仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

%e4%bb%ae%e6%83%b3%e9%80%9a%e8%b2%a8kleros%e3%81%8b%e3%82%99 doges on trial %e3%82%92%e9%96%8b%e5%a7%8b  4

リップルがxRapidでBittrex他2つの取引所をパートナー承認|未来の基軸通貨はXRPに!?

リップルが今年中に提供予定の送金サービスxRapidにて、Bittrex、Bitso、Coins.ph3社の取引所をパートナーに認定しました。事実上、リップル社自体が3つの取引所にて送金することを推奨したことになります。 国際送金サービスを皮切りに、仮想通貨市場はますますリップルへの注目が集まりますが、アメリカでは更にDCEX取引所がリップルを基軸通貨に据える動きも。BTC一強体制も終わりか!?

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/06/19 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で5,500円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

仮想通貨市場で存在感高まるリップル

大手仮想通貨ニュースサイトcoindeskは2018年8月16日付けの記事で、リップルが年内提供を予定するxRapidにて、Bittrex、Bitso、Coins.phの3取引所をパートナーとして認定すると発表しました。

リップルのチーフ・マーケット・ストラテジスト、コーリー・ジョンソン氏が取材に応じxRapidとパートナー取引所との関係性を詳細に解説しています。

リップル
"So in the U.S. we're saying the gold standard, our official partner is Bittrex. So any bank can go to Bittrex and have guaranteed liquidity on the spot, trade their dollars for XRP, zip over to Mexico to Bitso, our preferred partner there, and convert [to Mexican pesos]," he said in an interview.

引用元: Ripple Endorses 'Preferred' Crypto Exchanges for XRP Payments

要約すると、「リップルのオフィシャルパートナーとなったBittrexに行くことで流動性を確保した国際送金サービスが行える。その場でアメリカドルをXRPに交換し、それをそのままメキシコペソに交換できる(Bitsoはメキシコペソ建ての取引ができる)」と表現しています。

xRapidは、リップルが実現しようとしている国際送金ネットワークに含まれるシステムで、地球の端から端までの距離でも瞬時に送金が行える仕組みです。今回の仮想通貨取引所とのパートナーシップが実現すれば、従来の複数の銀行を中継した送金手続きが不要なことが分かります。

リップルと仮想通貨取引所、現在提携を発表している世界100以上の金融機関とのリップルネットワークが形成されると、XRPに対する需要が高まるのは必至でしょう。また、取引所や金融機関の間にXRP通貨を中継することで、現在のビットコインを凌いだ存在、つまり「リップルの基軸通貨化」の実現性も垣間見えてきます。

事実、既にアメリカではリップルをベース通貨にしたDCEXという取引所が設立されました。決済完了までに10分かかるビットコインと比べ、リップルの処理時間は4秒。

ビットコインやイーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュなど、DCEXで取引できる通貨ペアのほとんどはリップル建てです。もちろん、リップルとドルを交換することも可能で、DCEXの取引開始が待ち望まれているのは間違いありません。

リップルをベースにしたDCEX取引所

2018年8月9日、世界的な仮想通貨インフルエンサーC3|Nik氏(@C3_Nik)は、世界最大規模の取引所バイナンスにてリップルを基軸通貨に採用してほしいと主張するツイートを投稿しました。

基軸通貨

このツイートでは、「価値を迅速に移動する手段としてリップル(XRP)をバイナンスの基軸通貨にしてほしい」と語られています。このツイートを受けて、リップルとの合同会社(SBI Ripple Asia)を設立したSBIホールディングス代表取締役社長の北尾吉孝氏もリツイートするなど、仮想通貨市場を大きく賑わわせました。

ビットコインにはブロックチェーンという基盤となるシステムが特徴ですが、今やそのシステムは世界中に拡散し様々なコインが誕生しています。

既にスケーラビリティ問題や送金遅延問題などが危険視されているビットコインだけに、これからはリップルやイーサリアムなど、代替手段となる仮想通貨が市場を席巻していく可能性すらあるかもしれません。


【参考】


Ripple Endorses 'Preferred' Crypto Exchanges for XRP Payments(coindesk)



参考『リップル(XRP)をバイナンスの基軸仮想通貨にすべき』Twitterで大反響の要望にWeiss Ratingsも賛同(coinpost)

世界一の取引所バイナンスでもXRP建てが採用!?

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。