仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

Hello   14

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)の取り扱い通貨・銘柄まとめ

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)は、2014年にシンガポールで始まった会社のQUOINEが運営している仮想通貨取引所です。 2017年に本社を日本の千代田区に移転し、海外にも2ヶ所支社があります。 今回はLiquid by Quoine(リキッドバイコイン)の取り扱い通貨・銘柄をまとめました。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/08/25 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で1,000円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

QUOINEX(コインエクスチェンジ)とは?

quoinex※2018年9月6日に仮想通貨取引所のQUOINEX(コインエクスチェンジ)は、名称を「Liquid by Quoine」(リキッドバイコイン)に変更しました。
QUOINE(コイン)株式会社による新仮想通貨取引所サービス「Liquid by Quoine」(リキッド)の提供開始

QUOINEX(コインエクスチェンジ)は、2014年にシンガポールで始まった会社のQUOINEが運営している仮想通貨取引所です。

2017年に本社を日本の千代田区に移転し、現在は日本・シンガポール・ベトナムの3ヵ所にオフィスがあり、アジアでビジネスを展開している会社です。 

QUOINEXをどう読めば良いのかわからないという方も多く、日本語では「コインエクスチェンジ」と読みます。別の取引所で「coinnexchange」が存在し、【コインエクスチェンジ】と検索するとcoinnexchangeのほうが多くヒットします。間違えないように注意してください。

シンガポールにオフィスがあったことから、多くの国の通貨を取り入れ、円・ドル・ユーロなど全10種の法定通貨で取引可能でグローバルな点が国内の取引所に無い魅力で、アジア最大級の取引所となっています。

基本情報は以下のテーブル表の通りです。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の基本情報
運営会社 QUOINE株式会社
会社所在地 東京都千代田区平河町2-7-3(シンガポールとベトナムにも会社がある)
資本金 約20億円(資本準備金込)
設立 2014年

QUOINEX(コインエクスチェンジ)のアカウント作成から口座開設方法

QUOINEXの取扱通貨

仮想通貨
通貨名 略称 時価総額ランキング 入金手数料 送金手数料 通貨の詳細
ビットコイン BTC 1位 無料 500円 ビットコインの特徴・詳細
ビットコインキャッシュ BCH 4位 無料 500円 ビットコインキャッシュの特徴・詳細
イーサリアム ETH 2位 無料 500円 イーサリアムの特徴・詳細
リップル XRP 3位 無料 500円 リップルの特徴・詳細
キャッシュ QASH 70位 無料 500円 キャッシュの特徴・詳細

QUOINEXの取り扱い通貨は、表のように全5種類です。

すべての通貨で現物取引とレバレッジ取引が可能です。

現物取引とは、ビットコインそのものを日本円や米ドルで売買できるということです。そのコインの所有者になることで、売買を自由に行うことができます。価値がなくなったとしても、購入した金額以上の損失はありません。

それに対してレバレッジ取引とは25倍や15倍のレバレッジを掛けて、小さな資金で大きな金額を取引できることです。資金の効率の高さが現物取引とは違います。レバレッジとは日本語に訳すと「てこの原理」となるように、まさにレバレッジ取引は同じ原理です。

また、レバレッジ取引は価格が下がると思ったら売って、安くなった価格で買うことができる「空売り」が可能です。しかし予想が外れると大きな損をします。

レバレッジ取引は、資金効率が良い反面、リスクが大きいことがデメリットです。QUOINEXでは個人アカウントでは最大25倍のレバレッジを掛けることができます。

取引の仕方は、自分の資金にを考えて行う必要があります。注意して取引しましょう。


QUOINEXで取り扱っている通貨の詳細情報に関しては、上の表の一番右の列にリンクを設置しているので、ぜひご覧ください。

ビットコイン(BTC)

ビットコインキャッシュ(BCH)

イーサリアム(ETH)

リップル(XRP)

キャッシュ(QASH)

法定通貨に幅広く対応

国旗

冒頭にも書きましたが、QUOINEXの2017年以前の本社がシンガポールにあったため、多くの地域の通貨で取引が可能です。

そして下のテーブル表を見ると、アジアの通貨が多く使えることが分かります。このことからもQUOINEXはアジアでも最大の仮想通貨取引所の一つと言えるでしょう。

通貨名 通貨コード 出金手数料
日本円 JPY 500JPY
米ドル USD 5USD
ユーロ EUR 5EUR
豪ドル AUD 5AUD
シンガポールドル SGD 5SGD
香港ドル HKD 40HKD
人民元 CNY 5CNY
ルピア IDR 25000IDR
ペソ PHP 225PHP
ルピー INR 325INR

多くの国の通貨が使えるということがわかったと思いますが、日本国内に在住の方は日本円しか使えません。

個人情報登録の際に、日本国在住と登録すると日本円しか使えないことを知っておきましょう。

手数料についてもっと詳しく解説

QUOINEXの機能

QUOINEXの機能一覧
機能 内容
マーケット 各通貨のマーケットの確認が可能
シンプル取引 表示内容や取引が簡単に行える取引機能
アドバンス取引 カスタマイズ性に優れた取引機能
保有仮想通貨一覧 自らが保有している通貨の確認ができる
入金 各通貨の入金ができる
出金 各通貨の出金ができる
取引レポート 取引履歴のダウンロードが行える
アフィリエイトプログラム アフィリエイトプログラムのURLコピーができる
アプリケーション ポップアウトやレポートの自動送信の設定ができる
2段階認証 2段階認証の設定が可能
APIアクセス APIキーの発行ができる

こちらの表のように様々な機能が備わっており、ユーザーが安心して利用できるようになっています。

機能についての詳細情報は、下のリンクからお進みください。

取引する上で役立つ情報を盛り込んでいます。

QUOINEXの機能に関しての詳細はこちら!

QUOINEXのメリット

メリット

国内最大のレバレッジ

QUOINEXはレバレッジ取引を行えます。現物取引よりも資金効率がいいですが、その分リスクが大きいということは先程説明しましたね。

FX取引が盛んであるビットフライヤーのレバレッジは15倍ですが、QUOINEXは最大25倍(法人アカウントは最大50倍)と国内では最大のレバレッジとなっています。

国内でレバレッジ取引をするならQUOINEXをおすすめします。

ただし、レバレッジ取引はハイリスク・ハイリターンな取引なので、やる際には計画的に資金繰りをしましょう!

スプレッドが低い

スプレッドとは、投資する人と取引所が取引するときに、提示される売値と買値の差額のことです。

ビットコインを100万円で買ったとしても、売るときには100万円では売ることができません。なぜなら取引所が手数料を取っているからです。

一般的に、売値は買値よりも低くなります。この差額が手数料です。

QUOINEXは、各通貨のスプレッドが低く設定されています。国内では、ビットフライヤー、ビットバンクに次ぐ3番目です。

セキュリティ

QUOINEXは2017年9月に金融庁から第一陣として、仮想通貨交換業者登録を済ませています。ちなみにネムが盗まれて大きな事件になったコインチェックはみなし業者でした。

コインチェックの事件が起きる前からすでに金融庁から認められていることからも高いセキュリティがあることが分かります。

また、ハッキングの可能性が少ないコールドウォレット、マルチシグへの対応をし、さらなるセキュリティ対策を講じています。

20億という資本金もビットフライヤーとビットポイントに次ぐ規模なので、強化する資金的な余力もあります。

スマホアプリがある

Google Play で手に入れよう

QUOINEXのデメリット

・デメリット

サポート対応が遅い

どの取引所も本人確認をしないと取引が行えないので、取引所を選ぶ上で口座開設から取引開始までの速さを選ぶ人は多いと思います。

気になるQUOINEXは、本人確認書類の郵送までが遅く、サポート体制に不安があるようです。

郵送されるのを待っていたら、通貨が高騰したなんてこともあるかもしれません。

QUOINEXの口コミ

QUOINEXも印象良い。
でも、画面が少し見づらい。
出来高も少ない。
出金に半日~1日かかる。

取引所界隈を冷静に見ると、仮想通貨市場はまだまだ発展途上段階に思う。
つまり天井じゃない。

天井は、取引所の内容が証券・FX会社並みに整った時。
(の後ちょっとしてから。)

引用元:Twitter

“Quoinexは分散型取引所を含む20以上の世界各地の取引所と繋がっている” →そして、その繋がりにQASHが利用される →QASHが手数料収入を生み出す →DCF法やPER(収益率)で計算すれば  QASHの将来価値が上がるのが見えてきますね

引用元:Twitter

いまクイック入金。しかしQUOINEXのクイック入金遅いよなあ。遅いクイックとはなんなのかそろそろ人類は考える時期に来ている。

引用元:Twitter

quoinexのサポートに問い合わせて2週間たつけど何も連絡ないまじでクソサポートの取引所じゃねーか。クソ企業に個人情報渡してしまった。。。まじふぁっきゅー

引用元:Twitter

QUOINEXの取り扱い通貨を総括

仮想通貨

いかがだったでしょうか?

QUOINEXは、アジア最大級の仮想通貨取引所の1つであるため、多くの国の通貨で取引ができます。日本国内の方は、日本円でしか取引できないことに注意をしてください。

レバレッジ取引が国内最大の25倍であり、資金効率が高いです。しかし、レバレッジ取引はリスクが大きいため、注意してください。

様々な取引所の中にQUOINEXがありますが、自分にあった取引所を見つけてくださいね。

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。