仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

Bitcoin7

ビットコインは7%以上の低下を記録 今後の見解とビットコインの先行きは?

ビットコインは24時間の間で7%を超える強い下落を記録しました。直近では8000ドルをキープし堅調な推移を見せていましたが、7500ドル付近まで下落し、7500~7600ドル付近を模索しています。今後のビットコイン価格の展開やビットコインの先行きについてお伝えします。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2018/08/19 現在
Bitpoint
Ranking 1st BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!
Gmo
Ranking 2nd GMOコイン
スマホアプリで簡単にビットコインFX取引が可能。下落相場でも高い利益率を出せる可能性があるGMOグループの取引所。

ビットコインは7%以上の低下を記録し、300億ドル近い損害が発生

300億ドル

わずか24時間程度の間で8000ドルをキープしていたビットコインの取引価格は7%を上回る強い下落を記録しました。

このビットコイン価格の低下は30日間をさかのぼってみても急激な値下がりの1つにランクインします。

仮想通貨が約300億ドルを失い、強気相場は転換を迎えたとアナリストや専門家も予測しています。

現在は7,500ドル付近で推移しており、再度買われる事があれば8000ドルに戻りを付ける可能性も否定できません。

ビットコインは7%以上の価格低下を招きましが、仮想通貨関連の企業も四半期の決算を発表しています。

最近では億万長者のヘッジファンドマネージャーが経営する会社も損失を確定しています。

仮想通貨の先行きは読みにくく、今後の展開からも目が離せません。

億万長者ヘッジファンド・ギャラクシーデジタル銀行 3か月で1億3000万ドルの損失

ギャラクシーデジタル1億3000万ドル損失

億万長者のヘッジファンドマネージャーMike Novogratz氏よって設立された投資銀行『Galaxy Digital』がわずか3か月で1億3000万ドルの損失を計上しました。

Galaxy Digitalはニューヨークで、中心に業務を行っており主な活動拠点としています。

現在12人が働いています。これまでGalaxy DigitalはConsenSys Ventures、SoFi、Kenetic Capitalから日本円にしておよそ11億5000万円を集めたと伝えられています。

Galaxy Digitalの貸し出しは正式に発表されていませんが、どれくらい貸し出しているかわからず、すぐに8桁になる7桁の金額に達するとも伝えられています。

ビットコイン以外の海外仮想通貨でも急落が発生 下落はいつ止まる?

btcother

7月30日、31日とブル相場から離脱してしまったビットコインはいつ強気を取り戻すのか色々な予測が伝えられています。

1日のボリュームの不足と理想的な仮想通貨の勢いは低下を露わにし、第1四半期と第2四半期に安定した値上がりを見せていた
・Bitcoin Private
・Ark
・ICON
・Polymath
・Pundi X
・Aelf
・VeChain
・Decentraland
・Ontology
・WanChain

10%から大きい物では30%近くの下落を記録したと伝えられています。

テクニカルアナリストからビットコイン回復の期待も

テクニカルアナリスト

ビットコインは7%を越す下落後に

ゆっくりと回復を見せ、プレスの時点で上値抵抗線を再びテストしました。

ビットコインは安定した回復が進んだかのような推移を見せ、7,575ドルと7,694ドルを上値としています。

MACDは現在マイナスの推移を示す兆候を示しており、トップサイド抵抗は7,987ドルです。

ビットコインは7,987ドルから7,802ドルに上昇し、短期的なボリュームは増加しました。

RSIは22.9を示し行き過ぎである。

再度下落して弱気になったり、短期的な価格の上昇からさらに以前の時間よりも低下する事で下がり続けることが可能です。
しかし、RSIはより高い結果を生み出す事にもなります。

強気な見方をすると

MACDとRSIの両方の見解から
値を再びあげる可能性があり、再度8,000ドルまで上昇し、試した後買い抵抗線が7,575ドルをブローしたいところです。

直近の下落はレンジの引き締めからのブレイクアウトを見せ急落しています。

買い勢力は引き続き売りを逆行させ、トレーダーの間で「FOMO」(不足する恐れ)の可能性を高めている。


弱気な見方をすると

ここ数日のRSIは一時期63.00を超えると短期的に仮想通貨市場の需要な上昇を妨害しています。

仮想通貨市場に流入する新しい投資資金はこれまでの下落により、ヒストグラムが下がりシグナル線が下がり始めるような動きの兆しを見せています。

ビットコインが買いボリュームを継続できず、8,100ドルを下回るマークを見せたとしたら、ビットコインは8,000ドルでメインサポートをテストします。

その後に、8,000ドルを下回る可能性があります。

もし、ビットコインが8,000ドルの下値で安定しだすと、8,500ドルが短期的な上値だと意識されるようになり、ビットコインは再び8,500ドルへの回復を見せるのではないかと期待されるようになります。


過去48時間でビットコインはボリューム、価格の両方で足踏みし、上昇に苦労しました。

結果的には一晩で大幅な価値の低下を経験しました。


ですが、ビットコインは2018年1月以来初めて暗号通貨の48.1%に達しており、時価総額を見る投資家達がイーサリアムなど他の暗号通貨や小規模のトークンに投資することによってビットコイン以外でもリスクを取ることができます。

ここ1カ月でビットコインは仮想通貨市場のどんな銘柄よりも最高のパフォーマンスをあげておりデジタル資産としてはトークンを含めその優位性を確保していました。

その事から7月中のビットコインは強い動きを見せ、ビットコイン価格が下落すれば、他の仮想通貨はビットコインよりも大きな損失を招く要因に発展する事は明らかでした。




MACDのヒストグラムが弱気を見せるにつれ7,374ドルと7,575ドルのレンジで締め付け推移したあとに潜在的に8,000ドルという価格目標に向けてビットコイン投資家は再度資金を点火させる可能性が有ります。

RSIとMACDが両方とも弱気を見せる場合、短期的にビットコイン価格を下げる可能性があり、これは売りが続く場合、短期間続く可能性もあるので注意が必要です。


【参考】


Bitcoin Drifts Down as Price Breaks Below Key $7.8K Support



Markets Update: Cryptocurrency Price Trends Turn from Bullish to Bearish



Crypto Bloodbath: Bitcoin Drops 7% to $7,500 as Crypto Market Loses $30 Billion



Bitcoin is Erasing 300 Years of Monetary Evolution: Nobel Economist Paul Krugman

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。