仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

1

Enjin Wallet(エンジンウォレット)の使い方や特徴・取扱い通貨

シンガポールに拠点を置くEnjin(エンジン)が開発したウォレットアプリのEnjin Wallet(エンジンウォレット)のメリットやデメリット、機能や使い方、取扱通貨などについて説明していきます。ハッキング対策にウォレットを導入する予定の方や既に他のウォレットをお持ちの方にも一つの選択肢として見て頂ければと思います。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/12/07 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で1,000円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

モバイルウォレットとは?

ウォレット

モバイルウォレットとは仮想通貨を保管する場所のうちスマートフォンのアプリを使って仮想通貨を管理するタイプのものをいいます。

2018年1月29日にコインチェックからネムが流出するという事件がありましたが、このように取引所から仮想通貨が流出するというリスクを避けるためにも、モバイルウォレットやその他のウォレットは効果的です。

またモバイルウォレットは先ほど説明した通りケータイにアプリをインストールして使いますので、携帯性や機能性に優れています。また最近ではモバイルウォレットを使うことでお店等で仮想通貨を使って支払うことも可能です。

メリット

ウォレットの中にはPCにアプリをインストールしPC上でしか操作できないデスクトップウォレットというものがあります。デスクトップウォレットでは持ち運びが困難で店先の支払いなどは不可能でしたが、モバイルウォレットを使うことによって携帯性がすぐれているので店先での支払いなどが可能になります

また、モバイルウォレットではアップルストアやグーグルプレイを通じてアプリをインストールすることになるので、その際利用者の評価を確認することができるのも大きなメリットと言えます。

デメリット

デメリットとしてはまずアルトコインの取扱が圧倒的に少ないということが挙げられます。取引所では数十個の仮想通貨の取扱がありますが、モバイルウォレットではアップルストアやグーグルプレイからアルトコイン向けのウォレットの許可がおりないことが多いです。なのでアルトコイン向けのモバイルウォレットがすくないのです。

またモバイルウォレットではケータイにアプリをインストールするのでケータイが壊れたらウォレット内の仮想通貨をすべて失ってしまうかもしれません。

そのような場合バックアップをとっておくことで回避できることが多いので必ずバックアップをとっておくことが必要です。

Enjin Wallet(エンジンウォレット)とは?

ho-mupe-ji

シンガポールに拠点をおくEnjinが開発

Enjin Wallet(エンジンウォレット)の開発元であるEnjinはオンラインゲームを中心に活動していてすでに2018年現在で10年の実績があります。また、Enjinはアジアのゲーム市場の大きさに注目し、6年前からはシンガポールに拠点をおいて活動しています。

Enjijnの技術者は世界各地にいますが、シンガポールの拠点にはアメリカやカナダのスタッフが中心に活動しています。

Enjin Coinとは

エンジンコイン

Enjinコインとは、Enjin Wallet(エンジンウォレット)の開発元であるEnjinの発行しているコインです。

また、EnjijnコインはEnjinの開発しているゲーム内で使えるコインとなっています。また、ゲームにはすでに1800万人の登録があり、ゲーム内でEnjinコインを使うことによってユーザーはゲーム内でアイテムの所有権を手に入れることができます。

Enjin Wallet(エンジンウォレット)をダウンロードしてみよう

Google Play で手に入れよう

Enjin Wallet(エンジンウォレット)の特徴は?

非常に使いやすいUI

エンジン

Enjin Wallet(エンジンウォレット)は非常にスマートなデザインでシンプルな選択を可能にしています。さらに、Enjin Wallet(エンジンウォレット)はお客様のニーズに合わせてUIを飛躍的に進歩させていきます。

アップルストアやグーグルプレイのレビューを確認したところ「簡単に扱える!」「とても使いやすい!」などのUIに対する好感的な意見が多かったのでその点は安心して使えると思います。

セキュリティー対策も万全

エンジン

Enjin Wallet(エンジンウォレット)は、公式画面の一番最初の言葉に「世界で最も安全なモバイルウォレットです」と謳っているようにセキュリティーに優れています。

Enjin Wallet(エンジンウォレット)は、様々な種類のハッキングやキーロガーを妨げることができるように設計されています。

また、各個人の資金を保有したり、アクセスすることはできないように設計されていて秘密鍵は完全に個人の管理下にあります。そのため、上記で述べたコインチェックのネム流出事件のような事が起きる心配はしなくて平気です。

ICO 投資およびエアドロップが可能

Enjin Wallet(エンジンウォレット)では無料で仮想通貨のもらうことができるエアドロップに参加可能です。

エアドロップでは主に無名の草コインを配布していますが、現在では非常に知名度の高いNEMやStellarも最初はエアドロプを行っていました。

NEMやStellarのようにエアドロップで配布され得ていた草コインがメジャーな仮想通貨に変貌することもあるのでぜひEnjin Wallet(エンジンウォレット)を使ってエアドロップを行ってみましょう。

また、Enjin Wallet(エンジンウォレット)ではICO投資が可能です。詐欺目的のICOなどに気をつけながらそのコインの値段が急騰することを期待してICO投資を行ってみましょう。

Enjin Wallet(エンジンウォレット)の取扱通貨は?

コイン

Ethereum (ETH)、Bitcoin (BTC)、Litecoin (LTC)、Enjin Coin (ENJ) およびすべての ERC20 トークンの取扱を行っています。

ERC20トークンとはこれまで各個人が自由にトークンを作っていたことによってトークンごとに送金方法や入金方法が異なっていたりトークンを一括管理できなかったりと言ったデメリットを解決するために作られたトークン作成の規格のことです。

この規格に則ったイーサリアムベースのトークンのことをERC20トークンと呼びます。

取扱通貨はEthereum (ETH)、Bitcoin (BTC)、Litecoin (LTC)の3つはその他多くのモバイルウォレットと大差なく一般的なラインナップとなっています。

Enjin Wallet(エンジンウォレット)はEnjincoinを取り扱っているという点で特徴的です。ゲーム内でEnjincoinを使用している方などはぜひこのEnjin Wallet(エンジンウォレット)を使用してみてはいかがでしょうか。

Enjin Wallet(エンジンウォレット)の登録方法

インストール

アプリをインストールし「ウォレットの作成」をタップ!

エンジン

まず、アップルストアやグーグルプレイでEnjin Wallet(エンジンウォレット)と検索し、「入手」をタップしEnjin Wallet(エンジンウォレット)をインストールしてください。

アプリを開くと上記の画面が表示されるので「ウォレットの作成」をタップしてください。

なお、ウォレットの移動をしたい方は「ウォレットの移動」をタップしてください。

取引条件を確認しよう

確認画面

取引条件が英語で表示されます。右下の「同意します」をタップすれば次の画面に進みます。

英語なのでわかりにくいかもしれませんが重要なので頑張って読んでおきましょう。

パスワードを設定しよう

エンジン

次にパスワードの設定画面が表示されます。

最低1文字の数字を入れ、8文字以上でパスワードを作成してください。

パスワードはかなり重要なものになりますので生年月日などすぐ推測されるものはできるだけさけて、なるべくわかりにくいものにしましょう。

ただ、パスワードを忘れた場合ログインできませんのでしっかり記憶しておきましょう。

パスワードを設定し「次のステップ」を押すと次の画面に進みます。

エンジン

再度、先ほど入力したパスワードを確認する画面が表示されますのでもう一度同じパスワードを入力しましょう。

確認できたら「次のステップ」をタップし次の画面に進みましょう。

12個のフレーズが表示されます

エンジン

次に12個の修復フレーズが表示される画面が表示されます。

この12個のフレーズはお使いのケータイ電話をなくしたりパスワードを忘れた際にウォレットから資金を引き出すのに必要になります。

ですので、12個のフレーズを忘れないように記載しておきましょう。

ただし、他人に見られないようにしてください。

12個のフレーズがしっかり記憶されているか確認する画面が表示されます。

エンジン

次に一つ前のステップで確認した12個のフレーズがしっかり記憶できているか確認する画面が表示されます。

具体的に何番目の数字のフレーズを記載してくださいと表示されますのでそれに従ってフレーズを入力してください。

使用するコインを選択します。

エンジン

次にこのウォレットで使用したいコインを選択する画面が表示されます。

「右側のチェック欄」をタップすると選択することが可能になります。

この作業はこの段階でやらなくても後から追加することが可能です。

使用するコインを選択し終わったら、下の「ウォレットを作成」をタップして次の画面に進みましょう。

ウォレットの作成が完了しました。

エンジン

ウォレットの作成は以上で完了です。

スムーズに行えば10分もかからない作業ですので手軽にウォレットをインストールしてみてください。

Enjin Wallet(エンジンウォレット)を使ってみよう

まとめ

以上Enjin Wallet(エンジンウォレット)の特徴からウォレットの作成方法までを説明しました。

最近ではコインチェックのネム流出事件があり自分の資産は取引所に預けないで自分で管理したいという人が増えてきているかもしれません。

そこで今回紹介したEnjin Wallet(エンジンウォレット)を資産管理の選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか?

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。