仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

Erc20

ERC20とは?ICOで使われたトークン一覧から対応ウォレット等を解説

皆さんは「ERC20準拠」や「ERC20対応」という言葉を耳にしたことがあると思います。ところが、「聞いたことはあるけど説明できない」「なんとなくしかわからない」こんな事態になっていませんか?この記事では、今挙げたような状況の皆さんにERC20を理解していただけるような解説をしています!

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/08/25 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で1,000円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

ERC20とは?

ERC20とは

概要

ERC20とは、2015年11月に提案された、イーサリアム上で発行するトークンにおける実装すべき機能を定めた規格のひとつです。

”通貨”でも”トークン”でもなく、大きく言えば”トークン”の枠組みということです。

イーサリアム上ではこれまでに10万種類以上のトークンが発行されていますが、そのほとんどはERC20規格に準拠したトークンになっています。

さまざまなトークンが同じ規格であることがどういうメリットをもたらすのかというと、同一のウォレットやアプリケーションで利用できることです。

ですから、いちいちトークンごとにウォレットを開発する必要がないため開発者にとって扱いやすく、利用者にとっても同じウォレットを使うことができるため、手間が省けるメリットがあります。

ちなみに「ERC」の語源は、「イーサリアムにコメントを求む(Ethereum Request for Comments)」という名前の、Github上のスレッドから由来しています。

イーサリアムの技術仕様ついて議論する場である「Ethereum Request for Comments」において、20番目に提案されたのがトークンの仕様について共通項目を決めるというものでした。

ERC20はどのようにできたのか

ERC20が誕生した背景には、共通のアプリケーションでさまざまなトークンを扱えるようにするための、標準規格を作りたいという開発者たちの思いがあります。

ERC20という標準規格が無い時は、トークンのプログラムを記述する開発者によって、プログラミングコードに用いる用語が異なっていました。

例えば、トークンを転送するときのプログラムを書くときに「send」という単語を用いる開発者もいれば、「transfer」という単語を用いる開発者もいました。

このようにコードに用いる用語が異なる場合、トークンを管理する取引所やウォレットはそれぞれのコードに対応できるようアプリケーションを変更する必要があり、手間とコストがかります。

「トークンの転送についてはsendを用いる」というように、あらかじめ記述のルールを決めることで、取引所やウォレットはアプリケーションを変更しなくても、トークンを受け入れ、利用できるようになりました。

ERC20でできること

ERC20は、イーサリアムで発行されるトークンの規格ということはご理解いただけたと思います。

では、ERC20規格を採用することで、どういったメリットがあるのでしょうか?

開発者はトークンをERC20に準拠させることで、トークンのウォレットに既存のERC20対応ウォレットを利用でき、新たにウォレットを開発する必要がありません。

ですから、開発の工数が減るというメリットがあります。

また、取引所においても、一つ一つのトークンのためにシステムを変更する必要がないため、開発のコストがかからず受け入れやすいでしょう。

ICOにおいては、発行されるトークンのほとんどがERC20規格のトークンとなっています。

そのため、ICO参加者も既存のERC20に対応したウォレットをそのまま利用できますので、手間がかかりません。

代表的なERC20トークン

代表的なトークン

ERC20規格のトークンを発行することで、ウォレットを個別に開発したり、取引所のシステム変更の必要がなく上場させやすかったりするということはご理解いただけたと思います。

では、ERC20トークンにはどういったものがあるのでしょうか?

以下に代表的なERC20規格のトークンをまとめましたので、ご覧ください。

  • Binance Coin (BNB)
  • VeChain (VEN)
  • OmiseGO (OMG)
  • 0x (ZRX)
  • Maker (MKR)
  • Zilliqa (ZIL)
  • ICON (ICX)
  • Aeternity (AE)
  • Reputation (REP)
  • Basic Attention Token (BAT)

なお、ERC20トークンの一覧はEtherscanの以下のページで確認できます。

Etherscan Token Tracker Page

ERC20を使うメリットとデメリット

メリット・デメリット

代表的なERC20規格トークンについてはお分かりいただけたと思います。

改めておさらいしますと、ERC20はイーサリアムから発行されるトークンの規格のひとつで、ICOで発行されるトークンのほとんどはこのERC20に準拠しているものです。

では、ERC20規格トークンのメリット・デメリットについて見ていきましょう。

メリット

・ICOで活躍できる

ICOを行うプロジェクトにとって、ERC20規格のトークンを採用することは様々なメリットがあります。

例えば、
  • 新たにブロックチェーンを開発しなくても、トークンを発行できる
  • 取引所に受け入れてもらいやすい規格である
  • 既存のERC20規格に対応したウォレットを、トークンを買ってもらった人に利用してもらえる
といったものがあります。

ICOを行うには、新たにトークンを発行することが必要ですが、イーサリアムを利用すれば新たに開発するよりも簡単にトークンを発行できます。

例えば、現在時価総額ランキング第5位のEOS(イオス)は、ICOの時にERC20規格のトークンを発行しましたが、その後ICOで集めた資金を基にオリジナルのブロックチェーンを開発しています。

このように、手間なくすぐにトークンを発行できることがメリットでしょう。

また、ERC20規格を採用しているトークンは非常に多いため取引所に採用してもらいやすいですし、ICOに参加する人にとっても慣れているため扱いやすいでしょう。

・ERC20に対応しているウォレットなら、一斉に管理できる

ウォレットの中には、ERC20規格のトークン全てに対応しているものがあります。

例えば、ERC20規格に対応しているウォレットであるMy Ether WalletですとERC20規格のトークンをまとめて保管できるため、トークンごとにウォレットを使い分ける必要がありません。

ウォレットを1種類のみ保有すればよいため、トークンの利用者にとっては管理しやすいというメリットがあります。

・取引の際、審査がスムーズ

ERC20規格のトークンは非常に多いため、スタンダードな規格となっています。

そのため取引所に上場させる点においても、トークンの基本的な仕様は他のERC20トークンと同じであるため、審査しやすいでしょう。

例えば、分散型取引所であるEther Deltaにおいては、ERC20規格のトークンであれば簡単な手続きですぐに上場させることが可能です。

このように、ERC20規格トークンは主流の規格であるため、受け入れてもらえる取引所が多いことがメリットです。

デメリット

・誤送金でトークンが失われてしまう

ERC20規格トークンは、送金するときにトークンを失ってしまうという欠陥があります。

トークンを失ってしまうのは、送金者がユーザーアドレスと間違えてコントラクトアドレスに送金してしまったときです。

コントラクトアドレスへの送金自体は正常に処理されるものの、トークンを他のアドレスへ移すことができなくなってしまい、実質トークンを失ってしまいます。

これまでに誤送信されたトークンの価値を合計すると、日本円換算で3.6億円にも上ります。

そこでこの欠陥を改善した、トークンの新しい規格であるERC223が誕生しています。

GoogleAdsが挿入位置(※このテキストは記事上では上書きされます)

ICOにおけるERC20の役割

もっとくいわ敷くイーサリアムブロックチェーンにおいてはトークンの発行が比較的容易にできるため、ICOするときにイーサリアムを利用するプロジェクトが多数あります。

ERC20は、ICOにおいて発行されるトークンの規格となります。

先述しましたが、ICOで発行されるトークンのほとんどはERC20規格となっています。

ERC20に準拠する時、以下の機能のコードの書き方が指定されています。

<メソッド>
  • totalSupply
  • ・・・トークンの合計供給量
  • balanceOf
  • ・・・_ownerアカウントのトークンの残高
  • transfer
  • ・・・指定された量のトークンを_toアカウントへ送付
  • transferFrom
  • ・・・_fromから_toのアカウントへ指定された量のトークンを送付
  • approve
  • ・・・送金の承認
  • allowance
  • ・・・引き出しが許可された金額を返す

    <イベント>
  • Transfer
  • ・・・数量0で送った際もスイッチが入る
  • Approval
・・・承認情報を出力する

ICOを実施する方は、上記のERC20規格に従ってトークンを発行します。

ICO参加者が指定されたアドレスへ支払い通貨を送金すると、プログラムが実行されトークンが送付されます。

トークンの一種

ICOにおけるERC20規格の役割についてはお分かりいただけたと思います。

では、ERC20規格のトークンと他の通貨との違いはどういったところにあるのでしょうか?

最も有名な通貨であるビットコインと比較しましょう。

最も大きな違いは、ビットコインは独立したブロックチェーンであるのに対し、ERC20規格トークンはイーサリアムブロックチェーン上にあり、動作はイーサリアムに依存するという点です。

分かりやすく例えると、Windowsのパソコン上にワードやエクセルなどのアプリケーションがあるというイメージです。

すべてのアプリケーションの土台となるWindowsがイーサリアム、ワードやエクセルがERC20規格のトークンです。

ですから、イーサリアムブロックチェーンにトラブルがあれば、ERC20規格トークンの動作にも影響が出る可能性があります。

このように、イーサリアムの影響を受けやすいということがERC20規格トークンと他の通貨との違いです。

他のトークンとの違いは?

ビットコイン以外の、他の通貨と比較した時の違いはどういったところにあるのでしょうか。

違いは、現在最も普及している規格であるため、受け入れる取引所やウォレットが多いことが挙げられます。

仮想通貨は本来、通貨によってプログラミング言語や仕組みは異なるものであるため、それぞれの通貨ごとにウォレットを開発する必要があります。

例えば、日本で使える自販機とアメリカで使える自販機は、認識する硬貨は全く別ものであるため、それぞれ製作しないといけません。

ですが、特定の規格に準じた硬貨であれば、どこの国が発行した硬貨でも認識できるとしたのが、ERC20規格トークンです。

その自販機(=ウォレット)があれば、同じ規格の硬貨(=ERC20規格トークン)なら何でも認識されるため、いちいち使える自販機(=ウォレット)を選ばなくてもいい点は、利用者のメリットとなります。
 

トークンがよくわからない方はこちら

ERC20に対応しているウォレット一覧

ウォレット

ERC20規格トークンと他の仮想通貨との違いは、ERC20「規格」自体に対応しているウォレットであれば、利用者が異なるトークンでも1つのウォレットで管理できるということでした。

では、ERC20に対応したウォレットにはどのようなものがあるのでしょうか?

以下にまとめましたのでご覧ください。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)

ERC20対応のウォレットの中で最も人気なのが、パソコンのWebブラウザを使ってアクセスするデスクトップウォレットMy Ether Walletです。

ERC20トークンを発行するICOにおいて、「My Ether Walletから送金してください」と指示されることも多いため、ICOに参加した人の多くは使ったことがあるでしょう。

My Ether Walletは日本語に対応しており、さらにWebブラウザだけでアクセスできるためお手軽に使えることが魅力です。

ですから、ERC20対応ウォレットの中では最も一押しのウォレットと言えます。

Metamask(メタマスク)

Metamaskは、Google Chrome、Opera、Firefox、Braveといったウェブブラウザ上で動作するプラグインです。

他のプラグイン同様、Chromeの拡張機能からインストールでき、全てのERC20規格トークンに対応します。

ブラウザにインストールすると、可愛いキツネのマークが現れることが特徴です。

Metamaskはそれ自体で新しいアドレスを作成し通貨を送金できる機能をもちますが、先述したMy Ether Walletと連携も行います。

My Ether WalletのアドレスをMetamaskに登録すると、Metamaskを通じてMy Ehter Walletへアクセスでき、ログインの手間を省くことができます。

HB Wallet(エイチビーウォレット)

HB Walletは、デスクトップやiOS、Androidに対応したイーサリアムウォレットです。

先述した2つのウォレットとは異なり、スマートフォンで使えることが特徴。

スマートフォンで使えることから、指紋や顔認証、PINコードなどで保護されるためセキュリティ面も安心です。

さらに、日本語にも対応しているため使いやすいでしょう。

トークンの価格推移をグラフで確認できたり、ERC20規格ではないTether(USTD)にも対応したりなど、さまざまな機能が付加されています。

アプリはこちらから

Google Play で手に入れよう

ERC20が秘める今後の可能性

おさらい

ERC20は、現在主流の規格であるため、今後発行される多くのトークンに採用されるでしょう。

ただし、将来的には他の規格が主流になる可能性もあります。

なぜなら、すでにERC20規格の欠陥を克服した新規格であるERC223が発表されているからです。

ERC20規格では、利用者が送金ミスをしてしまうと送ったトークンを永久に取り出せなくなってしまうことが課題でした。

ERC223規格では、送ったトークンが正しいトークンでなければ送り返すことが可能となり、送金ミスで失われてしまう通貨を減らすことができます。

ですから、ERC223はERC20の上位互換と言われており、今後主流になる可能性を秘めていると言えます。

まとめ

ここまで、イーサリアムから発行されるトークンの規格のひとつであるERC20について解説しましたが、いかがでしょうか?

ERC20規格が誕生した背景には、開発者によってプログラムに用いる単語が異なるため、トークンを受け入れる取引所やウォレットのシステムをいちいち変える手間がかかっていたことがありました。

ERC20規格のトークンでは、開発者はルールに従ってトークンを簡単に発行でき、専用のウォレットを開発する必要がありません。

取引所においては、既存の仕組みのままトークンを受け入れることができますので、上場のためのコストがかからないことがメリットです。

トークン利用者においても、さまざまなERC20規格のトークンを、一つのERC対応ウォレットで管理できるため楽でしょう。

ERC20について理解し、ERC20対応トークンを購入する時やICO参加時にお役立てください。

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。