仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

Stock exchange 738671 640

「Zaif」運営のテックビューロがICOで109億円調達

ICOにて109億円という超大型調達を成功した、テックビューロ社。しかしまだ世間では、「ICOって何?」「怪しくないの?」という感想を持つ人も多いのではないでしょうか。今後で取引されていくであろうCOMSAに関してとてもわかりやすく執筆しています。気になるけど、見逃してしまったという人は必見です。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/06/19 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で5,500円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

ICOとは何か?

仮想通貨

資金調達手段の1つ

仮想通貨の世界ではICOという単語をよく耳にすると思います。

ICO(Initial Coin Offering:イニシャル・コイン・オファリング/新規仮想通貨公開)といい、資金調達をしたい企業や事業プロジェクトが、独自の仮想通貨を発行(販売)し、資金を調達する手段のことを言います。

投資家には暗号通貨(コイン、トークンともいう)と呼ばれるデジタル通貨(資産)を購入してもらい、原則として対価などはありません。これは別名「クルドセール」や「プレセール」「プレオープン」とも呼ばれ、株式を利用した従来の方法(IPO:新規株式公開)以外の資金調達手段となっています。

上場前の仮想通貨

プレオープン中なので上場前の仮想通貨ということになります。

ICOで資金調達をする企業は、独自のトークンやコインを発行します。それがプレオープンになります。その企業やプロジェクト、トークンの魅力について宣伝し、投資家に購入してもらうことになります。

ICOが終了すると、晴れて取引所に上場されます、ここで価格が跳ね上がったりする場合もあり、プレオープン中にトークンを購入した投資家はそこで資産を増やすこともできます。

期待できるICOはハイリターンも

ICO期間はプレオープン中なので上場される前に購入するより、ずっと安く購入でき、上場され価格が上がれば購入者にとっては、ハイリターンというメリットがあります。

こうした優良のICO案件の情報を掴むことで、仮想通貨で一気に稼ぐこともできますが、ICO案件には詐欺まがいのネタもあるので注意が必要です。せっかく投資をしたのに、全てが嘘で、大金が一瞬にして消えてしまった事例も沢山あります。

信頼できる情報元を見つけておくことで、リスクを回避することは可能です。

ICOを行う企業のメリット

ICO

銀行やベンチャーキャピタルを頼らなくても資金調達しやすい

一般的に、企業や事業プロジェクトが何かを始めるにあたり資金が必要になる時は、銀行や金融機関からの借り入れや融資、もしくはベンチャーキャピタル新株を発行して出資してもらう方法があります。

しかしその企画に信用がなかったり、企業の与信能力が低かったりする若き企業や新興企業が、銀行から資金調達をすると、借り入れ金利が高くなったり、十分な資金が調達できなかったりする場合があります。

これに対してICOは、こうした若い企業や新興企業が抱えるハードルを低くし、資金調達が行えるメリットがあります。仮想通貨自体が誕生したばかりなので、こういった課題を抱える企業は多く存在しました。

8つのメリットがある

ICOを発行する企業にとって、8つのメリットがあります。

・集めた資金は配当を支払う必要がない
・集めた資金に株式(会社の所有権)を発行する必要がない
・利子の支払いがない
・投資対象となる事業の価値を投資家に提示する必要がない
・ネットを利用してグローバルなマーケットを相手に資金調達できる
・小さなベンチャー企業や個人でも利用が可能
・支払いは仮想通貨のため、インターネット上で払い込みが完結
・投資サイドは小額からの資金提供ができる
・投資家は購入したトークンやコインをインターネット上でいつでも転売可能

価格が上昇するかは企業次第

ICOには株のように配当金などはありませんが(あったとしてもおすすめはしません)、企業として成長していけば上場した仮想通貨の信頼性、需要が高まり価格が上昇します。投資する側にとって、購入した仮想通貨の価格が上がれば、それだけリターンも期待できます。

したがって優良な案件の場合は、早い段階から出資すれば、それだけリターンも期待できる魅力があります。しかし上場しても、有名な大手取引所には上場できなかったりするとコインが予想より購入されず、流動性も生まれず、価格が伸び悩む場合もあります。

ポイントとしては、あまりにも大型案件のICOのいくつかは今まで、プレオープン中の価格より下がる傾向にあり、時価総額30億円程度のICO案件が妥当と言われています。


COMSAとは一体何か?

COMSA

ICO向け総合サービスCOMSA

ICOというと、これから独自の仮想通貨を上場するための資金調達というイメージがありますが、COMSAは実業を持つ企業がブロックチェーン技術を導入するための総合サービスです。

トークンとは単に暗号通貨のことだけでなく、「価値を記録し、モノやサービスと交換され流通する電子記録」という意味もあります。最近では多くの企業がICOに興味を持ち、その企業独自のトークンを発行することで資金調達したいというニーズが高まっています。

しかしトークン発行のための、ブロックチェーン技術を導入するには、様々な課題も多くあります。そこでCOMSAでは、ビジネスにブロックチェーン技術を導入したいと考えている企業に対して、サービス(ワンストップ)を提供しICOのお手伝いをするシステムです。

COMSAは企業とブロックチェーンの架け橋

ICOする企業は、仮想通貨市場の投資家に対して、発行するトークンを告知する必要があります。そこで「ホワイトペーバー」と呼ばれる、トークンがどんなものか書かれた概要を発行します。そこでプロジェクトや魅力を宣伝します。

COMSAにもホワイトペーパーがありました。初期に提供が開始されるサービス内容が掲載されていました。
ブロックチェーン技術、特にトークンを用いたビジネスプランとサービスデザイン、既存ビジネスにおけるアセットのサイバースペース上でのトークン化、他言語のホワイトペーパー作成、クラウドセールスプラットフォームを用いたトークンの作成と販売、Zaif取引所でのマーケット提供などがあります。

その企業が行いたいサービスをトークン化し、それをZaifで上場もしてくれるという、まさにCOMSAは企業とブロックチェーンの架け橋です。

プレオープンで集まった資金の使い道

「Zaif」運営のテックビューロがICOで約109億円を集めたと話題にもなりました。

その集まった資金の使い道ですが、COMSAのICOトークンセール基盤プラットフォームの開発、COMSA COREの開発、COMSA HUBの開発、Zaifの完全な他言語化とサポート体制の整備、暗号通貨ペッグのトークン開発、法定通貨ペッグのトークン開発などがあります。

集まった資金は主に開発や体制の整備などに使われるようです。

COMSAのワンストップソリューションとは

会社

トークンに関する機能

COMSAには3つの大きな機能があり、その1つがトークンに関する機能です。

Zaifは仮想通貨の売買を主とした取引所ですが、ICO案件を取り扱うことや、トークンの売買を管理したりするコントラクトの実装、プライベート・ブロックチェーン構築用の基盤製品「mijin」の提供などです。

基盤製品「mijin」とは、まずはICOで企業が自社の電子トークンを発行します。そのトークンに価値があると認め、Zaifで日本円や仮想通貨で交換できる管理を構築する製品として有しているのが、プライベート・ブロックチェーン基盤mijinです。

スマート・コントラクトの提供

2つ目の機能は、mijiで構成された複数のプライベート・ブロックチェーン(承認は一部のノードに限られている)と、ビットコイン、NEM、イーサリアムといったパブリック・ブロックチェーン(不特定多数が承認をする)を連携させ、その間でトークンの整合性を保持できる、スマート・コントラクト(契約の自動化)を提供します。

パブリップ・ブロックチェーン上のマスターアカウントと内部のプライベート勘定との間で、トークンの残高をコントロールするソフトウェア「COMSA HUB」を利用できます。

「COMSA CORE」は現在開発中で、COMSAで発行するトークンは「COMSA CORE」を通じて、NEMやイーサリアムなどのプロックチェーンを自由に行き来できるようになります。複数のブロックチェーン間のゲートウェイとして機能するプラットフォームになります。

ICO実施へのサービス

開発したトークンをICOで発行する際に宣伝となるホワイトペーパー、トークンの機能設計、ブロックチェーンの導入プラン、国内外へのPR、トークンセールツールまでをCOMSAがひとまとめで請け負うことで、ICOを行う際のサポートします。

一般企業ではホワイトペーパーを作ることがICOへの第一歩になるのですが、なかなかそこまで至らないケースが多いので、そうならないためにCOMSAがバックアップをします。

COMSAのICOに参加するメリット・デメリット

ICOに期待

メリット

COMSAのICOに参加するメリットは、今後のICOで5%のボーナスが受け取れることと、クローズドのプレセールに招待されることです。つまり、今後のICOにお得に参加できる特典があります。

今後行われるICO案件に参加するにあたり、Zaifを通して参加できるなら、詐欺にあうこともなく、ボーナスも受け取ることができるので、それだけでもCOMSAのICOに参加するメリットはあると言えます。

デメリット

上場した際、短期的な価格の上場は期待できないかもしれません。その理由はトークンに発行上限がないことです。期間内なら誰でも好きなだけ買うことができます。

Zaifに上場しても需要があまりなかった場合、価格があまり上がらない可能性があります。ですが、上場後にCOMSAを知り、欲しい人たちによって需要が高まれば、価格の上昇が期待できます。

上場開始先と取引開始時期

COMSAはZaif取引所に上場し、11月末頃に取引開始予定となっています。トークン配布時期が11月中旬〜11月末頃でとあります。

またトークンはZaifに登録しておけば受け取ることができるので、ウォレットを作っておく必要がないので、初心者でも容易に参加することができるICOと言えます。

上場する時は、初値は投資家にとって注目が集まります。ICOの時の2倍以上の値がつけば、ICO割れする場合もあります。そういった動きを見るためにも、自分から情報を受け取りに行かないと、いつの間にか上場していたというケースもあります。

そのため上場の時期が近づいてきたら、Zaifに何度かアクセスをして、最新の情報を持っているようにしましょう。

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。