仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

Energy

ブロックチェーンマイニング産業が活用できる5つの再生可能エネルギーとは?

ビットコインや他の仮想通貨をマイニングしようと考えたときに、効率的にエネルギーを使って最大限の利益を出すことを考えるのは当然だと思います。現在では、電気量が安い中国で盛んにマイニングが行われています。しかし、中国の主なエネルギー源は石炭です。ブロックチェーンという技術を今後も発展させていくには、持続可能なエネルギーを使って仮想通貨をマイニングする必要があります。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/10/20 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で1,000円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

地熱エネルギー

地熱エネルギー

この記事では、仮想通貨マイニングに最適だと思われる5つの再生可能エネルギーについて紹介します。

地熱エネルギーは、完全な再生可能なエネルギーです。なぜなら、エネルギー源が地球に蓄えられた熱だからです。
アイスランドのような火山が活発で地熱が地表に近いところにある地域では、環境に負荷をかけずに効率的にエネルギーを得ることができます。

多くの再生可能エネルギーがある中でも、地熱エネルギーは最も安定したエネルギー源であるといえるでしょう。さらに、地熱エネルギーは豊富にあります。現在世界で地熱によるエネルギー生産量は12,894MWほどです。

地熱エネルギーの主な問題点としては、エネルギーが得られる場所が限られているという点でしょう。
結果として、地熱発電のための採掘や調査に費用がかかってしまう現状があります。

しかしながら、現代技術の発展のおかげで様々な形で地熱エネルギーの利用が可能になっています。
結果として、過去20年間で25%ほどの開発費用の削減に成功していることから、仮想通貨マイニングで利用できるエネルギー源として一つの選択肢に入るでしょう。

太陽光エネルギー

太陽光エネルギー

再生可能エネルギーの中でも最も有名なエネルギー源といっても過言ではないでしょう。
太陽光の光エネルギーから電気を発電します。環境に優しく、太陽がある間は安定的にエネルギーを供給することが可能です。

太陽光発電のコストは2013年以来60%以上も減少しており、パネルの設置も様々な場所でできるようになりました。
現在太陽光発電にかかる費用は、1kWあたり0.06-0.07ドルであり、世界の総電気消費量の1.3-1.8%を生産しています。

2020年までに太陽光による電気生産量は2倍近くまでになると言われ、さらに2050年には最も大きな電気生産量になるだろうと専門家は予想しています。

太陽光発電の魅力的な点としては、簡単に設置できメンテナンスも比較的容易である点が挙げられます。しかし、天気や空気の汚染度によって電気生産量は左右され、太陽が出ていない場合は40%以上も効率が落ちます。

また、生産量は太陽の周期が変わるため季節によって異なります。
このような現状で、発電した電気を保存しておく技術が非常に重要になってきます。

しかし、現状の技術力を持ってしても蓄電はコストがかかります。もちろん今後の技術発展によってさらなるコスト削減が可能になるとは思いますが、仮想通貨のマイニング用のエネルギー源としては考慮する必要がある点です。

廃棄物エネルギー

廃棄物

廃棄物エネルギーは、さまざまな廃棄物を使って得られるエネルギーとなります。この方法は、熱を使うか使わないかの2つの方法に分けられます。

熱を使うタイプですが、熱を生み出すために廃棄物を燃やします。この熱は火力発電のタービンを回すために使われます。この技術は二酸化炭素や有毒ガスを放出しますが、他の一般的な発電方法よりも環境への負荷は少ないです。なぜなら、ヨーロッパなどの国で厳しい規制が引かれているためです。

もう一つのタイプである熱を使わない場合ですが、バクテリアと呼ばれる微生物を使って廃棄物を分解する方法になります。廃棄物が分解される際にメタンガスが放出されます。メタンガスは非常に懸念性が高く、電気を生産するための発電機のエネルギーとして使うことができます。

地球温暖化の元凶と考えられる二酸化炭素の発生は少なく環境に優しいと思われます。しかしながら、メタンガス自体も地球温暖化に寄与する場合があるのでメタンガスを空気中に放出するのを止める必要があります。

2015年の終わりに、アメリカが2.3GWの電気を生産できる廃棄物エネルギーの発電所を20州に作りました。廃棄物エネルギーの効率は14-28%と言われています。
廃棄物エネルギーの最も魅力的な点は、ゴミの埋立地を減らすことができる点です。

一方で、廃棄物エネルギーで発電するためには定期的に廃棄物が必要になります。場所に関しても考える必要があります。廃棄物を回収できて、かつエネルギー供給を効率的に行える場所を探さなければなりません。
無駄をなくすエネルギー生産方法ですが、解決するべき課題は未だ存在します。

水力エネルギー

水力エネルギー

水力発電は歴史上最も古い再生可能エネルギーです。最初の水力発電用のダムは、1879年にナイヤガラの滝で設置されました。水力発電は、水の位置エネルギーから電気エネルギーを取り出します。
水がある限り、最も安く安定的に電気を供給できる発電方法になります。発電効率は、90%を越えると言われ、他の発電方法に比べても圧倒的です。

一見すると環境に優しいように見えますが、水力発電ダムの周りでは多くの問題があります。ダムを設置する際に周りの森や木を伐採する必要がありますし、時には川の流れを変える必要もあります。これは、その地域の生態系に影響を与え環境を破壊する可能性もあるのです。

解決方法としては、小さな範囲で水力発電を行うことが考えられます。狭く流れが早い川でサイズの小さなダムを設置することも検討されているようです。

潮力エネルギー

潮力エネルギー

他の再生可能エネルギーと比較すると、広く知られているとは言えない潮力エネルギーですが、多くのポテンシャルを秘めていることがわかっています。潮力エネルギーとは、波の運動エネルギーを使って電気を生産する発電方法となります。

この技術は、設置にお金がかかり効率的に電気を生産できる場所を確保するのが難しいという問題があります。
しかし、最近では技術発展によって最適な場所を見つけることができ、コストと場所の問題は解決されつつあります。

最も大規模な潮力発電所は韓国にあり254MWの電気量を生産します。

まだまだ問題が解決されたとは言えませんが、さらなる技術革新によって伸び代がある再生可能エネルギーといえるでしょう。

まとめ

マイニングと再生可能エネルギー

仮想通貨マイニングのための電気消費量は年々増加しており、これらの電気を生産するエネルギー源を用意するのは急務となっています。環境への負荷をなるべくかけずに、エネルギーを生産する再生可能エネルギーは仮想通貨が盛り上がるにつれてさらに注目される領域でしょう。

仮想通貨業界とエネルギー業界が協力しあうことによって、仮想通貨業界側はマイニングのコストを減らすことができ、エネルギー業界側はより効率的に環境に優しく生産できるようになります。お互いにメリットがある状況なので、将来的に、再生エネルギーだけで分散型管理されたブロックチェーン技術の構築が可能になることを期待します。


【参考】


5 Amazing Sources of Clean Energy the Blockchain Mining Industry Can (and Should) Use

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。