仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2018 06 28 19.26.02

LINEが仮想通貨の交換業を開始予定!?BITBOXとは?

本日(2018/06/28にLINE CONFERENCE 2018が開かれ、LINEの新規事業について発表がありました。LINEでは「BITBOX」という仮想通貨交換事業を新たに始めるそうです。詳細は多くは語られていませんが、推測も含んでまとめてみました!

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/06/19 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で5,500円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

LINE CONFERENCE 2018での発表

 

2018年6月28日に開催された「LINE CONFERENCE 2018」でLINEが「BITBOX」という仮想通貨交換事業を2018年7月にシンガポールで展開することを発表しました!

なお、仮想通貨取引所であるBTCBOXとは無関係だということです。

対応通貨としてはBTCをはじめとする30種類以上と豊富で、取引手数料は0.1%と比較的安く、シンガポールからスタートするものの、今後は日本とアメリカを除いた15カ国に広げていくということです。

なぜ日本とアメリカは除外するのか?

LINEの新規事業「BITBOX」は日本とアメリカを除外することを発表していますが、なぜなのでしょうか?

詳細は明らかにされていませんが、推測だとやはり金融庁への登録の手間を省くためだと考えられます。

金融庁への登録は少なくても5ヶ月ほどかかり、人件費や時間を効率よく使うためだと考えられます!!


取り扱い通貨は?

取り扱い通貨は30種類以上と紹介しましたが、実際にはどのような通貨が使われるのでしょうか?

まだ詳細は明らかにされていないので予測でしか話せませんが、まず世界的に有名な仮想通貨は使われるでしょう。具体的にはビットコインやイーサリアム、リップルやネムなどです!

逆に日本国内で特に有名なモナコインなどのコインは使われないと予測されます。

今回のカンファレンスでもある「Redesign」とは?

今回のテーマであるRedesignとは仮想通貨に限らないブロックチェーンの活用法を見つけ出すというもので、「アンブロック」「アンチェーン」「ブロックチェーンラボ」の3つが開発組織になるそうです。

まず、「アンブロック」でブロックチェーン技術を使った開発プランをたて、「アンチェーン」で実行、「ブロックチェーンラボ」でさらなる技術開発を進めるそうです!

【参考】

LINEが仮想通貨交換所「BITBOX(ビットボックス)」を2018年7月にスタート

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。