仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

7b43655d8b5423e4593e1435ba5db834 s

2018年にハードフォークでビットコインプライベートが誕生へ

ビットコインプライベート(BTCP)が誕生する可能性があることをご存知でしょうか?「匿名性」を特徴にもつコインかもしれません。まだまだ情報は少ないですが、今回はビットコインプライベートをご紹介します。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/09/16 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で1,000円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

ビットコインとビットコインプライベートの違い

考える女性

ビットコインとビットコインプライベートは名前が似ていますが、2つは別の仮想通貨です。

正確には、ビットコインZclassicという2つの仮想通貨がハードフォークして生まれる予定の通貨だといえます。

昨今「ビットコイン〇〇」という仮想通貨が数多く登場する中で「ビットコインプライベート」という名前を見て「またか」と思う人もいらっしゃるかもしれません。

しかし、結論から言うとビットコインプライベートは「匿名性」というほかにはない新機能を搭載し、また開発陣も期待が持てるものとなっています。

この記事においては、ビットコインプライベートを理解するうえで前提となる「ハードフォーク」についてご説明した後、ビットコインプライベートの具体的な特徴や将来性についてわかりやすくご説明します。

ハードフォークとは?

スプーンとフォーク

ハードフォークはコンピュータ用語である「フォーク」の一種です。

フォークには、ソフトフォークハードフォークの2種類があります。

ところで、すべての仮想通貨はブロックチェーンを根幹にして成り立っています。

ブロックチェーンは、簡単に言うと「ブロックのチェーン」ということで、新しいブロックが定期的に生成されます。

そのブロックの仕様を変更する際には2つの方法があります。

1つは、以前のブロックと「互換性」を持たせるやり方です。

簡単に言うと「仮想通貨のアップデート」といえるかもしれません。

こちらが「ソフトフォーク」にあたります。

もう1つのやり方は、以前のブロックと「互換性」を持たせないやり方です。

要するに「新仕様」の仮想通貨と「旧仕様」の仮想通貨の両方が存在することになります。

簡単に言うと「仮想通貨の分裂・誕生」といえるでしょう。

こちらが「ハードフォーク」にあたります。

※ハードフォークの例は非常に多く「ビットコインキャッシュ」や「ビットコインゴールド」、「イーサリアムクラシック」もハードフォークの結果誕生したものです。

一般的なハードフォークでは、1つの仮想通貨から1つの新しい仮想通貨が生まれるのですが、ビットコインプライベートの場合にはやや特殊です。

ビットコインプライベートは、ビットコインZclassicという2つの仮想通貨からハードフォークして誕生する予定です。

ちょうど、遺伝学のように両親の特徴を引き継いだような仮想通貨となっています。

ビットコインプライベートの仕様・特徴

開発チーム

ビットコインプライベートの仕様についてご説明します。

重要なものとして①匿名性②ブロックサイズ③プレマイン・開発者報酬という3点について詳しくご説明し、その後その他の特徴について触れることにしています。

①匿名性

ビットコインプライベートの最大の特徴といえるのがこの「匿名性」です。

普通のビットコインでは「AさんがBさんに〇月〇日に〇〇ビットコインを送金した」というデータがブロックチェーン上に残り、公開されます。

しかし、ビットコインプライベート上では上記の具体的な情報を非公開としたまま、送金することが可能になっており、プライバシー保護に貢献します。

ここで使われている技術は、分岐元のZclassicが採用していた「zk-snarksゼロ知識証明ともいわれます)」というもので、「相手に情報の内容を公開することなく、情報自体は知っていることを証明する」ことができます。

※イーサリアムにも採用されている技術です。

XMR(モネロ)の時価総額・チャート・最新価格を確認したい方はこちら

②ブロックサイズ(送金速度・取引手数料)

ビットコインがメジャーになった2016年や2017年以降、ビットコインの「送金詰まり」は利用者の大きな悩みの種でした。

その原因はブロックチェーンを構成する「ブロックのサイズ」にありました。

ビットコインのブロックサイズは、1ブロック当たり1メガバイトであり、このブロックの中に細心の取引記録が書き込まれていきます。

しかし、利用者急増によりブロックに入りきらないほどの取引情報が発生し、処理に時間がかかり、結果として送金に時間がかかったり、取引手数料が高騰するなどの問題が起こりました。

こうした問題をまとめて「スケーラビリティ問題」と呼んでいます。

ビットコインプライベートは、ブロックサイズを2メガバイトに倍増させました。

結果として、取引承認にかかる時間を最短10分(ビットコイン)から最短2.5分(ビットコインプライベート)に短縮することができ、送金にまつわる諸問題を解決することを目指しています。

③プレマイン・開発者報酬

仮想通貨によっては、仮想通貨の公開(システム開始)前の時点で、開発者や一部の人たちで一定量をマイニング(≒生産)したり、開発者に報酬としてその仮想通貨を配布することもあります。

しかし、こうしたやり方は「既得権益ではないか」という批判があるのも事実です。

ビットコインプライベートでは、プレマインや開発者報酬は一切ないことを公表しており、全員が公平なスタートを切れることを目指しています。

④受け取り方・配布の割合

ハードフォークして誕生する仮想通貨を受け取るためには、ハードフォーク元の仮想通貨を保有している必要があります。

ビットコインプライベートの場合は、ビットコインとZclassicの2つの仮想通貨から分岐するのですが、この場合における配布の割合は「1:1」となっています。

「1:1」の意味は、1ビットコイン(執筆時点で110万円相当)保有している人が受け取るビットコインプライベートと、1Zclassic(執筆時点で3,000円相当)保有している人が受け取るビットコインプライベートの量は同じ(いずれも1ビットコインプライベート)ということです。

単純に考えれば、110万円のビットコインと3,000円のZclassicが同様に評価されるのですから、Zclassicの需要が高まって価格が上昇する要因になります。

⑤その他の仕様・特徴

上記以外の細かな仕様は以下のようになっています。

・開発リーダー:Rhett Creighton氏
・マイニングアルゴリズム:proof of work(POW)、EQUIHASH(GPU)
・オープンソース
・分散型
・流通量:約1970万枚

ビットコインプライベートの将来性

ネットワークセキュリティ

ビットコインプライベートは、詳細なロードマップを頻繁に更新しており、2月20日には「ホワイトペーパー」が公表されました。

開発面では期待が持てそうです。

こうなると、次に気になるのはやはり「上場の可能性」でしょう。

取引所上場の可能性

執筆時点(2018年2月28日時点)では、「上場決定」のニュースは見つかりませんでした。

しかしながら、大手取引所である「バイナンス」と交渉中とのことであり、公式発表が待たれます。

ビットコインプライベートの潜在的価値

かつては「上場するだけで」価格が上昇する例もありましたが、最近では「中身」がないと買われて行かないようになってきました。

ビットコインプライベートに投資する価値があると認められるかどうかが、今後のポイントです。

ブロックサイズの拡大(スケーラビリティ問題への対処)は、ビットコインキャッシュなどでも行っているので、やはり重要なポイントは「匿名性」がどう評価されるかでしょう。

仮想通貨の利用者の中には、銀行取引では実現できない「匿名取引」に期待を寄せている人もいるため、この点が今後どれくらいフィーチャーされるかがポイントです。

「ビットコイン」の名を冠するだけでは売れない時代

立てかけられたビットコイン

いかがだったでしょうか。

「ビットコイン○○」という仮想通貨が増える昨今において、「名前だけで売れる」という時代ではなくなってきました。

ビットコインプライベートは「匿名性」というセールスポイントを武器にどこまで成長することができるのか、注目する価値はありそうです。

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。