仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

Brianarmstrong

米仮想通貨取引所CoinbaseのCEO、Fortune誌の最も影響力のある40歳以下に選出

米国ビジネス誌の「Fortune」のビジネスに影響力のある40歳以下の40名のうちの一人に米仮想通貨取引所のCEOブライアン・アームストロング氏が選出されました。仮想通貨業界からは他にもEthereumの創業者Vitalik Buterin氏も選出されており、仮想通貨の影響力の高まりが改めて確認されました。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/08/25 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で1,000円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

CoinbaseのCEOが「40 under 40」に選出

コインベースCEO

仮想通貨関連事業は現在、現代文化や経済に大きな影響を与えており、それはもはや金融業界の域を超えて、文化的かつ経済的な力として認知されるようになりました。

Fortune誌による世界で最も影響力のある40歳以下の40名「40 under40」の最新版に、仮想通貨関連業界からCoinbaseのCEOブライアン・アームストロング氏が選出され、さらに順位はアメリカの人気歌手リアーナを1ポイント上回る20位だったことが話題になっています。

21番手のリアーナを挟むようにして22位にはEthereum創業者のVitalik Buterin氏がつけています。仮想通貨関連業界の人物がここまで高い順位に選出されるのは、初めてのことだということで注目を集めています。

Coinbaseの急成長

コインベース

2012年の創業以来、アームストロング氏はコインベースの成長に尽力してきました。その結果、現在(2018年7月)コインベースは190カ国1,300万人を超えるユーザーを誇るまでに成長しました。2017年には、ニューヨーク州金融局から正式にBitLicenseを取得したたった5つの仮想通貨関連企業の1つとして信頼度を高めました。

今回のアームストロング氏の「40 under 40」選出は、不明瞭なものとして認識されていた仮想通貨を世界的な金融資産のひとつとして認知させた彼の働きかけが認められた事実として認識されるでしょう。

さらにCoinbaseは、先月(2018年6月)に日本を足がかりとしたアジア経済圏進出を発表しています。この選出をさらなる追い風として仮想通貨をグローバルな金融システムの1つとするためのCoinbaseの働きかけがさらに盛んになってくるのではないでしょうか。

今後のCoinbaseの取り組みに注目です。

【参考】

Coinbase CEO Tops Rihanna in Fortune’s 40 Under 40 List

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。