仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2018 05 31 17.13.42

ビットコイン(BTC)とネム(XEM)の特徴の違いは?

ネム(XEM)はその実用性の高さから注目が集まっている仮想通貨の1つです。さらにコインチェックで起きたネム流失事件でさらに注目度がましています。今回はそんなネムとビットコインの特徴の違いについて紹介していきたいと思います。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/08/25 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で1,000円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

仮想通貨ネム(XEM)に期待が高まっている

ネム

引用元: ネム

ネムは、他の仮想通貨にはない特徴をたくさん持っている仮想通貨です。

そのユニークさと実用性ゆえに、大きな期待を集めています。

今回はネムの基礎情報から特徴将来性まで紐解いていきましょう。

ネムの特徴とは

ネムは仮想通貨そのものの名前ではなく、プラットフォームの名前で、プラットフォーム上で利用される仮想通貨はXEMと呼ばれています。

ネム(NEM)は、New Economy Movementの頭文字を取って名付けられ、ブロックチェーンの基礎的なコンセプトを踏襲しつつ、より実用性の高いプラットフォームとして開発が進められてきました。

そのため、プライベートブロックチェーンであるmijinや企業のICOなどを支援するプラットフォームであるCOMSAでも活用されています。

ビットコイン(BTC)とネム(XEM)の比較

ビットコイン(BTC)とネム(XEM)の比較表
ビットコイン(BTC) ネム(XEM)
略称 BTC NEM
正式名称 Bitcoin NEW ECONOMY MOVEMENT
マイニング方式 Proof Of Work Proof Of Inportance
発行上限 2,100万 90億
開発者 サトシ・ナカモト Utopianfuture

ビットコインは基本的に決済用の仮想通貨なのに対して、ネムはコインであるXEMを中核としプラットフォームとして様々な機能を提供するものです。

また、ビットコインはサトシ・ナカモトと呼ばれる謎の人物によって基本的な概念が提唱され、その後有志によって開発が進められました。

ネムはUtopianfutureと呼ばれるチームによって設計開発が進められました。

マイニング方式は、ビットコインがPoWを採用しているのに対して、ネムはPoIを採用しています。

ビットコインの発行上限が2100万枚、ネムは90億枚とかなりの違いがあります。

ビットコイン(BTC)とネム(XEM)の将来性を比較

違いのイメージ

NEM財団の副代表はネムの時価総額はビットコインを超えていくと強気の発言をしています。

まず、ネムはプラットフォームとして様々な機能を提供しており、新しい仮想通貨を発行することも可能です。

また、今後のアップデートによって送金速度やスマートコントラクトなどの様々な機能を向上していく予定になっています。

これらの点は、ビットコインにはないポイントであり、ビットコインのブロックチェーンよりも便利で高機能なプラットフォームを提供できる点では大きなアドバンテージを持っていると言えるでしょう。

避けては通れないスケーラビリティ問題

ブロックチェーンを持つ仮想通貨全体が抱えている課題としてスケーラビリティ問題というものがあります。

これは、取引量が増えるとその分処理速度が遅くなってしまう事態が起こってしまいます。

ビットコインイーサリアムなどのメジャーな仮想通貨もこの問題に取り組んでいます。

ネムの送金速度は他の仮想通貨と比べ速く、数秒で取引が完了します。

また、ネムは機能向上のためにカタパルトを実装する予定で、実装が完了すれば1秒あたりに4000件の取引が可能になるとされています。

送金速度が早いことで有名なリップルが1秒に2000〜3000件であり、その1.5〜2倍のスピードで取引が可能になることになります。

2017年の時価評価額の比較

ネムは2017年7月から8月にかけて11円から22円まで約2倍値上がりしました。

ビットコインと比べると格段に値上がり率が高く大きな注目を集めました。

技術と実用性を誇るネム(XEM)

ネットワーク

中国大手wechat内でネム(XEM)を取引できるアプリを開発

Wechatではネムを送金できるアプリを開発しています。

Wechatは日本のLINEのようなコミュニケーションアプリで、中国で利用者が多いアプリです。

ネムは仮想通貨として初めてWechatで扱われた仮想通貨になりました。

これによって、より多くの利用者によって利用されることが期待できますし、何より実用性がより高まったと言えるでしょう。

ネム(XEM)のAPI(アプリケーションプログラミングインターフェース)

ネムは非常に使いやすいAPIを準備しています。

API(アプリケーションプログラミングインターフェース)は、第三者が外部から機能を呼び出すことができるものです。

ネムはAPIを通してマルチシグネチャやVotingを利用でき、アポスティーユやネームスペース、モザイクといった機能も第三者であっても利用できるようになっています。

これによって、非常に幅広い人たちがネムを利活用してサービスやアプリなどを開発することが可能になっています。

コムサ(COMSA)でネム(XEM)が使われる

コムサ

引用元: COMSA

コムサ(COMSA)とは

COMSA(コムサ)とは、日本初の実ビジネスにおいてICOのサポートなどを行うためのプラットフォームです。

これによって、ブロックチェーン技術を実ビジネスへ実装し活用することがとても簡単になり、企業の既存事業の新たな展開を作ることが可能になります。

「mijin」ブロックチェーンをもっと身近なものに

mijinはテックビューロ社が提供しているプライベートブロックチェーンです。

中央で管理するタイプのブロックチェーンをどの企業でも活用することができ、ブロックチェーンのメリットを享受することができます。

コムサ(COMSA)とネム(XEM)を購入するには

日本国内の仮想通貨取引所で、COMSAとネムの両方を扱っているところとしてZaifがあります。

Zaifはmijinを提供しているテックビューロ社が運営している取引所で、mijinCOMSA、ネムなどのプラットフォーム間を連携させる取り組みも進めており期待が持たれています。

また、DMM Bitcoinでもネムの取引が可能です。

ネム(XEM)の今後に注目

将来性

ネムは、国内外で非常に注目を集めている仮想通貨になってきました。

プラットフォームとして様々な場面で活用されることが期待でき、新たな仮想通貨を生み出すことも可能です。

便利なAPIを経由することで、ネムの利用のハードルが非常に低くなっています。

また、今後のアップデート、特にカタパルトの実装はネムのポテンシャルを大きく拡張するもので、ビットコインやリップルよりも速い処理速度と、イーサリアムやリスクなどのようなスマートコントラクトを兼ね備えた仮想通貨になることができます。

これからは、これまで以上にネムの動向や価格推移に注目ができるでしょう。

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。