック事件は本当の意味で解決されたといえるでしょう。

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。