仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2018 05 31 18.32.20

将来性から比較する有望仮想通貨一覧【2018年】

2017年に国内で大きな注目を集めた仮想通貨ですが今後の展望はどうなのでしょうか?去年までは仮想通貨といえばビットコイン!という感じでしたが、最近は多くのアルトコインにも注目が集まっています。そこで今回は有望な仮想通貨を一覧にして紹介していきたいと思います。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/08/25 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で1,000円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

仮想通貨とは

仮想通貨とは

仮想通貨とはブロックチェーン技術を使って改竄可能性が低く信頼性の高いデータに価値を持たせ、通貨のように流通できるようにしたものです。従来の中央集権を否定する非中央集権思想を推進する仮想通貨が多いです。 2018年になって仮想通貨は一般層にも聞き馴染みのあるものになってきました。

一昔前は怪しい詐欺のようなものだと思う人もいましたが、近年様々なニュースで紹介するにつれ世間にも浸透してきたのでは無いでしょうか。 今から仮想通貨を勉強してみたり購入したいという方もいらっしゃると思います。

しかし、いまさら人に聞くのも恥ずかしいという方や、どこから手をつけて良いのかわからないという方のために、それぞれの仮想通貨の将来性と問題点を解説致します。

【2018年】仮想通貨の問題点とは

仮想通貨の問題点2018年現在の仮想通貨の問題点は、主に以下の3つに集約されます。
  • 投機目的に使用されている
  • セキュリティ問題
  • スケーラビリティ問題

以上です。 ひとつずつ詳細を解説致します。

投機目的に使用されている

「仮想通貨は、ほとんど投機目的で実態が無い。ただのマネーゲームだ。」と批判する評論家もいます。 仮想通貨の元祖であるビットコイン(BTC)は、一番最初の価値は1BTC=1円未満でしたが、2017年末には1BTC=240万円を一時超えました。 その後、2018年には大暴落し100万円未満に下がってしまったり乱高下が激しいです。

しかし、新しい概念が日常に浸透する為にはこうした不安定な状態が続くのもある程度は仕方のないことなのかもしれません。

セキュリティ問題

2018年1月26日に発生したコインチェック社の巨額流出事件は記憶に新しいと思います。仮想通貨業界においてセキュリティ問題は非常に重要です。 仮想通貨を保管するウォレットにアクセスする為には「秘密鍵」と呼ばれるパスワードが必要です。

しかし、ひとたび「秘密鍵」が誰かに盗まれ閲覧されてしまった場合はウォレットに第三者がアクセスできることになりそのまま盗み出されてしまいます。

その為、「マルチシグ(複数の鍵をかけること)」や「コールドウォレット(インターネットに接続しない状態で管理する)」など様々なセキュリティ対策を取引所は行なっています。

スケーラビリティー問題

スケーラビリティ問題とは取引量が多くなりすぎるとデータの処理に時間がかかってしまい送金がなかなか完了しない状態が発生してしまうことです。

スケーラビリティ問題を解決するにはセグウィット(Segwit)という方法があります。 セグウィットはデータの容量を圧縮する為、ある程度取引量が多くなっても耐えられる設計になります。

もうひとつは「ライトニングネットワーク」という方法です。少額な取引はメインのブロックチェーン外で行い差分のみをブロックチェーンに記録することによりデータを節約することが可能です。

仮想通貨の将来性を判断するポイント

仮想通貨の将来性を判断 仮想通貨の将来性を判断する上で、主に4つのポイントについて解説致します。 4つのポイントは、
  • 仮想通貨ごとに目的が存在する
  • 仮想通貨のつくられた目標がしっかりしている
  • 信頼できる会社と提携している
  • 仮想通貨を作った人物が実績ある
以上になります。 ひとつずつ詳細を説明致します。

仮想通貨ごとに目的が存在する

仮想通貨のプロジェクトは、それぞれの仮想通貨ごとに目的が存在しています。 その目的が荒唐無稽なものでないかや理にかなっているかなど投資をする上では論理的に判断をする必要があります。

既に似たようなプロジェクトがある場合には著作権や特許などを侵害していないかなども考慮に入れる必要もあるでしょう。

仮想通貨の作られた目標がしっかりしている

仮想通貨のプロジェクトが、ただお金を集めるだけの手段では無く、詳細な目標が広くオープンに公開されていることは投資をする判断において重要です。

それぞれの目標に合理性があるかといった点は、真剣に仮想通貨のプロジェクトを成功させる意志があるという開発者達の考えを確認することができます。

信頼できる会社と提携している

仮想通貨は、基本的には株式のように既に信用があり会社の活動によって継続的に利益を得ている組織の裏付けが無く、新規のプロジェクトによって資金を集める手段として利用されることが多いため何を基準に信頼を担保して投資して良いのかの判断が難しい場合があります。

そう言った面において、既に信頼を獲得している会社と提携しているというのは、とても安心できる材料の1つだと言えるでしょう。

仮想通貨を作った人物が実績ある

各仮想通貨のプロジェクトには、必ず発起人となる人物や開発者が存在しています。 それらの人物の身元がしっかりしており、信用に足る人物であるかどうかというのは非常に重要なファクターです。

例えば、以前に何らかの仮想通貨のプロジェクトに参画しており、特にそのプロジェクトで問題などを起こしていなければ比較的信頼性は高いと言えるでしょう。

【2018年】将来性が高い仮想通貨ランキング

 

【第1位】リップル

リップルは国際間の送金をより手軽にすることを目的に作られた仮想通貨です。日本国内でも三菱UFJと提携しています。海外でもアメリカンエキスプレスやIBMなど大手の会社と提携してるので信頼性が高いと言えるでしょう。

2018年中に仮想通貨取引所であるCoinbase(コインベース)に上場する噂があり、5ドルから7ドルくらいまで価格が上昇するのではないかと予想されています。 また、世界最大のオークションサイトであるebayが2020年に決済方法にリップルを追加することを検討しているそうです。

さらに、Microsoft(マイクロソフト)のビルゲイツが創設したゲイツ財団のMojaioopにリップルの技術が提供されています。 その他にも、2016年にグーグルの子会社のグーグルベンチャーズがリップルに出資を行なっています。 これだけたくさんの材料があるリップルはかなり将来性に期待が持てると言えそうです。

【第2位】イーサリアム

イーサリアム(ETH)は、ブロックチェーン技術を利用してスマートコントラクトを実現するために開発された仮想通貨です。 スマートコントラクトとは第三者を介さずに信用を担保した契約が行えるシステムのことです。 重要な書類などもスマートコントラクトを利用すれば電子的に信頼性を保つことが可能です。

こうしたイーサリアム(ETH)の技術はDAppsゲームにも使用されています。 2016年7月15日には投資信託のETF上場申請が行われています。現在は申請は保留状態となっておりますが、申請が通れば世界中の機関投資家からの資金流入が予想されます。

人気のある仮想通貨の常としてスケーラビリティ問題が取りざたされますが、イーサリアム(ETH)はRaiden Networkの開発によりスケーラビリティ問題を解決しようとしています。イーサリアム(ETH)の将来性は明るいものとなりそうです。

【第3位】エイダコイン

ADA(エイダコイン)は、Cardano(カルダノ)と呼ばれるオープンソースプロジェクトである分散型プラットフォーム上での利用を想定した仮想通貨になります。 2017年1月にプレセール終了後、2017年10月からBittrexにて取り扱いが始まりました。発行上限枚数が450億ADAと非常に多いですが、プレセールでは人気を集めました。

理由としては開発にチャールズ・ホスキンソン氏が関わっていることが大きいです。チャールズ・ホスキンソン氏は、イーサリアム(ETH)やビットシェアーズ(BitShares)の開発にも関わっている為、仮想通貨界の大物と呼ばれています。開発はIOHKという企業が担っています。IOHKはイーサリアムクラシックの開発も行なっています。その為、値動きがイーサリアムクラシックと似る傾向があります。信頼性の高い企業が開発を行なっているので将来性も安泰といったところでしょうか。

【第4位】ビットコイン

もはや仮想通貨の代名詞とも言えるビットコイン(BTC)。 仮想通貨を詳しくなくてもビットコインくらいなら聞いたことがあるという人も多いでしょう。 そんなビットコインですが、2017年末の1BTC=240万円オーバーをピークに2018年初頭は70万円台になるなど大暴落しました。

「もうビットコインバブルは弾けた」という噂が流れた時期もありましたが、2018年5月現在は1BTC=100万円台と徐々に回復の兆しを見せてきています。 やはり仮想通貨の基軸通貨と言っても良いくらいの知名度の高さは健在です。 実際に日常生活で決済手段として使われる場合に知名度の高さは大事です。

その点ビットコインはビックカメラでも使用できるなど今後も使用できる場所は増えていくでしょう。 さらにビットコイン(BTC)の上限発行枚数は2100万枚と決められており全ての枚数が発行されるのは2140年の予定です。

以上のことからビットコインの将来性はまだまだ安泰ではないでしょうか。

【第5位】イオス

EOS(イオス)は、分散型アプリケーションに利用されることを目的とした仮想通貨になります。イーサリアム(ETH)と似ていますが、その性能はイーサリアムの上位互換と言っても差し支えないほどです。 まず、トランザクション処理性能ですが、1秒間に数百万トランザクションを処理できるとのこと。

イーサリアムのトランザクション性能が1秒間に30トランザクションですから、これはとてつもない性能です。さらにトランザクションにかかる手数料は一切かからないです。

イーサリアム(ETH)を利用した分散型アプリケーションゲームでは無料アイテムを配布する時でも最低限トランザクション手数料を支払わなければならないですが、これが無料になるというのは素晴らしいです。 開発はBlock.one社が行なっており、プログラマーは「Bitshares」や「STEEM」を開発したダンラリマー氏であり今後にも期待が持てます。

【第6位】ステラ

Stellar(ステラ)は、銀行の決済システムの利用を想定した仮想通貨です。 似たような送金システムは「リップル」も目指していますが、「リップル」が企業間決済に特化しているのに対してStellar(ステラ)は個人間決済を目的としています。 実はリップルの開発者がStellar(ステラ)の開発もしています

両通貨の違いは、取引承認システムに現れており、リップルは「xrp ledger」という取引承認システムを使用しています。 それに対しStellar(ステラ)は「SCP」という取引承認システムを採用しております。 Stellar(ステラ)の特徴は、送金処理がとても早いというところです。 約2秒から5秒で送金が完了してしまいます。

ビットコインは約10分程かかりますのでその差は歴然です。 海外の大手コンサル会社デロイトとも提携しており将来性にも見込みがあります。

【第7位】ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュは2018年の5月と11月にハードフォークを予定しています。 5月15日のハードフォークでは、ビットコインキャッシュのブロックサイズが8MBから4倍に増やして32MBに引き上げることになります。 また、イーサリアム(ETH)のように「スマートコントラクト」実装するかもしれないという噂もあります。

ビットコインキャッシュの将来性を期待する材料として、大手マイナーの「ViaBTC」が2017年12月にイギリスに「CoinEX」というビットコインキャッシュ基軸の取引所を開設しました。 さらには、中国の大手取引所「OKEX」でも、ビットコインキャッシュ基軸の売買板の追加を発表しています。

2018年1月にはアメリカ最大手の仮想通貨取引所「Coinbase」に、ビットコインキャッシュが上場しています。 ビットコインよりも送金が詰まりにくいビットコインキャッシュは、ビットコインに代わる基軸通貨としての期待が高まっています。

【第8位】ライトコイン

ライトコインは高騰してしまったビットコインの補助的な役割を目指した仮想通貨です。2011年の10月7日に公開されました。 ビットコインを金貨と例えるなら、ライトコインは銀貨に例えられます。 ビットコインはブロックの生成に約10分程度かかりますが、ライトコインは約2分半で完了します。

また、ライトコインはSegwit(セグウィット)を導入しており、スケーラビリティ問題にも対応しています。 さらには、ライトニングネットワークによりアトミックスワップや少額決済の手数料軽減効果などが期待できます。 2017年の12月には、大手ゲーム配信サービスである「steam」の決済手段の1つにも採用され一時高騰致しました。

ライトコインの将来性はビットコイン次第という部分ありますが、ビットコインは現在でも基軸通貨として君臨しておりますのでライトコインの将来性も問題ないと思われます。

【第9位】ネム

ネム(NEM/XEM)は 「New Economy Movement」の略称であり、直訳すると「新しい経済活動」というプロジェクト名になります。ネムの仮想通貨を指す場合はXEMと記載されます。 2018年のコインチェック騒動で仮想通貨に興味の無い一般層にも一躍有名になりました。

芸人のたむらけんじさんや、かまいたちの山内さんもコインチェック騒動以前からネムを購入していることを公言なされています。 特にかまいたち山内さんはネムを取り扱っている仮想通貨取引所ZAIFのCM動画にも登場されています。

今後はテックビューロ社のプライベートブロックチェーン技術「mijin」のアップデートコードネーム「カタパルト」のノウハウ導入によりトランザクションが高速化され、スケーラビリティ問題の解決に動いていますので、将来性も十分です。

仮想通貨の将来性まとめ

まとめ

以上で、仮想通貨の問題点と将来性を解説して参りましたが、いかがだったでしょうか? ひとくちに仮想通貨といっても様々な種類が存在し、それぞれにプロジェクトや開発者の想いが詰まっています

投資は利益をあげるのが目的ですが、それぞれの仮想通貨のプロジェクトを応援するといった気持ちを持つと、また違った見え方ができるのではないでしょうか?

まだ仮想通貨を購入したことが無い方は、仮想通貨ってなんだかよくわからなかったり、怖いといったイメージがあった方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、今回の記事を御覧になって少しでもそういった不安や心配点が払拭されていたなら幸いです。

今後も仮想通貨に関する情報をたくさん発信していきますので、チェックして頂けましたら嬉しいです。

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。