仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

Yx mona 01

モナコインの半減期とは?【いつ・価格・理由を2018年最新の情報を紹介】

半減期とは、仮想通貨のマイニング報酬が半分になってしまうことです。半減期前は通貨の価格上昇がみこまれています。前回の半減期は2017年7月でしたが、次回は2020年7月の予定です。ぜひ、半減期前に通貨を購入しましょう!

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/09/16 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で1,000円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

モナコインの半減期

半減期

ビットコインなど主要通貨と同様にモナコインにも、マイニング報酬が半減する半減期というものがあります。

モナコインの価格変動に大きな影響を及ぼすことなので、保有しているユーザーはもちろん、これから購入しようとしている人も注目してください。

半減期を知っているのと知らないのでは、取り引きに大きな差が出てしまいます。モナコインの半減期はいつなのか?価格への影響はどうなるのか?など、気になるワードを詳しく説明していきますので、今後の参考にしてください。

いくつも通貨を保有するユーザーにとっては、人気の仮想通貨の半減期と合わせて、スケジュール管理する機会にしてみてはどうでしょうか。

半減期とは

数多くある仮想通貨はどれもブロックチェーンなどに設計された新しいデジタル通貨です。

国や銀行などの中央管理者がいないため、周りのユーザーが取引データの整合性を図っています。

ビットコインの場合、膨大な量の計算が必要ですから、正確な取引データを承認するマイニングに成功した人にご褒美として報酬が贈られます。

これがマイニング報酬という仕組みで、半減期はマイナーが受け取る報酬が半分になることを指します。

発行枚数が限られている仮想通貨はこの半減期を用いることで、既存の通貨の価値を高めることに一役買っています。

モナコインとは

モナコインは、2014年に日本で誕生した仮想通貨です。

いまある通貨のほとんどが海外で開発されていますから、国内産のモナコインは貴重な通貨といっていいでしょう。

掲示板内で利用されるモナコインはそのコミュニティが強力で、保有するユーザーが集まってユニークなイベントを企画したり、投げ銭可能なツールが登場するなど、モナコインの利用を楽しむ活動の幅が広がっています。

今後、相場的にも価格の上昇が期待される通貨の一つになるでしょう。

モナコインを購入できる取引所を紹介している記事はこちら

モナコインの半減期の仕組み

仕組み

ビットコインは21万個のブロックが生成されるたびに半減期を迎えます。

その期間は約4年に1度とされています。

その一方で、モナコインの半減期は1,051,200ブロックごとに行われます。

現在のマイニング報酬が25MONAですから、次の半減期を迎えると12.5MONAになります。


ビットコインと比べると、ブロックの生成スピードが早いモナコインは半減期が訪れる期間が短いとされています。

モナコインもほかの通貨と同じように半減期を迎えることで、発行枚数の調整や急激な価格変動を抑えているのです。

過去に起きたモナコインの半減期

過去

2013年末に誕生したモナコインの一回目の半減期は2017年7月に起きました。

そこで、一回につき50MANAのマイニング報酬がもらえていましたが、25MONAに減額されました。

モナコインの一つのブロックが作られる時間は約90秒に設定されており、半減期を迎えるブロックの数とかけて計算すると約3年に1度のペースで半減期が訪れることになります。

次のモナコインの半減期はいつ?

 

それでは次の半減期はいつになるのでしょうか。

一回目が2017年7月ですから、次の半減期は3年後の2020年7月と予想されます。

マイニングには正確な時間を割り出すことは難しく、細かな日時まで特定することも難しくなります。

半減期まであと何日なのか、どれくらいのブロックが生成された後なのか、詳しく知りたい人もいるのではないでしょうか。

そんな人のために、半減期までのブロック数や日数をまとめた情報が見れるサイトモナコインチャートというのがありますので、気になる人はチェックしてみてください。

価格の影響はどうなる?

上の図はモナコインのチャートです。

半減期前(2017年6月頃)に価格が上昇しているのが分かりますよね。具体的には3カ月ほど前から価格が上がり始め、そこから上昇のピークを迎えます。

これは、半減期を迎えると新たに発行されるコインが減ることで、既存の通貨の希少価値が上がるためです。

また、半減期を終えた仮想通貨のほとんどが半減期前と比べてその価格を上げていることです。

価格が落ち着いても結果的に通貨の価値が上がっていることが分かり、通貨を長期的に保有するときのメリットになることも考えられます。

【編集部の独自予想】次の半減期の価格について

 

上の画像は「Monacoin Charts」というモナコインの数々の情報を集めているwebサービスの画像です。

このサービスではモナコインの取引量、どの取引所で多く取引されているかなどが詳しく記載されています。

この画像では半減期までのブロック数と何日かということが記載されています。

2018年7月現在では残り763日ということで、2020年7月予定です。

現在はすべての仮想通貨の価格が低迷していますが、2020年には上昇している可能性もあります!

まとめ

まとめ

インターネットの掲示板「2ちゃんねる」から誕生したモナコインはほかのアルトコインと違って、実用性の高い通貨です。

過去には実際に土地の売買に利用されたケースもあります。

日本発の仮想通貨とあって、国内の大手取引所が取り扱っていますし、国外の一部の取引所でも売買できる広がりを見せています。

活発なコミュニティとともにその価値に期待を込めて、モナコインを購入し、ワクワクした気持ちで次の半減期を待つのも仮想通貨の楽しみ方の一つといえるでしょう。

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。