仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

Poloniex

Poloniex(ポロニエックス)の入金・出金・送金方法

数ある海外仮想通貨取引所の中でも知名度のあるPoloniexについて、国内仮想通貨取引所と比べて少々ややこしい送金及び入金方法や出金方法についてわかりやすく解説してみました。国内取引所に登録済みの方は比較的スムーズに送金、入金ができるかもしれません。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/08/25 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で1,000円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

Poloniex(ポロニエックス)とは?

ポロニエックス

アメリカの大手取引所

Poloniexは海外の取引所なので基本的に海外の方が多く使用しています。

日本とアメリカでは約9時間の時差があるので取引が活発になる時間が異なり、価格の急激な変化が起こりやすいと言われています。

しかし、Poloniex大きな特徴である2点

  • 手数料が安い
  • 取り扱い通貨が多い(草コインの取り扱いが多い)

が非常に魅力的です。

また、「P2P取引」をしており、ユーザー間での売買のためスプレッド、手数料が安く取引量が多いため流動制が高いところも特徴の一つです。

多くの仮想通貨の取り扱いを行っているので草コインで億り人を目指しPoloniexで取引を初めている方も多くいます。

入出金は多少時間がかかってしまいますが確実に行われ、サポートセンターの対応もしっかりしています。

ビットトレックスやバイナンスなど人気の海外仮想通貨取引所がありますが取引の方法がシンプルで英語ができなくても理解でき、チャートも見やすく初心者から上級者までが使用できるので非常におすすめの海外仮想通貨取引所です。

初心者の方はまずは少額からトライしてみましょう。

取扱い通貨数が魅力!!

Poloniexではビットコインを含め68種類の仮想通貨を取り扱いしてる事が人気の理由の一つです。

日本の仮想通貨取引所でも扱われているメジャーな仮想通貨から日本の取引所では購入ができない草コインと呼ばれるマイナーなコインの取り扱いもしています。

主な取り扱い通貨は以下の通りです。

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • ETC(イーサリアム・クラシック)
  • LTC(ライトコイン)
  • XRP(リップル)
  • Lisk(リスク)
  • XMR(モネロ)
  • XEM(ネム)
  • DASH(ダッシュ)

Poloniexは草コイン(マイナーで現在価格が安い仮想通貨)の取り扱いが多く、今草コインの購入をし、何年後かには価格が何十倍にもなっているという可能性があります。

現在では100万円前後の価格のビットコインですが、もちろん1円以下の価格の時もありました。

イーサリアムもプレリリース価格は30円程で発行されました。

将来性、人気が出そうな仮想通貨を今のうちにpoloniexで購入しておき価格が上がるのを待っている方も多くいます。

Poloniexのへ送金は難しい?

ポロニエックス

日本円を扱っていないのでBTCでの送金(入金)

続いてPoloniexの入金方法ですが、基本的には海外の仮想通貨取引所では日本円の取り扱いに対応していません。

Poloniexでは日本円だけでなく、法定通貨の取り扱いをしていないので日本円、米ドル、ユーロなども取り扱いが行えません。

入金は全てビットコイン(BTC)で行う必要があります。

日本の仮想通貨取引所では日本円の入金が可能ですが、海外の仮想通貨取引所では法定通貨を取り扱わず、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨のみの入金が主流になっています。

ビットコインでの入金を行うには日本円の取り扱いがある仮想通貨取引所(bitFlyer、Zaifなど)でのアカウントを作成し、取引所でビットコインを購入し取引所からPoloniexのウォレットへ送金する必要があります。

少し手間がかかりますが慣れてしまえば簡単にできる手順です。

Poloniexに送金されたビットコインでアルトコインの購入を行います。

口座開設のみだと送金不可?

pooniexのアカウント作成方法は他の仮想通貨取引所と同じく難しくありませんが、アカウント作成、口座開設のみだと送金ができません。

アカウント作成、口座開設をしてから本人確認に移ります。

アカウント作成手順は以下の通りです。

  • 1.「アカウント作成」(Create Your Account)ボタンをクリック
ポロニエックス※以下より、グーグル翻訳により日本語に翻訳されたページを表示しております。
  • 2.「住んでいる国」、「メールアドレス」、「パスワード」の入力
  • 3.届いたメールのリンクを開き本人確認すれば完了
Polo

本人確認の方法ですが大きく2つのステップに分かれています。

  • 1.個人情報の入力
  • 2.身分証明書の画像をアップロードする
Polo

1個人情報の登録方法

「Profile Verification」という画面から行います。

・First Name:下の名前(アルファベットで入力)
→Tarou(太郎)

・Last Neme:名字(アルファベットで入力)
→Tnaka(田中)

・Country:住んでいる国
→Japan(日本)

・Street Address:住んでいる住所と番地
→1−1−1Higashimachi(東町1−1−1ー)

・City:都道府県と市区町村
→Setagaya,Tokyo(東京都世田谷区)

・State:州(アメリカの場合)
→日本在住の方は未記入で大丈夫です。

・Postal Code:郵便番号
→123ー4567

・Phone Number:携帯電話の番号
→09012345678

・Date of Birth:生年月日

・Passport ID:パスポート番号

上記を入力すれば個人情報の登録は完了です。

2.身分証明書のアップロード

アップロードする画像は以下の2点です。

  • 身分証明証の画像
  • 身分証明証と自分の顔、撮影日の日付の書いた紙の3点が映った画像
免許証

身分証の画像は運転免許かパスポートですが運転免許証は日本語で記載されているのでパスポートをお持ちの方はパスポートの方がオススメです。

パスポートを持っていない方は運転免許証を画像編集ソフトを使い英語表記にしなければいけません。

画像を送信してから数日から1ヶ月ほどで認証されます。

認証されるまでは送金不可など利用に制限があるので注意が必要です。

Poloniexの送金方法手順

全て英語表記だと難しく感じますがPoloniexに送金や仮想通貨の売買は基本的にシンプルなので難しくありません。

まずは送金方法について解説します。

送金画面へ

Polo

1Poloniexにログインし右上の「ACCOUNT」(アカウント)を選択します。

2メニューの中から「BALANCES」を選択します。「BALANCES」は残高に関するメニューです。

「DEPOSITS&WITHDRAWALS」(預金と引き出し)を選択します。入金&出金です。

アドレスを入力

Polo

1入金画面に移り、通貨の種類が出てきます。これらは入出金可能な仮想通貨です。

2右上の検索バーで「BTC」と入力しビットコインを選択します。

3右上に「Actions」(操作)があり、「Deposit」(入金)と「withdraw」(送金)がありますので「Deposit」(入金)を選択します。

すると入金用のアドレスが表示されます。

アドレスをコピーして送金するウォレットからPoloniexへ送金します。

送金完了

登録したメールアドレスに確認メールが届きますので添付されているアドレスをクリックすると入金完了です。

出金方法手順

続いて出金方法です。

出金画面を選択

Polo

1Poloniexにログインし右上の「ACCOUNT」(アカウント)を選択します。

メニューバーの「BALANCES」(残高)を選択します。

「DEPOSIT&WITHDRAWALS」(預金と引き出し)を選択します。

Polo

3画面右の「Action」(行動)の下に「WITHDRAWALS」(引き出し)を選択すると送付先のアドレスやビットコインの額を入力する画面が出できます。

出金先アドレスを入力

Polo

4送付先のビットコインアドレス、ビットコインの額を入力したら「Withdraw」をクリックします。

出金完了

登録したメールアドレスに確認メールが届きますので添付されているアドレスをクリックすると出金完了です。

送金・出金情報

ビットコイン

手数料は?

それでは気になるpoloniexの取引手数料を見てみましょう。

Poloniexの取引手数料は日本の仮想通貨取引所の取引手数料と比べると安い傾向があります。

日本の取引所では約2%の取引手数料がかかってしまいますがPoloniexは一律0.15〜0.25 %の手数料で取引が可能です。

Poloniexの手数料は過去30日間の取引額により変わりますが以下の通りです。

・Maker:〜0.15%
・Taker:〜0.25%

次に送金手数料ですがPoloniexの送金手数料の徴収は独特で「マイナー」に支払う報酬がそのまま手数料になります。

有名な海外仮想通貨取引所である「ビットレックス」はビットコインの送金手数料は0.001BTCかかりますがPoloniexでは同じ金額を送金するのに0.0001BTCの手数料で済みます。

日本の仮想通貨取引所よりは安いですが、他の海外の仮想通貨取引所と比べてみます。

・BTC取引手数料

Poloniex:0.15%〜0.25%

Bittrex:0.25%

Binance:0.1%


・アルトコイン取引手数料

Poloniex:0.15〜0.25%

Bittrex:0.25%

Binance:0.1%

・BTC送金手数料

Poloniex:0.0001BTC

Bittrex:0.001BTC

Binance:0.001BTC


Poloniexは手数料は安く初心者の肩にも簡単に初められるので日本の取引所だけでなく海外の仮想通貨取引所の開設を考えている方はPoloniexがおすすめです。

反映時間・対応時間は?

Poloniexは海外の仮想通貨取引所なので顧客対応や反応の時間が気になります。

基本的には入出金は24時間以内に行われますが何日も反映されなかったケースもあるそうです。

その場合はPoloniexへの問い合わせが必要になりますがこの問い合わせも英語になります。

サポートセンターは日本では珍しくチケット制になっていますのでチケットを選択します。

問い合わせしたい項目を選択し文章を入力します。

ここら辺は翻訳サイトなどで翻訳できるので翻訳して入力します。

サポートセンターからの反応は早いという例が多くありました。

入出金はサーバーの負荷などの関係により遅れる事があるようですがきちんと反映はされる事が確認されています。

また、アメリカと日本では時差が9時間ほどありますので仮想通貨が売買されるタイミングが異なり、寝ている間に価格が高騰、暴落する事があります。

アメリカとの時差を気にしつつ取引する事が大切です。

【Poloniex】まとめ

ビットコイン

Poloniexは海外の取引所なので基本的に海外の方が多く使用しています。

日本とアメリカでは約9時間の時差があるので取引が活発になる時間が異なり、価格の急激な変化が起こりやすいと言われています。

しかし、Poloniexの大きな特徴である2点

  • 手数料が安い
  • 取り扱い通貨が多い

は冒頭で述べたとおり魅力だと言えるでしょう。

以上に述べてきた通り、法定通貨の取り扱いがないことや日本語に対応していないことから手を出しづらい取引所のように感じられますが、既に国内の取引所で取引経験がある人からすれば、既に持っているあるいは国内取引所で購入したビットコインで取引できるのでハードルの高い取引所ではないでしょう。

国内の仮想通貨取引所の場合、取り扱い通貨の種類が少ないため、Poloniexは多種多様な仮想通貨での取引をリーズナブルな手数料で行いたい方に最適な取引所と言えます。

 

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。