仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

%e3%83%92%e3%82%99%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%82%b3%e3%82%99%e5%8f%96%e5%bc%95%e6%89%80%e6%9d%b1%e4%ba%ac %e3%83%ad%e3%82%b3%e3%82%99

【口座開設や取り扱い通貨は?】ビットアルゴ(ARG)取引所東京の最新情報調査

みなさんは、「ビットアルゴ取引所東京」という名前を聞いたことはありますか?これは、今大きな注目を集める準備中の仮想通貨取引所です。というのは、Yahoo!(ヤフー)と提携したことなどなどで、潤沢な資金があるためです。この記事では、ビットアルゴ取引所東京の最新情報を掲載しています。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/12/06 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で1,000円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

ビットアルゴとは?

ビットアルゴ取引所東京 ロゴ

株式会社ビットアルゴ取引所東京は、2017年3月19日に営業を開始し、同年5月26日には仮想通貨取引所ビットアルゴを独立させ、子会社を設立させています。

ビットアルゴ取引所東京は“ARG”のロゴで既に馴染みのある方もいらっしゃると思いますが、このARGはアルゴリズム(Algorithm)、リデザイン(Re-design)、グローバル(Global)の頭文字から来ており、『アルゴリズムによって金融リデザインをグローバル視点で』と言う意味が込められているそうです。

世界の金融を、東京から替えていくチャレンジを!をモットーに事業展開を行っているビットアルゴ取引所東京は、仮想通貨市場から見ても新しい企業で、今後の伸びしろが注目される企業の一つです。

会社概要

社名:株式会社ビットアルゴ取引所東京
事業内容:仮想通貨交換業・仮想通貨に関する情報配信
本社:東京都渋谷区 千駄ヶ谷 1-3-2 東京エステートビル 4F
設立:2017年5月26日
資本金:1000万円
代表取締役社長:尹 煕元(ユン ヒウォン)
取締役:渡辺 典孝、川田 真也

ビットアルゴの現状

ARG-toppage

平成29年12月1日に関東財務局長第00011号にて金郵貯へ登録済み仮想通貨交換業者として登録をされているビットアルゴ取引所東京は、現在仮想通貨取引所として営業を行っていません。

準備中の取引所として注目されていた中、今年4月13日に尹 煕元(ユン ヒウォン)代表取締役名で公式サイトのトップ画面にて、今後の事業展開に大きく関係する告知が発表されました。

これまでにもビットアルゴ取引所東京に関する噂がネットやメディアなどで流れており、公式サイトトップページにて噂を否定する文章を掲載し、取引開始を待ちわびているユーザーやメディアに対して説明を行っていました。

そして今回発表されたのは、ヤフーの100%子会社であるZコーポレーション株式会社からの資本参加を、ビットアルゴ取引所東京の運営会社である株式会社シーエムディーラボが受け入れる決定を行った旨が公表され、ヤフーと業務提携ができる事によって得られる運営やセキュリティのノウハウを仮想通貨取引所運営に生かすことが可能になりました。

この資本参加を受け、今後開業予定である仮想通貨取引所サービスの準備や開始後に行われる運営を充実させることができ、ユーザーが使いやすく安全な取引所としてサービス提供の促進を実施していくと述べられています。

また、ビットアルゴ東京は、資本参加を受け入れた事によって、シーエムディラボの子会社であるとともに、Zコーポレーションの持ち分法適用会社となることも発表されました。

シーエムディーラボとは?

シーエムディーラボとは取引所として今後開業を行う予定の株式会社ビットアルゴ取引所東京の親会社です。

シーエムディラボが行っている事業内容は、金融工学、医用工学、農工学の研究を行っている企業で、金融工学では統計学に基づき市場分析ツールを研究・開発しているほか、Algorithmトレーディングモデルの研究や開発、経済と金融情報のテキストマイニングツールに関連する研究などを実施している金融関連研究企業です。

Zコーポレーションとは?

Zコーポレーション(代表取締役:宮坂 学)は100%ヤフーの子会社です。
社名の由来は、ヤフー(Yahoo)の“Y”のアルファベットの次が“Z”であることだそうです。

Zコーポレーションは2018年1月に設立された立ち上がって半年弱の新企業で、資本金100万円で立ち上がっています。
親会社であるヤフー株式会社の100.0%出資会社で、ヤフーが仮想通貨市場に展開する事を目的に新たに立ち上げられた企業です。

ビットアルゴの取扱通貨は?

ビットコイン

ビットアルゴで取引所が開業された際に取り扱いを予定している通貨はビットコインのみで、ICO実施の可能性に言及する噂もありましたが、公式サイトトップページにて今年2月5日付でICOの実施に関しても当分の間は予定されていないことが記載されています。

しかし、サイトに掲載された内容から見ると、“当面の間は予定にない”としていますが、完全否定はされていないことから、実際に取引所が運営された後、その可能性がある事も捨てきれません。

また、新たな情報に関しては公式サイトにて案内される事にも言及していることから、ICOに関しては開業後何らかの動きがあるのかも知りません。

ビットコイン(BTC)

ビットアルゴの手数料は?

ビットコインの購入はこちら!

ビットアルゴ取引所東京の手数料
日本円入金 無料
日本円出金 400円
ビットコイン入金 無料
ビットコイン出金 0.0005BTC

ビットアルゴ取引所東京が仮想通貨取引所として開業に向けた準備を現在行っているなか、公式サイト上には取引にかかる手数料に関する情報が記載されています。

現在1BTC当たり100万円前後を推移していることから、手数料は500円程度と考えられますが、皆さんもご存じのようにビットコインなどの仮想通貨は全体的に価格変動が激しく、ビットコインも例外ではありません。
そのため、ビットコイン出金手数料は、実際に開業された際のビットコイン価格に対する0.0005%ですので、この限りではありません。

ビットアルゴの今後・将来

ビットコイン

ビットアルゴは、これまで金融庁に登録済みでしたが、開業には至っていなかった事、今年に入って仮想通貨関連の事件が相次いだことから、登録をしているものの、いつ取引所がスタートするのだろうか?と、多くのユーザーが気になっていた存在でした。

しかし、今年4月13日に発表されたZコーポレーションからの資本参加を受けたことで、近日中に仮想通貨取引所として正式に運営が行われるのではないかと言う期待がされています。

また、Zコーポレーションはヤフーの100%子会社であることから、長くに渡ってIT関連企業として世界進出も果たしているヤフーの企業運営ノウハウを、Zコーポレーションを通して活用できることから、大きな信頼と実績を持つ企業として今後事業展開するとみられることから、大きく注目される事は間違いないでしょう。

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。