仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

Lg

LGがブロックチェーンを使った海外旅行者向け決済サービスを提供予定

海外製造業大手のLGエロクトロニクスの通信部門であるLGユープラスが3カ国の事業者と提携し携帯電話を使ったモバイル決済のサービスを2019年から提供することが明らかとなった。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/09/16 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で1,000円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

LGが海外旅行者向けに決済サービスを提供

海外旅行者向け

韓国の大手企業「LG」の子会社である携帯事業者大手の「LGユープラス」はブロックチェーンベースの技術に基づいた海外旅行者向けの決済サービスを2019年から提供する予定であることが韓国メディア「The Korea Times」の報道でわかった。


これは台湾の「ファー・イーズトーン・テレコミュニケーションズ」と日本の「ソフトバンク」と提携して行うもので、韓国から台湾や日本への旅行を行う旅行者は携帯電話を使って旅行先の国で買い物を行うことができる。
同様に、日本と台湾からの旅行者も提携先の国で携帯電話を使った決済が利用することができるようになっている。
海外への旅行時にクレジットカードを使った決済では手数料がかかることから、この手数料を削減し市場のシェアを獲得していく狙いである。

日本のモバイル決済はソフトバンクが牽引していく

モバイル決済

ソフトバンクはブロックチェーンの技術開発に積極的に取り組んでおり、携帯電話を使ったP2Pの事業者間決済の実証実験に成功するなど、将来的には日本の市場を牽引していく存在となると考えられる。
先日行われた米アップルの新製品発表会ではNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの大手3社の社長が集結し話込む非常に珍しい場面が見られたが、総務省の通信事業者への規制の影響もあり、3社とも目指す方向性は変わっている。



NTTドコモはユーザー数の多さを生かしdポイントとそれに付随するサービスの普及を目指し格安路線との差別化を行っている。KDDIはユーザーが使用するデータ量に応じてプランを選べるようにすることで格安路線に対抗する見込みである。
これに対してソフトバンクは自社ブランドのワイモバイルで格安スマホのニーズを満たす一方で、ペッパー君の開発やこうしたブロックチェーンのような新興技術の開発にかねてから力を入れている。



3社とも違う方向性を打ち出していることでだけでなく、大手ECサイトの楽天もその市場に名乗りを上げてきたことで、今後の通信事業者の競争の行方はますますおもしろくなってきた。
ソフトバンクは通信事業で培ってきた技術力と資金力を生かし日本におけるブロックチェーンの決済市場を牽引していくことは間違い無いと言えるだろう。


【参考】


LG's Mobile Arm to Trial Blockchain Payments for Overseas Travelers

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。