仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

Plastic card 1647376 1920

マスターカードがブロックチェーンを使用した旅程入札システムで特許を取得

マスターカードが旅行者とホテルや航空会社など旅行に関わるサービスのプロバイダーをブロックチェーン技術を用いてマッチングさせるシステムの特許を2018年6月7日に米国特許商標庁(USPTO)によって授与されていたことが分かりました。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2018/06/19 現在
Gmo
Ranking 1st GMOコイン
スマホアプリで簡単にビットコインFX取引が可能。下落相場でも高い利益率を出せる可能性があるGMOグループの取引所。
Bitflyer
Ranking 2nd bitflyer
仮想通貨「リスク(Lisk)」も上場した今1番勢いのある仮想通貨取引所。潤沢な資本と強固なセキュリティにより安全に取引ができます。
Dmm
Ranking 3rd DMM Bitcoin
仮想通貨が初めてでも分かりやすいチャートを提供している取引所。BTC・ETHの現物取引、5種類以上のアルトコインのレバレッジ取引も可能。

マスターカードが今回(2018年6月)取得した特許について

マスターカードポケット

IBMWalmartに並び、ブロックチェーン技術関連の特許追求の点で、ブロックチェーン研究に対して最も多額の投資をする企業の1つであると言えるマスターカード(MasterCard)ですが、今年(2018年)上半期に既に立て続けに特許を取得しています。以下に具体的にご紹介致します。

金融サービス大手のマスターカード(MasterCard)は、旅行者が希望する旅程を提出して、旅行者を予約する前より多くのホテル、航空会社、その他のサービスプロバイダーに接続し、各サービス要求に対して入札できるようにするブロックチェーンシステムの特許2018年6月7日、米国特許商標庁(USPTO)によって取得しています。

このブロックチェーンシステムがもたらす主な利益は、旅行業者からすれば、提供しているサービスと旅行者とのマッチングを入札によって行えるということで広告費用削減が見込めることにあります。また、旅行者側にとっては、旅行に必要なサービスのマッチングを提示した希望に近い業者とマッチングしてくれるということで旅行サービス利用をより容易にするメリットがあります。

システムのもとで、旅行者は旅程についての詳細な方法を提出することができ、それにはブロックに含まれ、ブロックチェーンを介してネットワークに接続された全ての端末に共有されます。サービスプロバイダーは予約要求のために入札を提出することができ、これは処理サーバーによって評価され、旅行者に送られます。

このようなシステムにより、旅行業者はより低コストかつ、スピーディーに顧客の獲得ができ、旅行者は余計なコストをかけることなく、希望通りの旅程を遂行することが出来ます。

このブロックチェーンによる旅行入札システムの特許を取得した同日、マスターカード(MasterCard)は、ブロックチェーン技術を使用して支払証明書を安全に検証するPOSシステムの特許も取得しています。

マスターカードが先月(2018年5月)に取得した特許について

マスターカード二枚

2018年複数の特許を立て続けに取得しているマスターカード(MasterCard)は、先月末(2018年5月31日)にも米国特許商標庁(USPTO)により特許を授与されています。

その内容は、ブロックチェーン技術によるクーポン認証システムで、顧客のブロックチェーンウォレットアドレスを使用してクーポンを認証して、加盟店が顧客にクーポンをより効率的に発行するだけでなく、ブロックチェーン上に自動的に記録されていく顧客のクーポン利用情報と照らし合わせることでクーポン詐欺を減らす狙いがあるものでもあります。

クーポン詐欺が減ることは、クーポン発行業者側が、詐欺や偽造による不利益の補填の分を新たなクーポン発行に回すことにもつながるので、消費者にも利益のあることだと言えます。

その他のクレジットカード会社によるブロックチェーン技術利用

アメリカン・エキスプレス・カード

マスターカードのみがクレジットカードの利用環境の改善のためにブロックチェーン技術を利用しているわけではありません。他にもブロックチェーン技術を利用して、クレジットカード利用環境の改善に貢献している企業はあります。

例えば、アメリカン・エキスプレス(American Express)最近(2018年5月23日)、Hyperledgerをベースにしたブロックチェーン技術利用によるロイヤルティ報酬プログラムを改訂していたことを発表しました。これにより、加盟店はアメリカン・エキスプレス(American Express)の顧客に対して独自のプラットフォームで会員特典を提供することができます。

以上で紹介してきたように、世界でも主要な決済手段の1つであるクレジットカード業界でのブロックチェーン技術研究や利用が普及しつつあります。ブロックチェーンに関しては今後も導入が増えていくとは思いますが、殆どが実験段階だと考えられるため、どれだけ定着し、われわれの生活環境に影響していくのか気になりますね。

【参考】

2018年6月7日.CCN

CCN_https://www.ccn.com/mastercard-wins-patent-for-blockchain-travel-itinerary-bidding-system/

2018年6月8日.PaymentsSource

PaymentsSource_https://www.paymentssource.com/news/mastercard-patents-travel-auction-blockchain

2018年5月31日.CCN

CCN_https://www.ccn.com/mastercard-wins-patent-for-blockchain-based-coupon-authentication-system/

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

CoinHack 最新情報

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。