仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2018 07 19 18.58.43

VeChain(ヴェチェーン)とは|偽ブランド品を誤って購入することがなくなる?

ブロックチェーンには取引の自動保存と偽造不可能な仕組みが導入されています。今回はこの仕組みをユニークな形で利用している「VeChain(ヴェチェーン)」をご紹介します。VeChainは商品が本物であるか、偽物であるかを証明することが出来る仮想通貨です。このVeChainの仕組みに関して詳しく見ていきましょう!

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/08/22 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で1,000円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

VeChain(ヴィチェーン)とは?

vechain

作られた目的

ITの普及によりインターネットでもブランド物の商品を購入する機会が増えてきました。

ネットオークションなどでは格安でゲットすることもあり便利なプラットフォームになっていますが、それに伴って偽ブランド品の流通も多くなっています。

特に中東や中国では偽ブランド品が横行しており、多くのユーザーが被害にあっています。

そのような被害からユーザーを守るために、流通するブランド品の真贋を明らかにするサービスがでてきました。

その一つがVechainで、正規品のみを識別できるNFCチップのデータを利用することで、ブランド品の真贋を高い精度で判別することができます。

ブロックチェーンの分散台帳システムと改ざん不可能性を利用した革新的なシステムです。

ユーザーはチップをスキャンするだけで、その商品がいつ誰につくられたかなどを確認できるようになります。

コンセンサス・アルゴリズム

コンセンサスアルゴリズムとは非中央集権が前提となるブロックチェーンにおいて、情報の整合性や不正を見極める人間を決定する方式です。

既存のブロックチェーン技術に採用されているのはProof-of-Work(PoW)が一般的ですが、vechainでは急進的な取引認証システムであるProof of Authority(PoA)を採用しています。

信頼されたユーザーだけがブロックを生成する権利を持つので、プライベートな利用が可能です。

価格の推移

いろいろな企業とも提携している

Vechainは情報の透明化を実現することができるので、多くの企業で活躍することが見込まれています。

例えば、ヨーロッパの有名ブランドメーカと提携しており、改ざん不可能な情報を提供することに成功しています。

ユーザーは革製品に組み込まれたNFCチップを読み取るだけで真贋を見極めることができ、開発者の理念や商品のコンセプトなどを確認することができます。

中国では食の安全性が懸念されていることから、農業分野でもVechainの需要が高まってきています。

lotデバイスと併用することで管理された環境における農作物の生育状況などをクラウド上に保存できるようになっています。

偽物を買わなくなるってどういうこと?

vechain

とにかく追跡システムがすごい!

Vechainはブロックチェーンを最大限利用したトレーサビリティ(追跡)機能が大きな特徴です。

ブロックチェーン技術とNFCチップなどのスマートチップを利用することで、製品ライフスタイル全体のデータを確認することが可能です。

ブロックごとに取引を記録でき、新しいものからチェーン上に連なっていくので、その商品の生産から消費までが明らかになります。

製品品質を保証するのに最適な方法で、開発者と消費者ともにメリットのあるサービスです。

高級品、農業、物流、食品、医薬品、政府などのいくつか産業において、既にVeChainブロックチェーン技術が採用されており、ユーザーの利便性の向上に尽くしています。

「透明な情報の流れ、協力の効率化、高速の価値移転を可能にする」というコンセプトの通り、サプライチェーン全体で製品の追跡が可能です。

ブランド物のコピー商品が大量に出回っている中国ならではのアイデア!

欧州刑事警察機構(ユーロポール)と欧州連合知的財産庁によると、中国と香港から偽ブランド品の8割が誕生しているといわれており、中国では偽ブランド品やコピー品が大量に出回っている事実があります。

偽ブランド品を購入する人が後を絶たないため、欧米では税収が減少し多くの失業者を産むなど、国家レベルで問題になっているところもあります。

中国だけにとどまらず全世界の流通に影響を与えることなので、偽ブランド品の真贋チェックは大きな需要を秘めているのが現実です。

Vechainはこのような現状を変えるために開発されました。中国政府と提携しているということもり、投資家たちの視線も熱くなってきています。

これにより偽ブランド品の流通が止まるかといえば一概には言えませんが、クリーンな流通市場の誕生ということで期待が大きくなっています。

VeChain(ヴェチェーン)のICO情報

ve

VeChainThorプラットフォームでのICO

Vechainはリブランディングを行ったVechainThorプラットフォーム上で、新たに独自のICOを実施しています。

リブランディング前まではイーサリアムをベースとしたVENをトークンとしていましたが、新たにVETとして再スタートすることになります。

Vechainトークン(VET)で手に入れた資金は事業活動を行う際に利用され、より多くのVETを保有しているものは優先的に権利を与えられます。

ICOの目的

VechainThorによる新たなICOを受けたのは、香港のPlair Foundation社です。

Plairは分散型グローバルゲームエコシステムのプラットフォームを提供しており、ゲームやeスポーツ、ギャンブル産業などの業界での持続的な価値の創出を目指している企業です。

VechainのチームはVeChianThorのブロックチェーン上でICOのサポートを今後も継続していくと発表しており、VETの普及に余念がありません。

VeChainトークン(VET)について

VETはマスターノード銘柄であることが大きな特徴で、10000VET以上保有していると誰でもノードを立てることができます。

保有数に応じて優先的に権利を受けることができるなど、ユーザーの利便性が考慮されたシステムになっています。

中国政府と提携しており、既に電子政府システム・ビジネスにおける登録や証明書、などを管理するためのテストなどを行っており、信頼性の高いlotシステムの構築が期待されているトークンです。

VeChain(ヴェチェーン)を購入することができる仮想通貨取引所

取引高ランキング
順位 取引所名 Maker手数料 Taker手数料
1位 Binance(バイナンス) 基本的に0.10% / BNBで支払うと0.05%
2位 bithumb(ビッサム) 基本的に0.15% / ※割引クーポンあり
3位 Huobi(フオビ) 基本的に0.20% / HTの保有量で最大0.10%

3位・Huobi(フオビ)

huobi

香港を拠点とした仮想通貨取引所で、シンガポール、韓国、香港、中国内陸エリア等の国に独自の取引センターが設置されており、全世界の130カ国の数百万のユーザーに親しまれています。
かつては中国の三大取引所の一つと呼ばれていましたが、中国当局の規制により香港を拠点とすることになりました。

仮想通貨売買がしやすい環境が整っています。現在でも精力的に活動しており、今後も取扱い通貨数が増加すると予想されています。最近ではエイダコインが新たに上場しました。

Vechainと取引量は全体で約16%になっており、90種類以上の仮想通貨売買が可能です。

手数料は0.2%と高めに設定されていますが、独自トークンであるHT(Huobi Token)を利用すると、最高50%割引が適用され、0.1%での利用が可能です。日本語にも対応しているので、安心した利用ができるでしょう。

2位・bithumb(ビッサム)

bithumb

bithumb(ビッサム)は韓国で取引量ナンバーワンを誇る仮想通貨取引所です。

規模が大きいのが特徴で、世界中の投資家が利用している交換所です。

日本語の他にも英語やスペイン語など6ヶ国語に対応しているので、質の高いサポートをうけることができます。

日本語で話せるスタッフも常駐しているので、24時間365日いつでも安心した取引が可能です。

取引通貨量が多く投資家にも注目されている取引所なので、2018年4月2日にvechainが上場した際は価格が高騰しています。

手数料が安くなる定額クーポンも配布しており、独自のサービスを展開している取引所です。取引手数料は0.15%で、一般的な価格設定になっています。

定額割引クーポンを利用すれば0%~0.075 %での利用が可能です。クーポンはビットコインで購入することができ、0.01%になるものも販売されています。

1位・Binance(バイナンス)

バイナンス

バイナンスは世界的にも有名な中国の仮想通貨取引所です。

2017年7月にできたばかりですが、あっという間に世界トップレベルの取引所に成長しました。海外取引所の中では最も日本人の馴染みが深く、日本支社の設立も予定されています。

手数料が安いことが特徴で、他の取引所と比べても低めに設定されています。独自トークンを利用することで、50%割引になるサービスも提供していおり、とにかく手数料を安く済ませたい方におすすめです。

Vechainと取引量は世界トップクラスなので、売買の遅延などが起こりにくく、取引をスムーズに行わうことができます。

手数料は一律0.1%と安めに設定されており、BNBトークンを利用すると0.05%まで割り引くことが可能です。とりあえずVechainを購入したい方は、バイナンスを利用するといいでしょう。

Binance(バイナンス)の詳しい使い方はこちら!

Twitter上ではどんな評価?

VeChain(VEN)を買いました。提携に関する材料が今後多く待ち受けていそうな雰囲気ですね。
TRON(TRX)も、まだ材料出て来そうです。この2つがBinanceでは伸び代が大きいように感じます。
中国系は横のつながりがしっかりしていそうで、提携のスピードが早いんでしょう。お上手ですよ。

#Vechain の最終結果は、堂々の2位だったみたい。

フランス大統領、ザッカーバーグ、マイクロソフト社長、UBER社長も出席した今回のVivaTechでこの結果残したのは大きな収穫。

今後、LVMHグループ各ブランドとも密接に協業することが約束されているし期待の技術なんだな。

Vechainはブロックチェーンの技術を利用して、商品の詳細な追跡が行えるプラットフォームです。

アジア圏で流通している偽ブランド品の真贋を見極めることができるので、ブランド物の開発者・消費者ともに恩恵を受けることができます。

実需の面で大きな功績をあげることが予想されており、実現すると世界的に普及する可能性を秘めているのが特徴です。

VechainThorにリブライディングされたことで、既存の物流・サプライチェーンに加えて、イーサリアムのプラットフォームを利用したDapps(分散型アプリケーション)を提供することが期待されています。

Viva techで好成績を収めたことから、投資家の期待も大きくなっています。

リブライディングをしてからまだ日が経っていないため、詳細な情報は少ないですが、提携先は順調に増やしているので、今後も注目していきたいと思います。

VeChain(ヴェチェーン)の現状と今後の価格予想

現在は...

2017年11月18日に1VEN=$0.2655で取引が開始してから、1月20日に最高値1VEN=$8.64を記録しました。

そのあとは徐々に価格が下がり始め、2月6日に1VEN=$3.43まで落ちてからは、安定した値動きになっています。1VEN=$6.46まで価格が上がったときもありましたが、それ以上の上昇はしにくい状態が続いています。

2018年4月3日に2.24$まで下落した後は緩やかな上昇に転じ、2018年5月5日には5.44$まで回復しています。そのあとは再び下降トレンドに突入しており、現在の価格は2$を割っている状況です。

最高値を付けた2018年2月6以降では最安レベルの価格帯になっており、今後の投資家たちの動向に注意する必要があります。

今後の予想としては...

Vechainは商品の真贋判定を迅速にかんたんに行うことができるとして、投資家たちの注目を集めていました。

VechainThorにリブライディングされてからは、ブロックチェーン技術とスマートチップを組み合わせることで、製品ライフサイクルの全工程において追跡可能なシステムを提供しています。

DAppプラットフォームへの発展することが決まっており、将来的に多くの企業がVechainThorを利用する可能性もあります。

元中国Louis VuittonのCIO、陸揚氏がvechainのCOOを務めていることから、さらに先進的で革新的なサービスをリリースしていくことも予想されます。

VechainThorのサプライチェーン技術が国内で利用されるようになると、過去最高値の937円を超えることがあるかもしれません。

つまり、今が買いどきかもしれません!

vechainThorは現在、最低価格を推移しています。過去最高値を付けて以降、緩やかな上昇を見られるものの、全体でみれば下降トレンドの局面にあることは見ての通りです。

詳細チャートを見てみると2ドル付近で反発が起こっていることがわかりますので、現在の局面は押し目買いのチャンスです。

世界的にみても、金融事業以外にブロックチェーン技術を利用する動きが広がってきています。VechainThorは特にDappプラットフォームの提供を広めたいようで、あらゆる分野での自社プラットフォームの利用を推進しています。

現在は香港のPlair Foundation社と提携し、ゲームやeスポーツ、ギャンブル産業でもvechainThorを適用させています。娯楽産業は多くの一般人が利用する媒体なので、技術の実用性が証明されれば価格が跳ね上がることも十分あるので、今のうちに購入しておきましょう。

VeChain(ヴェチェーン)は伸びていきそう

vechain

vechainはブロックチェーンのトレーサビリティ機能を生かして、偽ブランド品の真贋性を明らかにすることができるプラットフォームです。1

偽ブランド品が横行する中国では十分な需要があり、将来性が高いテクノロジーです。NECチップを読み込むだけで原産地や開発者、運送ルートなどが一目でわかるようになるので、開発者・消費者ともに安心できる取引環境を手にれることができます。

VechainThorにリブライディングしてからは、さらに革新的なサービスを提供することができています。Dappアプリケーションにより、農業・高級品・サプライチェーン物流など、あらゆる分野への適用が可能です。

中国政府とも提携している通り、将来性が高いテクノロジーであることは言うまでもありませんが、実用的な面でもわたしたちの生活を便利にしてくれるのは間違いないでしょう。

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。