仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2018 04 20 23.09.21

BitTrade(ビットトレード)の手数料比較|取引・売買・送金・入金手数料を解説

Bittradeは国内の仮想通貨取引所です。今回はBittradeの手数料を徹底的に調査しました。Bittradeで取引をされる方はぜひご覧ください。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/08/25 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で1,000円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

BitTrade(ビットトレード)の手数料を他社と比べて見ました

ビットトレードトップ

BitTrade(ビットトレード)という取引所はあまり聞いたことのない取引所なので、どのような取引所なのか教えてください。

BitTradeは、金融庁の仮想通貨交換業に登録されており、タレントの小島瑠璃子さんを広告に起用するなどPRにも力を入れている取引所である!では今回は手数料について教えていこう!

BitTrade(ビットトレード)の概要
会社枚名 ビットトレード(Bittrade)株式会社
CEO(社長) 閏間 亮
設立日 2017 年 9 月 12 日
公式サイト http://h.accesstrade.net/sp/cc?rk=0100ljf700huqc
資本金 5100万(準備金含)
取り扱い銘柄 BTC( JPY )、 XRP( JPY )、 LTC( JPY )、 ETH( JPY )、 MONA( JPY BTC )、 BTC( JPY BTC )

BitTrade(ビットトレード)株式会社は、2017年9月12日に閏間亮によって設立された仮想通貨取引所です。

取り扱い通貨数は6種類であり、BTC、XRP、 LTC、 ETH、 MONA、 BCHなど多用な通貨に対応しています。

また、タレントの小島瑠璃子さんを広告塔に起用するなど宣伝活動にも力を入れているので、一度は目にしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかしながら、噂や広告レベルでしかその存在を知らないため「手数料は安いの?」「口座開設は難しそう」「仮想通貨に慣れている上級者向けの会社じゃないの?」など興味はあるもののなかなか調べることができない方が多いと思います。

今回はBitTrade(ビットトレード)の手数料について、他社と比較しながら安いか高いのかを見ていきましょう。

まだ口座開設をしていない方はこちら

BitTrade(ビットトレード)の手数料比較

 

BitTradeで取引を行うにあたり様々な手数料が発生します。

取引内容別では「現物取引」「レバレッジ取引」「レバレッジ取引(スワップポイント)」がありそれぞれ手数料が必要です。

取引にまつわる手数料以外にも「入出金手数料」「送金手数料」「スプレッド」などが発生するため取引前に内容を把握することはとても重要です。

有名仮想通貨取引所である「BitTrade」「bitFlyer」「Zaif」の三社について取引手数料を比較しました。

「BitBrade(ビットトレード)」の取扱い通貨・手数料はこちら

現物取引の手数料

現物取引の手数料比較
取引所名 ビットコイン アルトコイン
BitTrade 0.2% 0.2~0.7%
bitFlyer 0.01% ~ 0.15% 0.20%
Zaif -0.01% 0.0% ~ 0.3%

現物取引とは仮想通貨を市場で流通している時価で売買することを指します。

ビットコインについてはZaifが手数料マイナスと破格の条件を提示しています。

bitFlyerについては、取り扱い金額に応じて手数料が変動し、10万円以下である場合0.15%、5億円以上で0.01%になります。

これらの取引所と比較するとBitTradeは一律0.2%と高めの設定になっています。

アルトコインについてはZaifはマイナス手数料が適用されないものの、低い水準を維持しています。

bitFlyerは一律0.2%で、BitTradeは0.2%~0.7%と幅がありここでも**BitTradeの手数料は高め**であることが分かります。

レバレッジ取引の手数料【ビットトレードでは取扱なし】

レバレッジ取引の手数料比較
取引所名 ビットコイン アルトコイン
BitTrade
bitFlyer 無料
Zaif -0.01% 0%

レバレッジ取引とは一定の証拠金を預けその金額以上を運用する取引です。

株式取引や外国為替取引でよく聞かれる単語ですが、仮想通貨においても例外ではありません。

まず始めに触れておきたいこととして、BitTradeはレバレッジ取引の取り扱いがビットコイン、アルトコイン共にありません。

bitFlyerはビットコインのみレバレッジ取引を受け付けており手数料は無料です。

Zaifが唯一ビットコイン、アルトコイン両方の取り扱いをしています。

そして、ビットコインについてはレバレッジ取引もマイナス手数料を実施していて、アルトコインについては0%手数料と、レバレッジ取引においてもZaifは手数料の安さが際立ちます。

レバレッジ取引をするならZaif

レバレッジ取引の手数料(スワップポイント)【ビットトレードでは取扱なし】

レバレッジ取引の手数料(スワップポイント)比較
取引所名 ビットコイン アルトコイン
BitTrade
bitFlyer 0.04%/日
Zaif 0.039%/日 0.039%/日

仮想通貨取引におけるスワップポイントとは、証拠金を預けて行ったレバレッジ取引によって借り入れした資金に対する金利を指します。

BitTradeはレバレッジ取引がないためスワップポイントもありません。

bitFlyerについては、ビットコインのみレバレッジ取引があり、スワップポイントは0.04%とZaifに比べて0.001%多めにもらえます。

Zaifについてはビットコイン、アルトコイン共にレバレッジ取引があり、スワップポイントは両者ともに0.039%です。

ビットコインのみにフォーカスするのであれば、bitFlyerもZaifも、もらえるスワップポイントに大きな差はありません。

レバレッジ取引するならbitFlyer

入出金手数料

入出金手数料比較
取引所名 入金手数料 出金手数料
BitTrade 銀行振込:お客様負担 銀行振込:一律 648円
bitFlyer クイック入金:324 円
銀行振込:各金融機関所定額
【三井住友銀行 から出金】
3万円未満:216 円
3万円以上:432 円
【他の銀行から出金】
3万円未満:540円
3万円以上:756円
Zaif 銀行振込:お客様負担 50万円未満:350円
50万円以上:756円

入出金手数料とは「日本円」を入出金するためにかかる手数料です。BitTradeとZaifは銀行振込が客先負担です。唯一bitFlyerがクイック入金を324円で実施していて、銀行振込についても各金融機関所定額で行なえる強みがあります。

出金手数料については、Bit Tradeが一律648円、Zaifは50万円未満で350円、50万円以上で756円と金額によって手数料に差を設けています。

三井住友銀行が出資しているbitFlyerは同行からの出金手数料が安く設定されており、3万円未満で216円、3万円以上で432円です。

代わりに他行からの出金は3万円未満で540円、3万円以上で756円と高めに設定されています。総合的にBitTradeはやや高めの手数料設定となっています。

送金手数料

BitTrade(ビットトレード)の送金手数料比較
仮想通貨 手数料
BTC(ビットコイン) 0.001 BTC
XRP(リップル) 0.15 XRP
LTC(ライトコイン) 0.001 LTC
ETH(イーサリアム) 0.005 ETH
MONA(モナーコイン) 0.001 MONA
BCH(ビットコインキャッシュ) 0.001 BCH

ここでの送金手数料とは、取引所から「仮想通貨建て」で入出金する際に発生する取引手数料を意味します。日本円の入出金と異なり、仮想通貨の送金手数料はBitTradeではなく仮想通貨のマイナー(採掘者)の手に渡ります。

BitTradeは仮想通貨を入金する際の手数料は無料ですが、出金(送金)に関しては手数料が有料です。

現在多くの取引所において送金手数料は安めの設定となっていますが、BitTradeについても同様に安い価格設定となっています。

仮想通貨取引の参入者が増えたことにより送金手数量は年々値上がりしているといわれており、今後もこの価格帯を維持できるのか注意したいところです。

スプレッド

2018年2月25日のBTC/JPYのスプレッド比較
取引所名 買値 売値 スプレッド
BitTrade 1,063,438 1,061,050 2,388
bitFlyer 1,060,840 1,060,141 699
Zaif 1,061,000 1,060,865 135

スプレッドとは市場で取引されている仮想通貨の「買い」と「売り」の価格差であり、スプレッドで発生する値差は言い方を変えれば「手数料」だともいえます。

仮想通貨では、取引所とユーザーが取引を行う「販売取引」とユーザー同士が取引所を介して取引を行う「板取引」があります。BitTradeは店頭取引行っておらず、板取引のみ対応しています。

2018年2月25日のビットコインのスプレッドを三社で比較すると、BitTrade、bitFlyer、Zaifの順にスプレッドの幅が広いことが分かります。

ただ、販売取引の3~5%といったスプレッドと比較すると、スプレッドの幅はそこまでの広さがありません。

手数料を比較したけど、BitTradeは他社と比べて手数料が高めに設定されていましたね。コレなら違う取引所での取引がいいですかね!?

待て待て!手数料は他社と比べて確かに高いが、メリットは有るんだ!今から説明していこう。

BitTrade(ビットトレード)で取引するメリット

 

先程は手数料の観点から、BitTradeの仮想通貨業界での立ち位置について比較を行いながら参照しました。では、数ある仮想通貨取引所の中からBitTradeで取引をするメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

次に「手数料」「スプレッド」「注文方式」「トレーディングシステム」「金融庁の認可の有無」など多角的な観点から、BitTradeを利用するメリットについてご紹介します。

入金手数料が無料

仮想通貨取引を始めるためには、仮想通貨取引所内に開設した口座に元手となるお金を振り込まなければなりません。入金は大きく分けて「日本円」での入金と「仮想通貨」での入金の二通りの方法があります。

日本円での入金は多くの取引所で客先負担となっておりBitTradeも例外ではありません。しかし、仮想通貨による入金については、BitTradeは現在取り扱っている6種類の通貨(BTC、XRP、LTC、ETH、MONA、BTC Cash)に対して手数料無料です。

入金の際の余分なコストを抑えられるため仮想通貨による入金が無料であることは、ユーザーの利便性を考慮すると大きなメリットではないでしょうか。

スプレッドが狭い

先程のスプレッドの項目で、BitTradeのビットコインのスプレッドは比較した三社の中では、一番幅が広かったとご説明しました。

ただアルトコインにおいて、BitTradeのスプレッドは狭いことで知られています。理由として、店頭取引を行っていないため、全ての取り扱い通貨の取引を板取引で行うことが挙げられます。

特筆すべきなのは、現在ある主要な取引所の中でリップル(XRP)を店頭取引ではなく、板取引でできる取引所はBitTradeと業務提携を行っているbitbankのみです。

リップルの運用を考えている投資家の方には、販売取引で発生するスプレッドとの値差は大変大きなメリットです。

指値注文ができる

仮想通貨取引の注文方法は大きく分けて、「成行注文」と「指値注文」があります。「成行注文」は価格を指定しないで注文を出すため、注文を確実に出したいときに有利な注文方法です。

ただし、相場の変動幅が激しい場合は、意図していた価格帯で約定できないことがあります。それに対して「指値注文は」価格を指定して行う注文です。価格を指定して行うため、微差をもコントロールするトレードにおいて効果を発揮します。

また、仮想通貨取引では「メイカー」と「テイカー」という役割区分があります

「メイカー」は既存の注文に対して注文を出す人で、「テイカー」は新規で場に注文を出す人です。

「テイカー」は市場に流動性をもたらすことから手数料面で優遇されており、「指値注文」が行えることでこの恩恵を受けることができるのです。

高機能なチャートが使用できる

市場での投資情報で分析するテクニカル分析を行うためには、チャートソフトを使用する必要があります。

BitTradeは「Trading View」と呼ばれるオンラインのチャートシステムを採用しています。仮想通貨のみならず、株、先物、FXを含めた金融商品のチャートを見ることができ、しかもBitTradeの口座を開設しなくても見れる万人に開かれたツールです。

チャート画面、板情報、注文パネルのエリアで構成されていて、手数料価格など細部のコストまで把握できる仕様となっています。

PC、スマホに対応しており、スマホでは専用のアプリはありませんが画面サイズに応じて最適化されるため、操作にストレスを感じることはありません。

金融庁に登録済み

コインチェックのハッキング事件によって、仮想通貨取引所が「金融庁に登録済」かが世間から注目されるようになりました。また、3月には仮想通貨取引所7社が金融庁に処分されるなど風当たりが強くなっています。

多額の資産を預けるためとても重要なポイントです。

BitTradeは金融庁に登録済みです。

公式ページ内にも証明として、「金融商品取引業者登録番号:関東財務局長 登録番号 第00007号」との記載があります。

一つ注意して置きたいポイントは、「金融庁・財務局が、これらの仮想通貨の価値を保証したり、推奨するものではございません」と損失補填は行われないことに合わせて触れていることです。

BitTrade(ビットトレード)は上級者向け

 

では、BitTrade(ビットトレード)は結局初心者向けなのか、上級者向けなのか。それはどういった視点を持つかで変わります。

レバレッジを使えない点で見れば、経験の浅い投資家に向いているともいえます。BitTradeを他の資本力の大きい仮想通貨取引所と比較した場合、予期せぬトラブルかあった場合の対応の安心感という面では劣ってしまいます。

その場合BitTradeを初心者が利用するにはハードルが高く、上級者向けのサービスと捉えることができます。


いずれにせよ、投資を行う際にはリスクをいかにして軽減して分散させるかが重要となります。従ってBitTradeを上級者向けと切り捨てることなく、数ある選択肢の一つとして活用される方が建設的です。

BitTradeの持つアルトコインのスプレッドの狭さといったメリットを最大限活用して、ポートフォリオの改善に活かされてはいかがでしょうか。

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。