仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

Opera

Operaブラウザ、3億2,200万ユーザー向けに仮想通貨ウォレットの提供を開始予定

オペラブラウザは、ビルドイン仮想通貨ウォレットを実装予定と発表しました。オペラの仮想通貨ウォレットは、イーサリアムWeb3APIに対応し、ユーザーはイーサリアムブロックチェーン上のトークンなどを保管できるようになるといいます。ブラウザを開発する会社は、このウォレットが実装されれば、3億2200万人のユーザーが使えるようになるとのことです。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/08/22 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で1,000円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

オペラについて

オペラとは?

オペラはWebブラウザ業界で3.7%のシェアを誇ります。モバイルとラップトップのユーザーを合わせて月間のアクティブユーザー数は3億2千万人だそうです。最近になって、IPOから1億1500万円の資金調達に成功しています。オペラはナスダックへの上場も果たしており、IPO価格が1.25ドルに対して現在の価格は13.25ドルとなっています。

アンドロイド向けにβ版の開発に成功している

ベータ版

仮想通貨ウォレットは、すでにアンドロイドのオペラにβ版として実装されています。まだこの機能は一般公開されてはおらず特定のユーザーのみが使える状態だそうです。プレスリリースによると、β版に対して評判がよく開発者はより大勢のユーザーに仮想通貨ウォレットを使ってもらう予定だということです。
次のアップデートでは、オペラのモバイル版とPC版に実装予定です。詳細な日付はまだ発表されていません。

アンドロイドウォレットの性能は?

ウォレットの性能

2018年6月11日に、オペラは仮想通貨ウォレットをアンドロイドバーションに統合しました。これによって、オペラは初めて仮想通貨のウォレットを搭載したブラウザとなります。アンドロイド向けのモバイルウォレットはオペラ独自で開発されました。
デスクトップバーションは、認証に電話番号かパスフレーズを使います。これによってオペラユーザは指紋認証か他の顔認識などのセンサーを使って、仮想通貨ウォレットにアクセスすることができるようになります。
このウォレットは、他のハードウェアウォレットと同様に扱うことができ、セキュリティは高いです。ウォレットにアクセスするためのプライベートキーは、電話番号に紐づいて管理されています。
オペラの開発担当によると、"仮想通貨をブラウザに統合することによって、ユーザーが拡張機能やアプリケーションをインストールする手間を省くことができる"とのことです。

オペラの仮想通貨ウォレットに対する今後の予定

今後のオペラ予定

オペラは、より多くの仮想通貨に対応したウォレットの実装を予定しています。
ウォレットの実装によってより簡単に資産の管理ができるようになり、ユーザーが他のアプリや拡張機能をインストールする必要をなくすのが目的です。開発担当のCharles Hamel は、"ブラウザによる仮想通貨の管理は仮想通貨とWeb3.0を主流にする大事な段階"だとしています。


【参考】


Opera Browser to Launch a Crypto Wallet for 322 Million Users

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。