仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

Bitcoincash

ビットコインキャッシュ(BCH)の価格が上がる可能性の高い好材料は?

ビットコインキャッシュは2017年8月にビットコインからハードフォークした仮想通貨です。ビットコインの送金づまりやブロックサイズを改良しています。現在は基軸通貨としての可能性を秘めており、今後の価格上昇が楽しみです。今回はビットコインキャッシュの上昇する好材料をまとめています!

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/08/22 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で1,000円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

ビットコインキャッシュ(BCH)とは?

ビットコインキャッシュとはビットコインのスケ―ラビティ問題を解決した仮想通貨です。そのためビットコインに代わる基軸通貨となるのではないかという期待が高まっており、一部の投資家から熱烈な支持を受けています。

今後は機能のさらなる拡張を目指しておりさらに通貨の流動性が高まる予定です。

一方でマイナー主導の仮想通貨であることから、従来のビットコインの支持者からは懐疑的な目を向けられているという側面もあります。

この記事ではビットコインキャッシュが仮想通貨としてどのような特徴をもっているのか、また将来性があるのかなどを紹介していきます。

ビットコインキャッシュ(BCH)の詳細はコチラ

ビットコインキャッシュ(BCH)の生い立ち

 

ビットコインキャッシュはビットコインのスケ―ラビティ問題を解決するために2017年8月に生まれた仮想通貨です。

ソフトフォークを推進する派に反対する形で生まれたという背景もあり、非中央集権派からは懐疑的な目で見られていますが、一部の投資家には将来性のある仮想通貨として支持されています。

機能的にはビットコインのスケ―ラビティ問題を解決しており、普及にも意欲的であることから2018年に注目される仮想通貨であることは間違いないでしょう。

ビットコインが抱えるスケーラビリティ問題

ビットコインのブロックチェーン技術はマイナー(採掘者)が計算式を解くことで、ブロックが生成され取引情報が保存されていきます。

しかし取引量が増えるにしたがって保存する取引情報というのは必然的に増えていきます。また計算式を解くたびに難易度が上がっていくシステムなので、ブロックを生成するたびにマイナーの負担が増えていきます。

その結果、マイナーのブロック生成が追い付かなくなることで売買スピードが下がり、送金の遅延が起こって取引が円滑に進まなくなるスケ―ラビティ問題が発生していきました。

ビットコインは世界で初めての仮想通貨ということもあり2016年末ごろからこのスケ―ラビティ問題が指摘されて問題視されてきました。

スケーラビリティ問題の解決方法として誕生した「Segwit」

スケ―ラビティ問題に端を発してビットコインの通貨としての価値に疑問の声があがっていきました。しかし非中央集権のため政府のような中心になって技術を改善していく機関というものは存在しません。

そこでビットコインの技術的な問題を議論するために公開されている文書が「BIP(Bitcoin Improvement Proposals)」です。

Segwet(Segregated Witness)はBIP141で紹介されたビットコインのスケ―ラビティ問題を解決するための提案です。署名の分離と訳され、ブロックの中に保存されている一般的に利用されない電子署名情報をカットすることで、ブロックサイズを変更することなく保存領域を増やす技術です。

2017年8月にビットコインのハードフォークにより誕生

SegWitは元々ビットコインのスケ―ラビティ問題に対処するために提案されたものであり、恒久的な分岐ではないソフトフォークと呼ばれる技術改善でした。

しかしSegWitのソフトフォークにより既存のマイニングマシンが利用できなくなることを危惧した中国人マイナー達が否定的な立場をとることにより、当初は分裂するはずのなかったビットコインがハードウォークされることになりビットコインキャッシュという恒久的な通貨の分岐が起きることになります。

ビットコインはもともと参加者全員が管理できるように設計された仮想通貨ですので、今までのルールを変更するハードウォークのような中央集権的な技術改善では、仮想通貨の良さがなくなるという声も上がっています。

ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴

 
ビットコインとビットコインキャッシュの違い
ビットコイン ビットコインキャッシュ
総発行枚数 2100万枚 2100万枚
ブロック生成時間 10分 10分
ブロックの容量 1MB 8MB
ブロック生成時間 10分 10分
ブロック処理能力 毎秒3~5取引 毎秒20~90取引
セキュリティ リプレイアタック未対応 リプレイアタック対応

ビットコインキャッシュはハードフォークすることで従来のビットコインとは異なる特徴をもつようになりました。その結果、ビットコインのスケ―ラビティ問題は見事に解決しており、ビットコインに代わる仮想通貨になることも期待されているようです。

しかしその一方でマイナー(採掘者)の存在が大きくなり、中央集権的な通貨になりやすくなったことは否定できない事実です。

ビットコインと異なる特徴はなんなのか考えてみたいと思います。

ビットコインの8倍のブロックサイズ

ビットコインキャッシュのブロックサイズは8MBになっており、保存できる取引情報が多くなっています。

従来のビットコインが1MBであったことを考えると、スケ―ラビティ問題であった送金詰まりを解消するのには十分なブロックサイズといえます。しかし現状のビットコインキャッシュは取引量自体がビットコインに及ばないので、保存容量が1MB程度で済んでおりブロックサイズを増大させたことは完全には生かされていません。

2018年5月に新たなハードフォークが予定されておりブロックサイズが32MBになることやアフリカ市場への進出が計画されていることから、今後は取引量がさらにあがることが予想されています。

送金スピードが速い

ビットコインのフォークの要因となった送金詰まりは、ブロックサイズと実際の取引量がアンバランスなため起こっていた問題でした。しかしビットコインキャッシュでは一つのブロックのサイズが8MBに拡大されたことにより、保存される取引情報が増え毎秒20~90取引の処理が可能になりました。

そのためビットコインの時のようなスケ―ラビティ問題も緩和され、送金スピードも速くなったという声が多いです。

しかし一部では不満も上がっており、取引量が増えるにつれて送金スピードの改善が見込まれています。2018年度のハードフォークによりブロックサイズが32MBと大幅に増大される予定なのもそれが理由でしょう。

リプレイアタック対応

ビットコインキャッシュではリプレイアタックが起こらないように設計されています。

リプレイアタックとはブロックチェーンの分岐により引き起こされる悪意による二重送金被害です。

分岐前の仮想通貨Aを送金するときの取引データを第三者の悪意によりコピーされ、分岐後の仮想通貨Bのブロックチェーンに保存されてしまうことで資金の流出がおきることをいいます。例えばビットコインを送金した時に、第三者により同額のビットコインキャッシュが送金されているということがおきます。

ビットコインキャッシュでは特有な署名なしでは取引とは認められないような仕組にしているので、署名のない第三者の送金は認められないようになっています。

このように署名なしの送金をプロックすることでリプレイアタックを防いでいます。

マイニングの難易度調整

難易度調整とはマイニングの計算難易度の調整することです。ビットコインやビットコインキャッシュはマイニングによってブロックが生成され、取引が記録されていきます。

その計算難易度はブロックが生成されるたびに自動的に上がっていき、マイナーが増えても容易に解かれることのないように調整されています。

しかしこの難易度調整は取引量が多くなればなるほどマイナーの負担が大きくなりブロック生成時間が長くなります。そのためユーザー1人1人の取引が円滑に進まなくなり、送金詰まりというスケ―ラビティ問題を発生させることになりました。

ビットコインキャッシュではこの点を改善するために、従来の2週間に1度の難易度調整を10分に一度という高頻度に設定しなおしています。

2018年にビットコインキャッシュの価格は上がるか?

 

ビットコインキャッシュは中央集権的な要素が大きくなったことで仮想通貨としての信頼が揺らぎ、当初は30万円前後あった価格が半分程度になってしまいました。

しかし難易度調整が10分に1度という高頻度になったことからマイナーの負担が減り、ユーザーの取引手数料も低下することが予想されており、取引の活発化が見込まれています。

さらに将来的にはアフリカ市場への進出を目指しており、2018年5月には新たなハードフォークも行う予定であり管理者側も取引量が増大することを示唆しています。

※ 今回のハードフォークは仮想通貨の分岐ではなく、通貨のアップデートとしての形で無事に行われました。

下落当初の7万円前後から半分程度まで持ち直した事をみても、ビットコインキャッシュの価格が今後もさらに上昇する可能性は十分にあるでしょう。

2018年にビットコインキャッシュの価格が上がると言われている理由

 

一時は通貨としての価値が下落したビットコインキャッシュですが、積極的なハードフォークと魅力的な経済市場への進出で再び注目を集めてきています。

現在、仮想通貨投資家の間でビットコインキャッシュへの期待が高まっているのは、どのような理由からでしょうか。

2018年のビットコインキャッシュの将来性を考えてみます。

ビットコインの送金詰まり

ビットコインキャッシュはブロックサイズを増大する事と難易度調整の頻度をあげることで、ビットコインの送金詰まりを解消しています。ブロックサイズは8MBとなり取引できる量が劇的にあがったことにより効率化が図られました。

新たなハードフォークにより32MBに増大したので今後はさらに1秒に処理できる取引の数は増えるとみられています。

難易度を10分に1度にしたことでマイニングの難易度が一定に保たれ、マイナーがブロックを生成することが容易になりました。

ビットコインのようにマイニングの遅れで送金詰まりが発生することがなくなり、流動性の高い通貨としての特徴を有したままで、手数料も安く抑えられることが期待されています。

ビットコインの手数料高騰

2018年現在ビットコインは世界最大の時価総額を誇っており、2016年ごろから取引量が増えたことに伴い取引情報も膨大になりました。

そのため1MBというブロックサイズでは全取引を管理するのが難しくなりかつ、難易度調整が2週間に1度であったために取引の遅延が目立つようになりました。

送金詰まりが多発すると取引完了待ちが多くなります。取引は手数料を多く払ったユーザーから順に完了していくので、取引手数料が増大していくスケ―ラビティ問題が発生します。

ビットコインキャッシュはブロックサイズの増大と難易度調整の見直しにより、送金詰まりを解消し手数料を安くすることができ、ユーザーとマイナー両方にメリットがあるシステムを提供しました。

coinbase(コインベース)への上場

アメリカサンフランシスコの大手仮想通貨ユニコーン企業であるコインベースが、運営する取引所であるGDAX(ジーダックス)で新たにビットコインキャッシュの取り扱いを始めました。

ユニコーン企業というのは上場せずに10億ドルをこえる企業であり投資家から、将来的に莫大な利益をあげるという期待をもたれているほど信頼性のある会社のことです。

1300万件以上の顧客をもち3800万件以上の個人ウォレットを所有していることから、その取引規模は世界最大級とされています。仮想通貨の取引所では参加する人数が多ければ多いほど活発化し、取引の安全も保たれるので、コインベースが新たに取り扱い通貨として決定したことは、ビットコインキャッシュの信頼性と将来性が認められたことになり、投資家の期待が高まっています。

ビットコインキャッシュを基軸通貨とする取引所の存在

2017年8月にハードフォークして誕生したビットコインキャッシュですが、現在その時価総額は世界第4位であり仮想通貨として見過ごせないほど成長しています。

そのためビットコインキャッシュを基軸通貨として扱う取引所も出てきており、イギリスのCoinEx・香港のOKEx・KuCoinなどが名乗りを上げています。

ビットコインキャッシュを基軸通貨として扱っている取引所が出てきた背景には、ビットコインより送金スピードが速い・送金手数料が安いなどの機能面での優位性に加え、発行数量がビットコインと同数の2100万であるという通貨としての安定性を認められた側面があります。そのため将来的にビットコインに代わるのではないかと噂されています。

Bitcoin Cash Tip Botの登場

ビットコインキャッシュを広めたいマイナー団体が、かんたんなテキストメッセージだけで送金することが可能になるツールを続々と発表しています。

これによりインターネットにつないでいるだけでビットコインキャッシュを認知させることができ、ビットコインキャッシュをより多くのひとに伝えることができます。

日本で一般的なtip botであるBitCoin Cash Tip Botは、Twitter上でビットコインキャッシュの送金をすることができるので、twitterアカウントさえ持っていれば簡単にビットコインキャッシュを普及することができるようになりました。

これにより今後はさらに認知が高まり価格が上昇することが期待されています。

今後の数年でビットコインキャッシュの価格はどれくらいまで上がるのか?

 

SNS上でも2018年のビットコインキャッシュは目が離せないといわれています。

ビットコインよりも送金スピードが高く手数料が安いこと、基軸通貨として取り扱う取引所が出てきたこと、大手の仮想通貨取引所を運営するコインベースが取扱通貨に採用したことなど好材料が投資家の期待を膨らませ、その期待値は日に日に高まっていることは疑いようのない事実です。

ビットコインウォレットサービスを提供するBitcoin.comのCEOロジャーバー氏も保有するビットコインをすべてビットコインキャッシュにするなど、影響力のある著名人も続々とビットコインキャッシュに乗り換えていることでさらに値上がりの予感を感じさせます。

ロジャーバーの実際のインタビュー動画



引用元: https://twitter.com/rogerkver

ビットコインキャッシュの今後に目が離せない

 

ビットコインのスケ―ラビティ問題を発端としてハードフォークされたビットコインキャッシュですが、マイナー主導による中央集権的な体制にすることでブロックサイズの増大と送金手数料の安さを実現させました。

これはビットコインよりも勝っている点であり、通貨の流動性という観点からみれば次世代仮想通貨としての基準はクリアしているとみられています。

その証拠にビットコインキャッシュを基軸通貨として扱う取引所が出てきており、著名な会社のCEOまでもが普及に乗り出しています。

BitCoin Tip Botの影響で熱烈な支持者によりTwitter上でもビットコインキャッシュを広めることができており、アメリカの大手仮想通貨取引所であるコインベースが取扱を開始したこと、アフリカ市場への進出など好材料がそろう2018年はビットコインキャッシュから目が離せません。

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。