仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

Cc176164632 tp v

ビットコインFX(仮想通貨FX)とは?利用できる仮想通貨取引所・業者比較

ビットコインを利用した投機で「億り人」が誕生していますが、ビットコインFXはそんな「億り人」への近道かもしれません。ハイリスクではあるものの、ハイリターンで、大きな利益を得ることが可能です。今回はビットコインFXについてまとめています。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2018/07/19 現在
Gmo
Ranking 1st GMOコイン
スマホアプリで簡単にビットコインFX取引が可能。下落相場でも高い利益率を出せる可能性があるGMOグループの取引所。
Bitbank
Ranking 2nd bitbank
bitbank(ビットバンク)なら、アルトコインの通貨を1円未満の単位からお試しで購入することもできます。全ペア取引手数料“ゼロ”キャンペーン実施中です。
Dmm
Ranking 3rd DMM Bitcoin
仮想通貨が初めてでも分かりやすいチャートを提供している取引所。BTC・ETHの現物取引、5種類以上のアルトコインのレバレッジ取引も可能。

ビットコインFXとは?仕組みを解説

ビットコインFX

ビットコインFXとは外国為替証拠金取引(Foreign Exchange)のビットコイン版と考えるとわかりやすいです。FXとは、異なる通貨を売り買いし利益を得ることができるサービスです。日本の通貨は日本円が使用されていますが、海外ではアメリカドルであったり、ヨーロッパのユーロなど世界各国に様々な通貨が存在します。

そして、通貨はそれぞれ価値が異なる為、日々売り買いがなされ 価格が変動しています。例えば、アメリカドルと日本円の取引で1ドル80円の時に日本円を購入し、1ドル100円になった際に売却を行えば差し引き20円の利益を得たことになります。

そして、FX取引では現物の通貨を担保に一時的に貸し借りを行うことでその差益分で取引を行うという考え方によって売り買いが成り立っています。ビットコインFXに対して、通常のビットコイン取引は「現物取引」と呼ばれます。


ビットコインの現物取引においては、自身の予算の範囲内でしかビットコインを購入できませんが、ビットコインFXでは購入したビットコインを担保にさらに数倍から数十倍のビットコインを一時的に借りることで、より高額の取引が可能になります。その為、資金の少ない個人投資家にもビットコインFXは大変人気があります。

ビットコインFXは儲かるのか?そのメリットとは?

メリット

ビットコインFXではレバレッジと呼ばれるシステムがあります。レバレッジとは購入したビットコインを担保に数倍から数十倍のビットコインを顧客に貸し付けることによって少ない予算でより大きな額の取引を行えるようになります。

ビットコインの価格は、仮想通貨の中でも一番高額ですので通常の現物取引では一度に購入できる枚数も少なくなります。しかし、ビットコインFXでレバレッジを効かせることによって利益が出たときに儲けが大きくなるメリットがあります。

BTC(ビットコイン)の価格が下がっている時でも儲けられる!?

ビットコインFX

ビットコインFXならではのテクニックとして、「空売り」と呼ばれる手法があります。一定額のビットコインを一時的に借り受け、一定期間経過後に返却した際に相場が下がっていれば返却時の費用が安くなる為、下げ相場でも利益を得る事が可能になります。

ビットコインの取引で利益を上げるには安く購入し高く売却するという性質上、上昇相場で無ければなりませんが、「空売り」を使えば相場が下がってしまっている局面でも自身の資産を増やしていくことができます。

実際に手元に現物があるわけでは無いので最初は空売りに違和感があるかも知れませんが、試しに空売りに挑戦してみることで理解を深めることができると思います。

その点においてビットコインFXはとても便利なサービスです。空売りにはレバレッジによって業者に証拠金を一定額預ける必要があります。

レバレッジ取引も取り扱っている取引所が多い!

レバレッジ

日本国内にはビットコインFXのレバレッジ取引が行える業者がたくさんあります。

各取引所の最大レバレッジ倍率は、lightening FXは15倍、GMOコインは25倍、QUOINEXは個人アカウントが25倍法人アカウントで50倍、BITPointは25倍、DMM Bitcoinは5倍、みんなのBitCoinは25倍、Zaifは信用取引で7.77倍AirFXで25倍、bitbank Tradeは20倍です。

高い倍率でレバレッジ取引をしたい場合は、GMOコイン、QUOINEX、BITPoint、みんなのBitCoin、Zaifがオススメです。

ビットコインFXのメリットまとめ

  • レバレッジを掛けられるため少ない金額で大きな儲けが期待できる!
  • ビットコインFXでは売りと買いの順序を入れ替えることができるから、BTCの価格が下がっているときでも利益が出せる!

ビットコインFXのリスク・デメリットとは?

メリット・デメリット

ビットコインFXではレバレッジを掛けて通常よりも最大数十倍儲けられることもありますが、レバレッジを掛けられるということはその分値下がりした場合の損失も数十倍に膨れ上がってしまう可能性があります。

これはビットコインFXのリスクでありデメリットであると言えるでしょう。ビットコインFXにおいてレバレッジを掛けるにはレバレッジの倍率と取引したい金額によって一定額の証拠金が必要です。

例えば、下げ相場だと判断し空売りをしかけたのにもかかわらず、その後相場が著しく上昇したとすれば本来であれば普通の取引であれば利益をあげられた筈が目論見が外れて損失を出してしまうことにもなりかねません。

ビットコインFXでは選択肢が広がりますが、その代わりにリスク管理もより大事になりますので慎重に投資することをオススメ致します。

ハイリスク・ハイリターン

ビットコインFXはレバレッジによるリスクの可能性もありますが、その代わりに利益の額も増大しますのでハイリスクハイリターンのサービスであると言えます。

ビットコインFXに限らず金融商品全般に当てはまることですが、元手となる資金が少なければ利益も微々たるものなってしまいます。投資のために様々な勉強をし、必死に情報を集めたりしても得られる利益が少額では普通に働いていた方がマシということにもなりかねません。

せっかく投資で利益をあげるのであれば、ハイリターンの可能性のあるビットコインFXはとても理にかなったサービスです。ハイリスクの可能性については、自身で取引ルールをつくり損失をコントロールすることがとても大切になってきます。

ときには損切りをする勇気も必要です。綿密な準備と計画がハイリターンを引き寄せるコツかもしれません。

取引が強制終了することも!?

ビットコインFXでレバレッジを掛けた取引では大きく損失を出してしまうこともある為、顧客保護の制度として強制的に取引を終了させるシステムが存在します。

仮に万が一ビットコインFXに必要な担保として預けた証拠金よりも大きな額の損失を出してしまったと仮定すると、そのマイナス分は顧客が支払うのか、それとも取引所が負担するのか心配になると思います。

そうならない為に取引を強制的に終了させるようにできているのです。

追証(追加保証金)・ロスカットとは?

追証、ロスカット

ビットコインFXでレバレッジを掛ける為には一定額の証拠金を預ける必要があります。取引には必要な証拠金の比率を「証拠金維持率」と言います。

取引で損失を出した際に証拠金維持率を規定値より下回ってしまった場合に取引が強制終了してしまうことがあります。これを「ロスカット」と呼びます。

さらに、追加で証拠金を支払わなければならないことを「追証」と言います。これは相場が急激に変動した際にロスカットが追いつかず証拠金以上の損失を出してしまった際にマイナス分を顧客が負担しなければならない制度です。

販売所のスプレッドとは?

スプレッドとは、購入時の価格と売却時の価格の差のことです。購入時の価格を(ASK)、売却時の価格を(BID)と表現します。このスプレッドの差が小さいほど余計な出費をせずに済みます。

スプレッドは取引業者によって異なる場合がありますので、より安いスプレッドの取引業者を選んで取引をするのが利益を得るコツになります。

しかし、国内のビットコインFX取引業者においてはそこまでスプレッドの価格差はあまり無いようです。

ビットコインFXで借金の危険性は?

kikwnnsei

ビットコインFXでは上記で述べたとおりレバレッジを掛けられるぶん元手の何十倍も儲けることができる可能性がある代わりに何十倍もの損失を負う可能性もあります。

また、追証やロスカットの仕組みについて理解していないと思わぬ損失を負う可能性もあります。

実際に上記の方は証拠金を上回る損失を出しまた、ロスカットシステムが正しく機能せず遅れて機能したために合計で450万円の借金を負ってしまうことになってしまいました。


追証システムの理解やロスカットシステムを過信しすぎてしまうと思わぬ損失を負うことになってしますかもしれないので十分に気おつけましょう。

ビットコインFXのデメリットまとめ

  • レバレッジを掛けると損失が大きくなり借金が発生してしまう可能性があります!
  • ロスカットにより取引が強制終了してします可能性があります!

ビットコインFXのやり方を説明!

説明

ビットコインFXの大まかなやり方としては、まず最初にチャートを確認します。

チャート分析をしたあと指値注文か成行注文かを指定します。

指値注文とは自分の指定した値段までビットコインの価格が動いたらそこで買ったり売ったりできる注文方法です。また、成行注文とは価格を指定せずにその時点ごとに買うか売るかを決める注文方法です。

次に注文量を決めます。

ここでいくらぶんの取引をするかを決めます。

最後にロングかショートかを決めれば終わりです。

ビットコインが安い時に買って高くなったら売るのがロングで、ビットコインが高い時に売って安く買い戻すことをショートといいます。

仮想通貨(ビットコイン)FX業者紹介!

業者紹介

国内で営業しているビットコインFXを取り扱っている主な業者を紹介致します。
それぞれの業者は特徴が異なりますので、これからビットコインFXを始める方はいろいろな業者を使用してみて御自身にあった業者を見つけてみて下さい。

仮想通貨(ビットコイン)FX業者比較

ビットコインを含めた仮想通貨のFXを提供している業者を比較してみました。
長期トレードや短期トレードどちらにおいても、自分にあった使いやすい業者で取引をすることは利益を出す一番の近道です。
是非、参考にしてみて下さい。

ビットコインFX業者比較
取引所 取り扱い通貨 取引手数料 レバレッジ ロスカット 追証 スワップ手数料
bitFlyer BTC 無料 最大15倍 証拠金維持率80% 証拠金維持率50% 0.04%/日
GMOコイン BTC 無料 5倍のみ なし 証拠金維持率100% 売: 0.05%/日
買: 0.04%/日
QUOINEX BTC ETH QASH 無料~0.25% 最大25倍 なし 証拠金維持率110% 0.05%/日
BITPOINT BTC 無料 最大25倍 なし 証拠金維持率100% 0.035%/日
DMMBitcoin BTC ETH XEM XRP LTC ETC BCH 無料 最大5倍 なし 証拠金維持率80% 0.04%/日
みんなのBitCoin BTC ETH 無料~0.25% 最大25倍 なし 証拠金維持率110% 0.05%日
Zaif BTC MONA 0.7% 最大7.77倍 なし 証拠金維持率30% 0.039%/日

bitFlyer(ビットフライヤー)Lightning FX

bitFlyer Lightning

引用元: bitFlyer

bitFlyer(ビットフライヤー)のLightening FXは最大15倍までレバレッジを掛けることが可能です。Lightening FXの特徴は、何と言ってもその流動性の高さにあります。これは、ビットフライヤーはビットコインの最大手取引所であり、いち早くビットコインFXを取り入れたことによるところが大きいでしょう。

仮想通貨のFX取引において流動性はとても大事です。流動性が低いと売りたい時に売れず、買いたい時に買えないなど困る状況が発生する場合があります。bitFlyer(ビットフライヤー)はアクセス数が国内でも随一ですので流動性の高さの代わりにアクセスの殺到しすぎによりサーバーが重くなり注文が通り辛くなることも稀にあるようです。

相場が加熱している際は他の業者を使用することも検討の余地がありそうです。スプレッドは一番安い時で0%(無料)や最大でも0.1%ぐらいです。

GMOコイン

GMO Coin

引用元: GMO Coin

ビットコインFXでのスプレッドが最低500円統一という安さを売りに登場したGMOコインですが、実際には相場によってスプレッドが激しく変動するので取引には注意が必要です。当初は記載のなかった追証についての取引ルールがユーザーに一切事前告知無く追加されたことがありました。

相場が急激に荒れてしまいロスカット以上の損失を出した場合は追証が必要になります。取引アプリは、スマホ専用の「ビットレ君」があり、とても使いやすく情報が整理されており、売り値または買い値と取引数量を入力するだけですぐに取引が成立するという利便さを備えています。初心者にもオススメできるレベルの専用アプリです。

チャート表示は5種類、テクニカル指標も4種類と非常に充実しておりますので本格的に取引をしたい上級者の方でも満足できる内容となっています。レバレッジは最大25倍です。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

QUOINEX

引用元: QUOINEX

運営会社であるQuoineは、2014年にシンガポールで設立されました。その為、日本円だけではなく世界各国の様々な法定通貨にも対応しているのが特徴です。

レバレッジ取引は個人アカウントで25倍、法人アカウントでも同様に25倍と、かなりの高倍率を掛けることが可能です。
24時間365日入金できるクイック入金には380種類の銀行に対応しています。

IOSとAndroid共にスマホからもアクセス可能ですが、専用アプリは存在しないようです。

2017年度に本社をシンガポールから日本に移した為、日本での仮想通貨取引の運営に力を入れているようです。今後の展開にも期待が持てます。

「コインエクスチェンジ」で検索すると「coinexchange」がヒットすることがありますが、そちらは全く別の仮想通貨取引所ですので御注意下さい。

BITPoint(ビットポイント)

BITPoint

引用元: BITPoint

レバレッジ取引は、2倍、5倍、10倍、25倍の四種類から選択可能です。FX取引での取り扱い仮想通貨はビットコインのみになります。

BITPoint(ビットポイント)の特徴として、国内で初めてMT4(メタトレーダー4)に対応しています。MT4とは、世界中で利用されているFX取引のチャートツールです。MT4を利用するメリットは、事前に売買条件をセットしておくで自動で売買してくれるところです。

ビットコインFXは24時間365日取引できますが、仕事中や忙しい時でもMT4を利用することにより儲けのチャンスを逃しません。またMT4は細かくチャートを設定できますので、トレンドの分析が非常にしやすいツールとなっています。

注意しなければならない点としては、FX取引にはスプレッドがありますのでスプレッドの手数料による出費には注意しましょう。

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

引用元: DMM Bitcoin

「DMM Bitcoin」の特徴は、取引ツールの一括決済や注文間隔に制限が無いところが重宝されています。レバレッジ倍率は5倍固定です。

スプレッドは他の業者に比べて低いので、相場が急激に変動している際は 「DMM Bitcoin」 がオススメです。取引履歴の確認も簡単です。取引画面のレイアウトを設定により自分が閲覧しやすいように自由に変更することも可能です。

レバレッジ手数料は建玉金額に対して0.04%/1日です。0.04%の手数料がロールオーバーした際に建玉金額に応じて発生致しますので御注意下さい。 専用アプリは比較的軽く作られており非常に使いやすいです。

最大の特徴はビットコイン以外のアルトコインにもレバレッジをかけられることです。BCH、XRP、NEMなどをレバレッジをかけて取引することができます。

2018年の1月にサービスがスタートしたばかりでキャンペーンも豊富に行われているようです。

みんなのBitCoin

みんなのBitCoin

引用元: みんなのBitCoin

「みんなのBitCoin」はトレイダーズグループが運営しており、同じ系列にQUOINEXも含まれます。元々「みんなのFX」で有名な会社ですので、ビットコインFXにもかなり信頼の置ける会社であると言えます。

レバレッジは現在日本国内で最大である25倍までかけることが可能です。追証は無いです。

ロスカットに関しましては、証拠金維持率が120%以下になると警告アラートが通知され、110%以下になるとロスカットされる設定になっています。

ビットコインFXでは約定までのスピードがとても大事ですが、「みんなの BitCoin」 ではBTトレーダーという独自開発の取引専用エンジンを搭載しており最大で1秒間に100万以上の取引処理が可能です。

テクニカル指標は17種類も用意されており、非常に便利です。スマホ専用アプリは用意されておりません。

Zaif(ザイフ)

Zaif

引用元: Zaif

Zaif(ザイフ)のレバレッジは信用取引で最大7.77倍、「AirFX」では最大25倍まで掛けることが可能です。現物取引は数多くのアルトコインも取り扱っていますが、FX取引ができるのはビットコインだけになります。

「AirFX」では追証制度が設定されておりません。その代わりに強制的に利確される場合があります。「AirFX」の特徴として、現物価格から乖離した際にスワップ手数料が発生致します。スワップ手数料は2時間ごとに計算されます。「AirFX」は短期トレードに向いています。

10万円以上の資金で中長期トレードをするのであれば通常の信用取引がオススメです。信用取引では強制利確制度はありません。借入手数料は証拠金に対して0.039%が1日あたり発生致します。トレードのスタイルによって使い分けるのが良いと思います。

bitbank Trade(ビットバンクトレード)

ビットバンクトレード

引用元: ビットバンクトレード

ビットコインFX取引を日本国内で初めてスタートした業者がbitbank Trade(ビットバンクトレード)です。元々、ビットコインニュースという仮想通貨に関するメディアも運営しています。

ビットバンクCCという取引所も運営しており、ビットコインFXに特化した取引所がbitbank Trade(ビットバンクトレード)になります。現物取引の取り扱いもありません。現物取引はビットバンクCCで取り扱っていますが、登録は別々に必要です。レバレッジは最大で20倍まで掛けることができます。

ロスカット率は20%に設定されており、比較的低めです。追証制度はありません。その代わりにキャピタルゲインフィー(CGF)があり利益が発生した場合、利益の0.2%を徴収されます。追証制度が無いため、相場が急激に変動した際はビットバンクトレード側が損失を出す場合がありますが、その補填に使われるているようです。スワップポイントはありません。

ビットコインFXでのチャート分析方法は?

ハイリスク・ハイリターンなサービスであるビットコインでのFXでは現物取引より注意深くチャートを分析する必要があります。

そこでここでは、過去のチャート分析を観察し、そこからトレンドやパターンを把握していくテクニカル分析の方法について紹介していきたいと思います。

紹介するチャート分析方法

  • 三角持ち合い
  • ダブルトップ・ダブルボトム
  • トレンドライン・レジスタンスライン
  • MACD
  • ボリンジャーバンド
  • ストキャスティクスRSI
  • パラボリックSAR
  • 一目均衡表

三角持ち合い

三角持ち合い

三角持ち合いとは、レンジ相場の中で、一本のトレンドラインと一本の水平ライン、または二本のトレンドラインによって作られる三角の形になる相場のことです。

三角持ち合いは相場の先行きが不透明なときによく起きるチャートパターンです。三角持ち合いには主に3つのパターンが有りあます。


・上昇トレンドライン + レジスタンスライン 
・下降トレンドライン + サポートライン
・上昇トレンドライン + 下降トレンドライン



上昇トレンドライン + レジスタンスラインの場合はブレイクは高確率で上昇します。

下降トレンドライン + サポートラインの場合はブレイクは高確率で下降します。

上昇トレンドライン + 下降トレンドラインの場合は上記の2つのパターンと違いどちらにブレイクするかわからない状態です。

ダブルトップボトム

ダブルトップボトム

ダブルトップとはM型のチャート、ダブルボトムとはW型のチャートパターンです。

ダブルトップの売買タイミングは二つの高値をつけた後、その間に出来た安値を下回った地点で売りサインとなります。

ダブルボトムはダブルトップの高値と安値を逆にした状態です。

MACD

MACD

青色の線と赤色の線の位置関係でトレンドを判断します。

青線が上なら上昇トレンド、赤線が上なら下降トレンドの確率が高くなります。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンド

バンド内の価格の位置でトレンドを判断していきます。

バンド端にチャートのロウソクが接すると、そこで反発する確率が高いです。

ストキャスティクスRSI

ストキャスティクスRSI

青の線と赤の線の位置関係でトレンドの転換ポイントを判断していきます。

青の線が上なら上昇トレンド、赤の線が上なら下降トレンドに転換する可能性が高いです。

パラボリックSAR

パラボリックSAR

点線とローソク足の位置関係でトレンドを判断していきます。

点線が下なら上昇トレンド、上なら下降トレンドの可能性が高いです。

一目均衡表

一目均衡表

色のついた範囲とローソク足の位置関係で今後のトレンドを判断していきます。

色のついた範囲にぶつかるところで反発し、色のついた部分から抜けるところで大きな価格変化する可能性が高いです。

まとめ

 

ビットコインFXに限った話ではありませんが、FXは知識の量と経験に左右されるものです。

更に、仮想通貨は価格の変動が激しく、価格の予想が極めて困難です。

よってレバレッジをかける際も、「億り人」を夢見てかけることもいいですが、その分大きなリスクも背負っていることを忘れず、賢い取引を行いましょう。

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。