仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

1e5e47fd6863945847e0f6c5b32373b1

イーサリアムクラシック(ETC)の購入できる国内・海外取引所【買い方解説】

イーサリアム流出事件である「The DAO事件」をきっかけにイーサリアムから派出した仮想通貨であるイーサリアムクラシック。現在はイーサリアムと同じシステムを使ってるためイーサリアムのクローンと言われることが多いいです。今回はそんなイーサリアムクラシックの今後の将来性や買い方、取引所についてまとめました。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2018/07/19 現在
Gmo
Ranking 1st GMOコイン
スマホアプリで簡単にビットコインFX取引が可能。下落相場でも高い利益率を出せる可能性があるGMOグループの取引所。
Bitbank
Ranking 2nd bitbank
bitbank(ビットバンク)なら、アルトコインの通貨を1円未満の単位からお試しで購入することもできます。全ペア取引手数料“ゼロ”キャンペーン実施中です。
Dmm
Ranking 3rd DMM Bitcoin
仮想通貨が初めてでも分かりやすいチャートを提供している取引所。BTC・ETHの現物取引、5種類以上のアルトコインのレバレッジ取引も可能。

イーサリアムクラシック(ETC)とは?

イーサリアムのイメージ

現在、ビットコイン以外にも様々な仮想通貨が誕生しては問題を起こし、そして改善され数えきれないほどの種類があります。その中にイーサリアムクラシックがあります。

そして、イーサリアムクラシックと聞くと、最初に頭に思い浮かべるのはイーサリアムだと思います。イーサリアムは長期間に渡って時価総額2位の人気な仮想通貨です。

イーサリアムクラシックはイーサリアムから派生した仮想通貨で、この仮想通貨はイーサリアムの安全性を強化した仮想通貨と言え、イーサリアムの流出事件が背景にあります。

このイーサリアム流出事件である「The DAO事件」では、当時の金額で約65億円相当のイーサリアムが不正に送金されました。これに対して、イーサリアムの開発チームはプログラムを書き換えるよって不正送金が行われる前の状態に戻すという手段を取りました。

イーサリアムクラシック(ETC)の価格チャートなどの詳細はこちらから!

イーサリアムクラシック(ETC)の特徴

仮想通貨のハードフォーク

前述した事件解決のために開発チームはプログラムを書き換えたわけですが、この書き換えに反対した者たちによってイーサリアムクラシックは誕生しました。

しかし、運営方法やオリジナルのイーサリアムと同じシステムも搭載しているので、イーサリアムのクローンとも呼ばれています。

イーサリアムクラシックにはオリジナリティがまだありませんが、現時点での違いやメリットなどを解説していきます。

イーサリアムよりもセキュリティレベルが高い

イーサリアムのクローンとも呼ばれるイーサリアムクラシックですが、ブロックチェーンシステムは独自に構築し運営されています。

またハッキング対策のためにイーサリアムよりも拡張性(応用の用途)を制限して、安全性を向上させてます。そして、その代わりどのような状況にあっても書き換えはしないという姿勢をとっています。

イーサリアムクラシックはプログラムの書き換え可能状態にあるということはいずれ中央集権に繋がると考えていることが伺えます。

またイーサリアムクラシックは仮想通貨の基本概念のうちの一つである「Code is Law」を順守しています。このCode is Lawについては後ほど説明します。

取引の処理スピードが早い

ビットコインと比較しますとイーサリアムクラシックの方が送金スピードの方が早いです。ビットコインのブロック生成時間は約10分に対して、イーサリアムクラシックのブロック生成時間は約15秒です。

またどちらもブロックチェーンを基本軸として作られています。ブロックというワードが登場しましたが、これを理解するには、まずブロックチェーンとは何なのかを理解する必要があります。

ブロックチェーンとは、皆で記録し監視する修正不可能な数多くの記録帳を鎖で繋いだようなものです。ブロックとはその記録帳の一つのことを刺します。

イーサリアムクラシックの方が、送金時間が短いのは何故なのか?。それは、ビットコインは安全重視のため送金処理の時間を長めにに設定していますが、イーサリアムクラシックは処理速度重視のため送金時間を短めに設定しているからです。

Ethash/Casperというアルゴリズムを採用

イーサリアムクラシックが採用しているアルゴリズムは「Ethash/Casper」といったものです。

ここでビットコインを例にとって説明します。ビットコインが採用するPoW(プルーフ・オブ・ワーク)に当たるのがEthashで、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)に当たるのがCasperです。

PoW(Ethash)とは取引をする際、承認を一番早く計算したマイナーに対して報酬を支払う方法です。PoS(Ethash)はその仮想通貨を最も多く所有する者が取引承認権を所有できるシステムです。なので、報酬を手に入れるためにその仮想通貨に一定の投資を行う必要があります。

現在多くの仮想通貨でPoW(Ethash)が取り入れられていますが、徐々にPoS(Casper)を採用する流れになっており、イーサリアムクラシックもEthashからCasperへ乗り換える予定があると言われています。

非中央集権に重点を置いている

先ほどちらっと出てきた「Code is Law」とは「ブロックチェーンのシステム上に於いてはコードこそが法であり、唯一の支配権を持つ」という思想です。

つまりイーサリアムクラシックにはハッキングされることができないシステムを持っているという絶対的な自信が伺えます。

しかしながら、ブロックチェーンを運営していく上で、システムには必ずどこかに脆弱性や欠陥が存在することも事実です。ですから技術者の間でもプログラムの書き換えはするべきだという意見としないべきだという意見に割れております。

「Code is Law」を唱えてイーサリアムから分裂し誕生した経緯を考えてみても、イーサリアムクラシックは将来もこのまま非中央集権の路線で進んでいくでしょう。

イーサリアムの影響を受けやすい

イーサリアムクラシックはイーサリアムの影響を受けやすいです。

何の影響を受けやすいのかというと、ズバリ価格・価値の変動の影響です。例えば、イーサリアムが暴落した際にはイーサリアムクラシックも暴落します。逆に暴騰した場合には同じく暴騰します。

しかしながら、イーサリアムクラシックはイーサリアムより歴史が短いため、価格自体は非常に安いです。ですから、イーサリアムとの差別化に成功し、オリジナリティ溢れる仮想通貨となれば、イーサリアムよりも安全で価値のある仮想通貨となり、じわじわと価格が上がり、いずれ親に当たるイーサリアムを追い越すことになるでしょう。

そのような状況になれば、イーサリアムの影響を受けやすいとは言えなくなる通貨になります。

bitFlyer(ビットフライヤー)でのイーサリアムクラシック(ETC)の購入方法

 

まずは安全第一の大手bitFlyerです。

登録する前に必要なものが3つほどありますので、ご用意ください。登録用メールアドレス、ビットフライヤー用のパスワード、免許証またはパスポートなど証明書写真の3点です。

 

まずはホーム画面から①「アルトコイン販売所」をクリックし、通貨一覧から②の「ETC/JPY」を選択してください。

選択したら③に購入したい数量を記入し「コインを買う」をクリックしてください!

 

「コインを買う」ボタンを押すと「注文実行」というボタンが出てきますので、記入内容に間違えがなければ6秒以内に「注文実行」を押せば完了です!

BINANCE(バイナンス)でのイーサリアムクラシック(ETC)の購入方法!

 

まずは取引画面へ!

 

まずは取引画面にいきましょう!

①の「Exchange」から②「Advanced」を選択します。

 

次に①から通貨ペア一覧をだし、②で「ETC/BTC」を選択します

 

最後に購入したい数量を記入し、「Buy」をクリックすれば完了です。

イーサリアムクラシック(ETC)を取り扱っている国内取引所

 
    
イーサリアムクラシック(ETC)を取り扱っている国内取引所
【取引所名】 【取り扱い通貨数】 【URL】
bitFlyer(ビットフライヤー) 7種 https://bitflyer.com
Coincheck(コインチェック) 13種 https://coincheck.com

イーサリアムクラシックを取り扱っている国内の仮想通貨取引所は、ビットコインの取引高No.1、2の座を争うbitFlyerとcoincheckがあります。

しかしながら、coincheckは、2018年1月26日に約520億円のハッキング被害を受けましたので、今のところはbitFlyerの方が安全と言えるでしょう。

coincheck(コインチェック)では現在ほぼ全てのサービスが停止中です。

イーサリアムクラシック(ETC)を取り扱っている海外取引所

世界の広さを感じる景色
イーサリアムクラシック(ETC)を取り扱っている海外取引所
【取引所名】 【取り扱い通貨数】 【URL】
Poloniex(ポロニエックス) 約70種 https://poloniex.com
Bittrex(ビットトレックス) 約190種 https://bittrex.com/
BINANCE(バイナンス) 約120種 https://www.binance.com

日本ではコインチェックのニュースもあり、ビットコインやアルトコインなどの仮想通貨に対するイメージはあまり良いとはいえません。

しかし、世界基準まで視野を広げてみると(特に米国では)、盛んに仮想通貨の取引および売買がされています。日本の取引所でもビットコインやアルトコインを売買することができますが、種類で見ると非常に少ないと言わざるを得ません。

世界最大級と言われている取引所である米国のポロニエックスをはじめ、ビットレックス、バイナンスなど数多くのアルトコインを取り扱っている取引所は海外にあるのです。

イーサリアムクラシック(ETC)の今後の将来性

買い時を感じる画像

イーサリアムクラシックの今後についてですが、「買い時ではあるが慎重に」といえます。

なぜ買い時かというと、何かに投資をする際には、その投資対象が成長前だと非常に大きなリターンを見込めるからです。

イーサリアムクラシックは成熟したイーサリアムから生まれた未熟な子供のようなものです。安全面に力を入れているので、今後、親のイーサリアムよりも人気が出るかもしれません。

しかしながら、現在、イーサリアムクラシックはイーサリアムとほとんど変わらずオリジナルティに欠けます。ですから、イーサリアムの影響を強く受け、イーサリアムより取引量が少ないため特にメリットは感じません。

イーサリアムクラシックがオリジナルティさを醸し出してくるまでは慎重になる必要があると言えるでしょう。

イーサリアムクラシック(ETC)のリスクや将来性についての詳細はこちらをご確認ください!!

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。