仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2018 05 14 16.05.52

ビットトレード(Bittrade)の登録から口座開設方法の流れを全て紹介

金融庁に登録済みであるビットトレード(Bittrade)という取引所をご存知でしょうか?まだまだ知名度は高くないかもしれませんが、様々な良さもあります。今回はビットトレードの基本的な情報をお伝えします。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2018/07/19 現在
Gmo
Ranking 1st GMOコイン
スマホアプリで簡単にビットコインFX取引が可能。下落相場でも高い利益率を出せる可能性があるGMOグループの取引所。
Bitbank
Ranking 2nd bitbank
bitbank(ビットバンク)なら、アルトコインの通貨を1円未満の単位からお試しで購入することもできます。全ペア取引手数料“ゼロ”キャンペーン実施中です。
Dmm
Ranking 3rd DMM Bitcoin
仮想通貨が初めてでも分かりやすいチャートを提供している取引所。BTC・ETHの現物取引、5種類以上のアルトコインのレバレッジ取引も可能。

ビットトレード(Bittrade)とは

ビットトレードタイトル画像

ビットトレード(Bittrade)は、国内の仮想通貨取引所になります。

ビットトレード(Bittrade)は、上記のスクリーンショットのように「関東財務局長 第00007号」と仮想通貨交換業に登録済みであり、安心してトレードを行うことができます。

また、FX(外国為替)トレードをされている方にとっては、なじみの深い「FXトレードフィナンシャル(FXTF)」の関連会社でもあります。

そのため、FX部門で培われた「使いやすくて高機能な」取引ツール開発のノウハウをそのまま仮想通貨で活用しており、初心者の方であっても直観的な操作で仮想通貨の売買を行えるようになっています。

ビットトレード(Bittrade)の概要

ビットトレードのメリット

仮想通貨取引所の特徴について考えるときは、次のポイントを重視すると有用です。

まず大前提として「安心して取引でき、また仮想通貨を預けておける業者であるかどうか」です。

具体的には、ハッキング対策や仮想通貨の保管方法などに注目しましょう。

また、取り扱い銘柄(仮想通貨の種類)の中に自分が取引したい仮想通貨があるかどうかや、取引手数料をはじめとした各種手数料についてもしっかりと知っておく必要があります。

特徴

取り扱い通貨や、各種手数料といった大きな特徴は以下で項目を改めてご説明し、ここではその他の特徴についてご案内します。

まず、セキュリティ対策や仮想通貨の保管体制についてです。

ビットトレード(Bittrade)の仮想通貨はすべて「コールドウォレット」というものに保管されています。

コールドウォレットとは、外部のネットワークからは完全に遮断された場所に仮想通貨の保管場所があるという意味で、外部からのハッキング被害にあう可能性を物理的になくしています。

※事件が発生したコインチェックでは、コールドウォレットを採用していませんでした。

また、その他の特徴でいえば「MT4(メタトレーダー4)」という、非常にカスタマイズ性の高いチャートソフトに対応していることです。

※関連会社のFXトレードフィナンシャルの口座が必要です。

実際MT4対応業者は少ないですから、この点は大きな差別化になります。

上記の表のように、ビットトレード(Bittrade)では日本国内で有名な通貨を扱っています。

取り扱い通貨についてやや詳しく説明しますと、ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコインと呼ばれます)は、ビットコインにない特徴を持っている通貨もあれば、ビットコインの欠点をカバーした通貨の場合がほとんどです。

例えばイーサリアムという仮想通貨は、通貨としての機能のほかに「スマートコントラクト」という、契約内容も一緒に記録できるという機能を実装していたり、送金スピードがビットコインよりも早いという特徴があります。

また、ビットコインキャッシュという仮想通貨はビットコインの「ハードフォーク」という現象によって生じたものであり、ビットコインよりも送金性能を高めるチューニングがなされています。

ビットトレード(Bittrade)の登録方法

① まずは公式サイトへ

② メールアドレス入力

 

メールアドレスを入力して、「会員登録」を押しましょう!

③ メールの確認

 

こちらの画面は、Bittradeからメールが送信された証拠です。メールに届いたURLをクリックすると次の画面に飛びます。

④ パスワード設定

 

ここでパスワードの設定をします。

忘れないように、紙などに書いて大切に保存しましょう。

⑤ 基本情報の入力

 コチラには
  • 氏名
  • フリガナ
  • 生年月日
を記入します。 次に
  • 郵便番号
  • 住所
を記入します。 最後に
  • 資産運用目的
  • 学生
  • 外国PEPsの確認
を記入します。

⑥ 本人確認書類提出

 

続いて、本人確認書類を提出します。

①の有効な書類は以下のとおりです。

アップロードに必要な画像は2つです。
本人確認書類の氏名部分
本人確認書類の住所記載部分

有効な本人確認書類
運転免許証
表裏の両面
パスポート
顔写真生年月日が記載されているページ、および、所持人(住所記載)のページ
住民基本台帳カード
表裏の両面
在留カード
表裏の両面

引用元: bittrade

 

不鮮明な写真を添付して送信すると、再提出になってしまい、開設が遅れるので注意しましょう!

⑦ ハガキのコード入力

 

⑥までの手順を終わらせて、本人確認書類が承認されると、画像のようなハガキが届きます。

 

ハガキに記載されている「暗証番号」を入力すると、口座開設が完了となります!

お疲れ様でした。

※ SMS認証設定

SMS認証

本人確認書類の審査には1営業日程度かかりますので、この間にSMS認証を行っておきましょう。

これを行っておくことで、アカウントの不正アクセスを予防することができます。

※SMS認証を行うには、携帯電話番号が必要となり、固定電話では行えません。

メイン画面の「セキュリティ」から「SMS認証」を選択し、携帯電話番号を入力します。

するとすぐに、SMSが送られてきますから記載の6桁の数字を入力すると、認証手続きは完了です。

※ 二段階認証設定

二段階認証

次に二段階認証の設定を行います。
※スマホをお持ちでない場合は、基本的に利用できません。

二段階認証を設定しておくことで「ワンタイムパスワード」という、時間がたつと内容が変わっていくパスワードを利用できるようになるため、セキュリティをより強化することができます。

Google Authenticatorのインストールはこちら

Google Play で手に入れよう

設定するには、SMS認証と同じく「セキュリティ」のボタンのところから「二段階認証」を選択し、認証アプリをインストールしたうえでQRコードを読み取って、設定を完了させます。

 

編集都合上bitbankになっていますが、Bittradeの欄に書かれている6ケタのパスワードを入力しましょう。

これを入力すると二段階認証は完了です。

ビットトレード(Bittrade)の入出金方法

銀行送金

入金

入出金画面

入出金を行うためには、日本円にしろ仮想通貨にしろ、すべての場合で「郵送確認」までが完了している必要があります。

そのため「本人確認書類の提出→審査→郵送確認書類の送付・受取→完了」の手続きを踏む必要がありますから、申し込み当日に行うことはできません。

そのうえで(日本円の)入金を行う手順をご案内します。

まず、メイン画面の「入出金」ボタンをクリックし、日本円の列の「入出金」ボタンを選択します。

そして振込先口座情報を確認したら、その口座あてに振り込みたい金額を振り込んでください。

※振込手数料は各自の負担となります。

※振込名義人は、口座の名義人と一致している必要があります。

口座への入金はすぐには反映されず、翌銀行営業日中には反映されますのでしばらく待ちましょう。

出金

出金手続き

出金には大きく分けて「日本円での出金」と「ビットコインでの出金」の2種類があります。

ここでは、日本円での出金についてのみ説明しています。

※なお、金額にかかわらず振込手数料が648円かかります。

※振込先の銀行口座が必要です。

「入出金」ボタンをクリックし、日本円の列の「入出金」を選択してください。

次に「出金」を選択し、出金先の銀行口座情報を入力します。

そして出金金額を入力して「出金内容を確認」を押して「この内容で出金する」をクリックします。

すると、登録メールアドレスに承認用メールが届きますので、こちらのメール内の承認URLにアクセスすると、出金手続きは完了です。

※午前9時までに行われた出金依頼は、翌営業日中に着金します。

※午前9時以降の場合には、翌翌営業日中に着金します。

Bittradeの詳細

 

こちらではBittradeの取扱い通貨、また手数料について簡潔にまとめています。

詳しくご覧になりたい方は以下のリンクを御覧ください。

取扱い通貨

ビットトレード(Bittrade)の取り扱い通貨
通貨名 略称 詳細
ビットコイン BTC 時価総額第1位(2018年3月現在)
イーサリアム ETH 時価総額第2位(2018年3月現在)
リップル XRP 時価総額第3位(2018年3月現在)
ライトコイン LTC 送金コスト・スピードに優れる
モナーコイン MONA 日本発の仮想通貨
ビットコインキャッシュ BCH 2017年8月に誕生

手数料

売買手数料
メイカー テイカー
BTC/JPY 0.2% 0.2%
XRP/JPY 0.25% 0.45%
LTC/BTC 0.30% 0.70%
ETH/BTC 0.20% 0.25%
MONA/JPY 0.30% 0.70%
MONA/BTC 0.30% 0.70%
BCC/JPY 0.30% 0.70%
BCC/BTC 0.30% 0.70%

Bittradeのメリット・デメリットはこちら

ビットトレード(Bittrade)についてよくある質問

はてなマーク

ビットトレード(Bittrade)は、FAQが充実しているの特徴です。

その中で、よくあると思われるものをピックアップしてご紹介します。

Q 本人確認送付から取引開始までにどれくらいかかるか?

A 審査後、ビットトレード(Bittrade)が送られる郵便物(簡易書留)から、翌営業日中には可能となります。
その時の郵便事情にもよりますが、およそ長くても1週間程度です。

Q 複数口座は解説できますか?

A できません。1人1口座のみです。

Q 年齢制限はありますか?

A はい。20歳以上の方のみ可能です。

Q 現物以外の取引はできますか?

A 現在は現物のみですが、今後現物以外も導入予定です。

Q ビットコインの最小取引単位はいくらですか?

A 0.0001ビットコインとなります。

※1ビットコインが100万円とすると、100円相当。

ビットトレード(Bittrade)まとめ

ジャンプする女性

いかがだったでしょうか。

ビットトレード(Bittrade)は、FXトレードフィナンシャル(FXTF)の系列ということで、FXトレードをされている方にとっては親しみやすい業者だといえます。

また、仮想通貨初心者の方にとっては「FAQ」やお客様サポートが分かりやすいなど、親切さが目立ちますので、「最初に開設する口座」としては、有力候補だといえます。

ただし、この記事でも少し触れましたが「仮想通貨取引所の口座は複数持っておく」というのが、むしろ仮想通貨を取引する人たちの間では普通になっています。

ビットトレード(Bittrade)にもメリットやデメリット、注意点がありますが、これらの点はほかの取引所の口座を持っておくことで初めて実感できるものだとも言えます。

そのため、慣れてきたらほかの取引所の口座も併せて開設しておくことをお勧めします。

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。