仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

4xft5jte 400x400

コインチェック(Coincheck)の手数料一覧!スプレッド/取引手数料/送金手数料/入出金手数料

コインチェックは、国内の主要取引所の中でも取扱い通貨の種類が非常に多く、人気のある仮想通貨取引所です。取り扱い通貨の多さに加えて、Webサイトや提供されているスマホアプリのデザインが優れており、ユーザーが使いやすいというメリットがあります。今回はコインチェックの手数料についてまとめました。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/02/22 現在
Ranking 1st BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!
Ranking 2nd Fisco
JASDAQに上場しているフィスコのグループ企業。※2018年11月時点で業務改善命令を受けていない唯一の取引所です。

コインチェック(Coincheck)とは?

コインチェックトップ画面

引用元: Coincheck

コインチェックってNEMが盗まれたりしてる取引所だけど大丈夫ですか?

金融系のマネックスグループが4月6日にコインチェックを買収し、さらには金融庁の仮想通貨交換業の登録審査を容認することが発表されたよ。今後はセキュリティー面も強化されていくようだね!

それなら今後、コインチェックで取引していきたいですね。取引のときに発生する手数料って他の取引所と比べてどうなのでしょうか?

本記事ではコインチェックの手数料が他社と比べて高いのか安いのかを説明していきます。その前にコインチェックについて紹介します。

コインチェックは、国内の主要取引所の中でも取扱い通貨の種類が非常に多く、人気のある仮想通貨取引所です。

取り扱い通貨の多さに加えて、Webサイトや提供されているスマホアプリのデザインが優れており、初心者でも取引がしやすい仮想通貨取引所です。

2017年には、年間ビットコイン(BTC)現物取引高第一位に輝いた実績もあります(国内の取引所が対象、Bitcoin日本語情報サイト調べ)。


しかし、2018年1月下旬にハッキング被害に遭って約580億円分の仮想通貨ネム(NEM)が流出、取引所への信頼が揺らいでいます。

現在は、東証一部上場企業である「マネックスグループ株式会社」の完全子会社となり、経営体制を刷新して信頼回復に努めています。


まだ口座開設をしていない方はこちら

コインチェック(Coincheck)の基本情報

相場をチェックする男性
コインチェック(Coincheck)の概要
会社枚名 コインチェック株式会社
CEO(社長) 和田晃一良
設立日 2012年8月28日
公式サイト http://corporate.coincheck.com/
資本金 9,200万円

コインチェックは2014年8月にサービスを開始した仮想通貨取引所です。

サービス開始当初の運営企業名は「レジュプレス株式会社」で別事業も行っていましたが、2017年に「コインチェック株式会社」に社名変更しています。

2018年4月16日現在の取扱い通貨は13種類ですが、マネックスグループの松本大社長は4月15日の日本経済新聞のインタビューで匿名性の高い仮想通貨(Zcash、Monero、DASH)の取扱いをやめる方針だと語っています。

また、公式HPにも記載があるように、トレード画面やスマホアプリの使いやすさを重視しており、初心者でも取引がしやすい取引所だと言えます。

コインチェックの詳細情報はこちら

コインチェック(Coincheck)の手数料一覧

ビットコインたち

仮想通貨取引をする上で気になるのが取引の際にかかる手数料ですが、コインチェックの手数料には次のようなパターンがあります。


・取引手数料
・レバレッジ手数料
・入金手数料(円、ドル)
・出金手数料(円、ドル)
・仮想通貨送金手数料(仮想通貨)



それでは、各手数料について詳しく見ていきましょう。また他の取引所と比べて高いのか安いか説明していきます。

Coincheckの取扱通貨・手数料

取引手数料

取引手数料
Taker手数料 Maker手数料 売買手数料
取引所 0% 0%
販売所 無料

仮想通貨取引には「販売所形式」「取引所形式」という2つの形態があります。

「販売所形式」ではコインチェック(取引所)と利用者が仮想通貨を売買する一方で、「取引所形式」では利用者の注文が行き交う「板」を見て、「taker」「maker」と呼ばれる注文方法を使い分けながら、利用者同士が仮想通貨を売買します。

「taker手数料」とは自分で価格を指定せず、既に板上にある注文を選んで約定(売買成立)した時にかかる手数料のことである一方、「maker手数料」とは自ら価格と数量を指定して板上に注文を作成し、約定した時に生じる手数料のことを指します。

現在、国内の仮想通貨取引所のほとんどが取引手数料は無料となっています。

レバレッジ手数料

レバレッジ手数料
取引所名 ビットコイン アルトコイン
Coincheck ショート:0.05/日
ロング:0.04/日
bitFlyer 無料
Zaif
GMOコイン 0.005/日

「レバレッジ取引」とは、自己資本よりも大きな金額を使って取引を行うことです(レバレッジは「テコの原理」と訳されます)。

レバレッジ取引では、取引所の口座に証拠金(保証金のようなもの)を預ることで、証拠金のレバレッジ倍分を上限とした取引が出来るようになります(例:レバレッジ5倍で証拠金10万円の場合、最大50万円分の取引が可能)。

ただし、自己資本を超えた額を扱うので、その分現物取引よりもリスクが大きい点は注意が必要です(マイナスになる恐れあり)。


取引手数料は通常の取引と同じですが、約定したときには手数料がかかります。ロングポジションの場合は0.04%/日、ショートポジションは0.05%となっています。

約定から24時間ごとにかかるので注意してください。

コインチェックのレバレッジ取引についてはこちら

日本円入出金手数料

日本円入出金手数料
取引所名 入金手数料 出金手数料
Coincheck 銀行振込:お客様負担 3万円未満:756円
3~50万円:1000円
50万円以上:入金金額✕0.108%+486円
bitFlyer クイック入金:324 円
銀行振込:各金融機関所定額
【三井住友銀行 から出金】
3万円未満:216 円
3万円以上:432 円
【他の銀行から出金】
3万円未満:540円
3万円以上:756円
Zaif 銀行振込:お客様負担 50万円未満:350円
50万円以上:756円
BITPoint 即時入金サービス:無料
銀行振込:お客様負担
銀行振込:324円
GMOコイン 即時入金サービス:無料
銀行振込:お客様負担
銀行振込:無料

コインチェックには、いくつかの入金方法があります。

「クイック入金」とは、24時間365日いつでもコインチェック内の口座に入金できる便利なサービスで、金融機関の営業時間外であってもPay-easy(ペイジー)支払いに対応している金融機関の口座から入金することができます。

「コンビニ入金」もクイック入金と同様、24時間いつでもコンビニから入金できるサービスです。

なお、クイック入金もコンビニ入金も、SMS認証と本人確認が必要で、入金する金額によって手数料が変わるので注意が必要です。

またクレジットカードで通貨を買う方には注意が必要です。通常購入よりも高く手数料が発生します。

出金手数料は他社と比べて高めに設定されています。

注意点ですが、コインチェックから仮想通貨を出金するたびに手数料がかかるので、まとめて行わないと大きな損をします。

コインチェックのクレジットカード購入についてはこちら

仮想通貨送金手数料

  
仮想通貨送金手数料
取引所名 ビットコイン(BTC) イーサリアム(ETH)ビットコインキャッシュ(BTH)
Coincheck 0.001BTC〜 0.01ETH 0.001BCH
bitFlyer 0.0004BTC 0.005ETH 0.0002BCH
Zaif 0.0001BTC〜 0.01ETH〜 0.001BCH
GMOコイン 無料 無料 無料

コインチェック内の口座から他の取引所の口座やウォレットに送金する際にも手数料がかかりますが、仮想通貨の種類ごとに手数料が異なります

上の表は国内大手の取引所の比較の表です。取引所ごとに取扱通貨が違いますので、主な3つの通貨での比較をしています。

Zaifがビットコインでの送金手数料が安いので、ビットコイン取引をメインにするには適しています。またGMOコインは無料となっていますが、受取の際に手数料が発生しますので注意してください。

コインチェックの仮想通貨送金手数料は、他社と比べて高くもなく安くもなく普通でしょう。

仮想通貨送金手数料無料のGMOコインの詳細はこちら

他にも何かあるのかな?

コインチェックは頻繁にトレードするには向いていない取引所

金

取扱通貨が多いのはメリット

ここまでコインチェックの手数料について詳しく見てきました。他社と比べると同等か少し高いことがお分かりいただけたでしょうか?

コインチェックが手数料が高いと言われる大きな原因は、「スプレッド」が大きいことです。

「スプレッド」とは同時刻における「買値」と「売値」の価格差のことで、一般的には買値の方が売値よりも高く、スプレッドが広いと購入時点で大きな含み損を抱えてしまうことになるため、隠れた取引手数料と言われています。

コインチェックではビットコイン以外のアルトコインは、スプレッドが広い「販売所形式」での取引となるため、短期売買には向いていません(ビットコインのみ利用者同士の売買が可能で、比較的狭いスプレッドとなっています)。

そのため、コインチェックで仮想通貨を売買する場合は頻繁にトレードするのは避けた方が良いでしょう。

コインチェック(Coincheck)の手数料を節約する方法

札束を数える人

手数料が比較的高い(スプレッドが広い)とはいえ、コインチェックが操作性やデザインの面で使いやすい取引所であることには変わりありません。

特に、仮想通貨取引の初心者にとってはこのメリットは有難いものです。

そこで、コインチェックをお得に利用するために手数料を節約する方法をまとめました。

取引の際には以下の3点に注意してみてください。


・ビットコインはスマホアプリで取引しない
・アルトコインの取引頻度を少なくする
・出金や送金の頻度を少なくする


これらの点に注意すれば手数料を抑えることが出来ます。

ビットコインはスマホアプリで取引しない

コインチェックのスマホアプリは見やすく使いやすいですが、大きな落とし穴があります。

コインチェックでビットコインを取引する場合は、利用者同士が取引をする「取引所形式」とコインチェックと利用者が取引をする「販売所形式」の2通りの形態がありますが、一般的に「取引所形式」はスプレッドの狭いのに対して、「販売所形式」はスプレッドが広くなってしまいます。

実は、スマホアプリは「販売所形式」での取引のみに対応しているため、ビットコイン売買をしてしまうと割高になってしまう可能性が高いのです(アルトコインは「販売所形式」だけなのでスマホアプリでも問題ありません)。


ビットコイン売買をする際は「取引所形式」で行うように気をつけましょう。

アルトコインの取引頻度を少なくする

上でも説明した通り、コインチェックではすべてのアルトコイン取引でスプレッドが広い「販売所形式」が採用されており、多くの手数料を払ってコインチェックと直接取引をすることになってしまいます。

とはいえ、国内でコインチェックでしか取り扱っていないアルトコインもあるため、仮想通貨を売買する際はなるべく取引を一度にまとめて行うと手数料の節約になります(手数料はスプレッドという形で発生すると見なしています)。

アルトコインの取引は計画的に行うようにしましょう。

出金や送金の頻度を少なくする

最後の節約方法は、仮想通貨の出金や送金頻度を少なくすることです。

コインチェック内の口座への仮想通貨の入金は無料ですが、コインチェック内の口座からの出金・送金にはすべての仮想通貨で手数料がかかってしまいます。

したがって、上の「アルトコインの取引頻度を少なくする」と同様、出金や送金もなるべく一度にまとめておこなうようにしましょう。


以上のことから、コインチェックでの取引はある程度計画的に行う必要がありそうです。

コインチェック(Coincheck)は中長期保有向けの取引所

笑顔でスマホを見る女性

本記事でコインチェックのメリットやデメリットなどを、手数料を中心に紹介してきました。

スプレッドが広く、現状では「みなし業者」でありハッキング被害に遭ってしまった取引所ではありますが、今後、経営体制やセキュリティの強化を行い、仮想通貨交換業者として正式に登録されることで、取引所としての安全性と信頼を取り戻していくことが期待されます。また2018年4月5日には金融庁が容認し、登録審査を再開することが発表されています。

そして、Webサイトやスマホアプリの見やすさと使いやすさ、取り扱い仮想通貨の種類の多さを考えると、利用する価値が十分にある取引所であるため、コインチェックは仮想通貨のチャートなど取引画面を見慣れていない初心者にとっては分かりやすく使いやすい取引所であると言えるでしょう。

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。