仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

%e4%bb%8a%e5%be%8c%e3%81%ae%e4%be%a1%e6%a0%bc%e4%ba%88%e6%83%b3%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%bf%e3%81%9f

【2018年9月】イーサリアム(ETH)の価格は今後どうなる!過去チャート分析・予想

ビットコインに次ぐ時価総額第2位の座をキープしているイーサリアム(ETH)ですが、今後の価格はどのように推移していくのでしょうか?この記事では、過去チャートなどからCoinHack編集部独自の予想をしてみました!!

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/08/25 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で1,000円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

まずイーサリアム(ETH)って?

イーサリアム 概要

イーサリアムはヴィタリック・ブテリン氏を中心にビットコインの思想・哲学を引き継ぎつつ、より柔軟性と拡張性を備えたプラットフォームとして開発されました。

イーサリアムのプラットフォーム上で流通している仮想通貨はETH(イーサー)と呼ばれています。

イーサーの時価総額はビットコインに次いで第2位につけており、注目を集め続けています。

その最大の理由はスマートコントラクトです。

これは取引で実行される契約内容を自動的に実行したり保存したりする機能のことで、通貨としての機能だけでなくさまざまな場面で利用されるようになりました。

これまでも多くのアップデートをしてきており、その度に大きく機能性を向上してきました。

今後も多くのアップデートを予定しており、さらなる機能向上が期待されています。

今回は、そんなイーサリアムの価格や将来性について解説していきます。

イーサリアム(ETH)について詳しく知りたい方はこちら!

イーサリアム(ETH)の購入はBITPoint(ビットポイント)で!!

イーサリアム(ETH)が優れている点

利点イーサリアムが優れている点は大きく以下の2つに集約できます。
  • スマートコントラクト
  • PoS(プルーフ・オブ・ステーク)に移行すること

スマートコントラクト

スマートコントラクトは、取引で実行される契約内容を自動的に実行・保存する機能のことで、ブロックチェーンに大きな拡張性や柔軟性を付加した重要な要素となっています。

イーサリアムはスマートコントラクトが実装された最初の事例でした。

イーサリアムにスマートコントラクトが実装されたことで、新たなトークンの発行が簡単になったり、アプリケーションを構築できるようになったりしました。

PoS(プルーフ・オブ・ステーク)に移行すること

イーサリアムは現在、コンセンサスアルゴリズムとしてPoW(プルーフオブワーク)を採用しています。

これは、ビットコインでも採用されているもので、新しいブロックの承認にマシンの計算能力を使うものです。

不特定多数のマシンによって決められた計算を行い、所定の条件を満たす解を最初に見つけた場合に報酬が与えられる方法です。

しかし、このアルゴリズムは非常に多くの電力を消費する上、大きな計算力を持つマイナーに権限を握られてしまうリスクがありました。

そのため、イーサリアムは今後のアップデートでコンセンサスアルゴリズムをPoWからPoSに移行する予定です。

PoSは、コインの保有量によって承認できる割合が高くなるアルゴリズムで、PoWの弱点を克服するアルゴリズムとして期待されています。

イーサリアム(ETH)の劣っている点

欠点イーサリアムは欠点も持っています。

主には以下の2点が挙げられます。
  • アップデートが思ったように進まない
  • セキュリティが不安

アップデートが思ったように進まない

すでにイーサリアムが今後アップデートを予定していることは解説しました。

しかし、現段階ではアップデートが全体的に遅れがちで、延期が続いています。

理由は技術的に難しいことのため準備やテストに時間がかかるからのようですが、イーサリアムの保有者からすれば今か今かとしびれを切らせている状態です。

また、アップデートが遅れ気味のため、ディフィカリティボムと呼ばれるPoSへの移行に必要な仕掛けがうまく機能しなくなりつつあり、対応に迫られています。

セキュリティが少々不安

イーサリアムは以前、DAO事件という大規模なハッキング被害に会いました。

これによって多額のイーサリアムが盗み出され、この事件をきっかけにハードフォークが起こり、イーサリアムクラシックが誕生しました。

イーサリアムにはこのようなネガティブな過去があるため、セキュリティ面の不安を抱える人も一定数います。

GoogleAdsが挿入位置(※このテキストは記事上では上書きされます)

イーサリアム(ETH)の価格チャート分析

1年間のethの価格推移(小数点第一位を四捨五入)
2017/08/01 25,906円
2017/09/01 42,124円
2017/10/01 33,985円
2017/11/01 31,039円
2017/12/01 53,168円
2018/01/01 103,316円
2018/02/01 128,566円
2018/03/01 94,344円
2018/04/01 41,390円
2018/05/01 77,671円
2018/06/01 64,036円
2018/07/01 49,906円

イーサリアムは他の仮想通貨と同じくこれまで大きな値上がりと暴落を経験しています。

2017年末の仮想通貨市場全体の高騰もあり、イーサリアムの価格も約5倍ほどの値上がりをしました。

しかし、2018年初頭には一気に暴落し、半分から3分の1ほどまで価格が下がりました。

イーサリアムはビットコインに次ぐ時価総額があるため、その値動きが仮想通貨市場全体に影響を与えました。

上図のチャートでは、右上の期間をクリックするとそれぞれ異なるタイムスパンのチャートを確認することができます。

直近の相場状況

直近のイーサリアムは他の仮想通貨同様下落基調でどんどん価格を落としています。

また、仮想通貨市場全体におけるシェアを意味するドミナンスもビットコインが圧倒的に大きくなり、イーサリアムが占めていた部分が小さくなり続けています。

現段階でのイーサリアムの価格推移は投資家にとってはなかなか厳しいものとなっていると言わざるを得ません。

イーサリアム(ETH)の今後の価格予想

チャートのイメージ

有識者のTwitterでの意見

SNSなどでの有識者の意見では、イーサリアムの技術的な優位性やこれまでの発展速度について肯定的な意見が多いようです。

確かに、これまでのアップデートでも大きな機能向上を何度も行ってきており、遅れがちとは言えどもこれからのアップデートに期待ができることも事実です。

また、ビットコインに対して常に2位をキープしているのもイーサリアムの強さを物語っており、底力の強さを感じさせます。

過去の傾向から分析すると...

イーサリアムの過去の値動きを見ても、大きなアップデートがあるたびに大きく価格が上がっています。

また、イーサリアム上で発行されるトークンの数も世界中で非常に多くなっており、巨大なエコシステムを構築しつつあります。

このような点を考慮しても、イーサリアムの底力や堅さは変わらず健在だと言えます。

現在は、仮想通貨市場全体が下落基調で価格が下がりつつけていますが、長い目で見ればイーサリアムの存在感が大きくなっていくことが期待できるのではないでしょうか。

イーサリアム(ETH)の今後に注目!

今回はイーサリアムの今後の値動きについて解説しました。

現在は大きく価格を落としており、投資家にとっては苦しい時期だと言えます。

しかしながら、今後予定されているアップデートやイーサリアムベースのトークンの増加などの材料を考慮するとイーサリアムのポテンシャルはまだまだ発揮されるだろうと考えられます。

長い目で見れば、まだまだ将来性のある仮想通貨だと言えるのではないでしょうか。

イーサリアム(ETH)の購入はBITPoint(ビットポイント)で!!

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。