仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

Books 1757734 1280

ビットコイン好きなら大石哲之氏の書籍や記事は必読

大石哲之氏をご存知でしょうか?彼は、ビットコインについての有益な情報を提供してくれる方です。今回は、彼の著書を紹介します。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/08/25 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で1,000円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

大石哲之とはどんな人物なのか

koinn

大石哲之さんというビットコイン業界の中では有名な方がいます。

この方は普段ビットコイン関係の仕事をしており、主にエヴァンジェリストとして活動したり、その他事業の手伝いをしている方です。

現在は日本デジタルマネー強化の理事を務めており、ビットコインおよび暗号通貨技術の普及・啓蒙、事業者交流をしています。

ビットコインスタートアップのエコシステムの構築の手伝いをしているなど、積極的に活動しています。

そのほかにもいろいろな活動をしており、ブログの執筆、書籍執筆、ノマド研究やアートコレクターもやっており、多趣味かつ実績も豊富な大石哲之さんについて紹介していきます。

Bitcoin(ビットコイン)-BTCのリアルタイム価格チャート

ブロガー・コラムニストで有名な大石哲之氏

大石哲之さんは、ブロガーとしてもとても有名で、グローバリズム、世界のフラット化を主なテーマとして取り扱っています。

これらテーマを軸に、個人お仕事やライフスタイル・キャリアなどの変化を研究したものを執筆しています。

大石哲之さん自身は「大石哲之ブログ」というブログを運営していますが、運営しているブログだけでなくアゴラやBLOGOSといった外部のWebメディアに対しても寄稿しており、ブログだけでも広範囲で活動しています。

自身の持つブログ以外にも活動の幅を広げているため、より知名度が高くなっているともいえるでしょう。

経歴も優秀!経営の達人という一面を持つ

大石さんは大手コンサル企業に勤めていたこともあり、高いビジネススキルも持ち合わせています。

そのスキルを使ってコンサルティングをする本を執筆していたり、ビジネス実用書、ロジカルシンキングや問題解決の本を書いています。

執筆作品の一つである「コンサル一年目が学ぶこと」は4万部を超える人気書籍となっており、電子書籍でも「コンサルタントの読書術」、「英語もできないノースキルの文系学生はどうすればいいのか?」の2冊がアマゾンkindleショア駅ランキング1位を獲得するなどとても評判が良いです。

「ビットコイン&ブロックチェーン研究所」を運営している

大石さんは「ビットコイン&ブロックチェーン研究所」というサロンを運営していて、ビットコインのことを専門に情報提供をしています。

ビットコインに限った話ではないですが、投資の世界は動きが早いためいち早く追いつけるためのノウハウなども提供しています。

2016年5月から運営していて、毎週レポートをサロン会員向けに公開していますが、過去のレポートは後でいつでも見れるようになっていて、あとから入っても大丈夫なようになっています。

ただし、その分サロン加入が遅ければ遅いほど月額料金が高くなるようになっていて、初期のころからサロン会員になった人の方が安くなるシステムになっています。

今では会員数も800人も突破していてかなりの人気があるサロンです。

著作された書籍一覧

本

大石さんは多くのビットコインに関する書籍を出版しており、出版総数だと19冊にも及びます。

どれもコンサルタントやビットコインといったものばかりで評価が高いことも特徴で、どれも評価が高く人気な書籍ばかりです。

次はこれらの書籍を紹介していきます。

よくわかるコンサルティング業界 (業界の最新常識)

よくわかるコンサルティング業界 (業界の最新常識)

コンサルタントとは何か、コンサルタントをするためにはどのようなスキルが必要かということが書かれています。

古い作品ではありますが、コンサル業界の仕組みやスキル、現場の実態などニッチな情報まで網羅されています。

評価も高く、コンサル業界初心者に役立つ一冊となっており、読むだけでというのは言い過ぎですが、読むとコンサルの知識がついてくる一冊です。

3分でわかるロジカル・シンキングの基本

3分でわかるロジカル・シンキングの基本

ロジカルシンキングとは何なのか全くわからない、もしくは考え方がわからない人向けの入門書です。

1項目3分で理解できるように書かれているおり、日常生活でも使えるようなロジカルシンキングのコツをただ開設するだけでなく、実践的なものをまとめています。

コンサルタント業界では柔軟な思考力が必要であるため、思考力を上げたいという方は読んでみるといいでしょう。

地頭力が強くなる! (中経の文庫)

地頭力が強くなる! (中経の文庫)

仕事力アップの一つの要素として地頭の良さが評価されてきましたが、それは今でも変わりません。

地頭が良いと物覚えもよく柔軟な考え方もできるため、より良い仕事をこなそうと思ったら地頭をよくすることは必要不可欠です。

この書籍ではその地頭を鍛えるのに役立つ問題が35問用意されています。

どれも実践的なものであり、著者自ら手ごわい問題といっていますが、著者自身が大手コンサル会社出身であるため、役立つことは間違いないでしょう。

過去問で鍛える地頭力 外資系コンサルの面接試験問題

過去問で鍛える地頭力 外資系コンサルの面接試験問題

外資系コンサル会社に入るには当然難易度は高く、対策しなければ受かる者も受かりにくくなってしまいます。

そこで用意されたのが実際の外資系コンサル面接試験問題を模範解答と一緒に紹介しています。

著者である大石さん自信が大手コンサル出身であるため、役立つ情報は多いでしょう。

外資系コンサルに就職したい学生は一度は読んでおくべき書籍の一つです。

ロジカルシンキング・リーディング

ロジカルシンキング・リーディング

柔軟な思考力を持つために必要なロジカルシンキング能力。

仕事の際の急ぎの企画書作成やプレゼンの準備など様々な場面で役に立つノウハウが詰め込まれた一冊です。

この書籍にはコンサルタントが本などのを読む技術についてを中心に書かれていて、効率よく本などの媒体から必要な情報を読み取る技術が書かれています。

無駄な情報を取捨選択できるようになるので、効率よく情報収集ができるようになるでしょう。

3分でわかる問題解決の基本

答えのない問題を解決する方法を短く説明してくれる書籍です。

Google検索のおかげで発送のオリジナリティが激減している今、ロジカルシンキング能力を鍛えることによって調べても答えのない問題を解決する能力を身に着ける方法の基本を教えてくれます。

1項目につき3分ほどで理解できるように書かれているので、ちょっとした隙間時間に読むだけでも行けます。

3分でわかる問題解決の基本

伝達力の基本

伝達力の基本

伝え方が悪いと仕事効率は驚くほど下がってしまいます。

そんな物事の伝え方、伝達力を磨くために用意されたのがこの一冊です。

同じことを何度も聞き返されたり、提案が通らないということは、相手の物覚えが悪かったり、企画が悪かったという理由ではなく、そもそもの伝え方がまずかったということも考えられます。

この伝達力はコンサルタントに限らず非常に重要なビジネススキルであるため、しっかり身に着けるようにしましょう。

パワポで極めるフレームワーク ロジカルに落とすプレゼン資料作成の秘訣 (ビジネス極意シリーズ)

パワポで極めるフレームワーク ロジカルに落とすプレゼン資料作成の秘訣 (ビジネス極意シリーズ)

クオリティの高いプレゼンをするためのフレームワークや効率のいいプレゼンノウハウといったことが詰め込まれている一冊です。

特にプレゼンは資料がとても重要ですが、上手くプレゼン内容を伝えるにはある程度パターンを作って伝わりやすいシナリオ構成も必要です。

そういったことで、プレゼンフレームワークが出来上がっていればプレゼンする側もより楽に行うことができるでしょう。

こちらではパワーポイントを使った内容がメインであるため、パワーポイントで資料作成している人はより役立つことになるでしょう。

ノマド化する時代 (ディスカヴァー・レボリューションズ)

ノマド化する時代 (ディスカヴァー・レボリューションズ)

この本はとにかくノマドについて書かれた書籍です。

ノマドとは一体何なのか、ノマド=フリーランスワーカーなのかといった素朴な疑問から、ノマド化の概念にも触れていっています。

大手コンサル会社に勤めたことがあるからこそできる変わった目線から見たノマドの捉え方など新鮮味のある考え方が多いでしょう。

評価も他の書籍と同じように高く、読み応えのある一冊になっているでしょう。

普通のサラリーマンのためのグローバル転職ガイド

普通のサラリーマンのためのグローバル転職ガイド

これは、ごく普通のサラリーマンが海外転職をするためのステップアップや選択肢を紹介してくれています。

日本国外で就職することでどのようなメリットデメリットがあるのか、どのように視野を広げていけばいいのかが書かれています。

著者である大石さんはこの書籍を通じて、選択肢を増やすことと視点を広げることをを伝えたいと語っており、この二つのことを深く掘り下げて紹介しています。

英語もできないノースキルの文系学生はどうすればいいのか?~就職活動、仕事選び、強みを作る処方箋

英語もできないノースキルの文系学生はどうすればいいのか?~就職活動、仕事選び、強みを作る処方箋

英語ができない学生は非常に多いです。

勉強の中での英語はできても、いざ実践となると全然わからないということが多く、ほとんど活かすこともできません。

そこでこの書籍の趣旨は、英語もしゃべれない誇れるスキルもない自信のない普通の大学生に対して、これからどうしていけばいいのか、どのような選択を撮ればいいのかを提示してくれます。

高学歴でなくても楽しもうと思えば楽しめるのが人生であり、そのことを気づかせるきっかけになってくれるでしょう。

コンサルタントの読書術 確実に成果につながる戦略的読書のススメ

コンサルタントの読書術 確実に成果につながる戦略的読書のススメ

時代についていきながら上手なコンサルティングをしていくには、より多くの情報を効率よく集めてくることが重要です。

そこで、コンサルタントをするなら身に着けるべき読書術をこの本が解説しています。

この本はkindole書籍ですが、結構人気があり1万部以上も売り上げています。

コストパフォーマンスを最大限まで上げることで使える時間も増えるのでぜひ身に付けましょう。

ビットコインはどのようにして動いているのか? 数学を使わずに理解するビットコインの動作原理

ビットコインはどのようにして動いているのか? 数学を使わずに理解するビットコインの動作原理

だんだん投資に縁がない人にも認知されつつあるビットコインですが、実体の存在しない仮想通貨であるビットコインはいったいどのように動いているのか、ビットコインの採掘とは何なのかといったビットコインの原理を解説しています。

ビットコインになぜ惹かれていくのか、ビットコインの起源であるビットコインの論文には何が書かれているのかなどコアな部分を責めた一冊です。

ビットコインはどのようにして動いているのか? ビザンチン将軍問題、ハッシュ関数、ブロックチェーン、PoWプロトコル

ビットコインはどのようにして動いているのか? ビザンチン将軍問題、ハッシュ関数、ブロックチェーン、PoWプロトコル

「ビットコインはどのようにうごいているのか」の新しい書籍です。

こちらではビットコインの仕組みの一つであるブロックチェンやPoWプロトコル、ハッシュ関数、ビザンチン将軍問題といったさらにコアな部分を解説しています。

ビットコインには価値がある、高騰しているといった情報はいたるところで集めることができますが、このようなニッチな情報はなかなかわかりやすい解説はなかなかありません。

ビットコインの原理を知りたい人は持ってて損はないでしょう。

ビットコインとはなにか? いちばんわかりやすいビットコインの解説本 (とはなにか?シリーズ)

ビットコインとはなにか? いちばんわかりやすいビットコインの解説本 (とはなにか?シリーズ)

ビットコインとはそもそも何なのかを初心者向けに解説している本です。

直前の二冊はかなりコアな情報なので初心者には難しいですが、ビットコインを知りたいという人はこちらの書籍から情報を集めてみてもいいでしょう。

電子マネーと仮想通貨はどう違うのかなど、素朴な疑問にもこたえているのでビットコイン入門書としてはお勧めできる一冊です。

ビットコイン「送金・利用」についての基礎知識~ビットコインFAQその2 ビットコインの基礎知識

ビットコイン「送金・利用」についての基礎知識~ビットコインFAQその2 ビットコインの基礎知識

こちらはビットコインの疑問に答えてくれる書籍の一つです。

こちらはビットコインの基礎知識であるビットコインの送金・利用について解説してくれています。

内容は送金と・利用に限定していますが、価格は非常に安いのでこの情報だけ知りたいという人には役立つでしょう。

内容をかなり絞って執筆されているため、ビットコインの送金と利用に関する様々なことが書かれています。

コンサル一年目が学ぶこと

コンサル一年目が学ぶこと

こちらの書籍はコンサルタント業界に入って一年目に学んでおくべきことが書きつづられています。

いくら高学歴でも初めてのことだと何をしていいかわからないですが、予め学ぶべき内容を絞っておくと効率よくスキルアップに取り組むことができるため、コンサル1年目を効率よく乗り越えることができるでしょう。

大石さんは大手コンサル会社に勤めていた経験のある実力者であるため、是非参考にすべきでしょう。

英語もできないノースキルの文系はこれからどうすべきか (PHP新書)

英語もできないノースキルの文系はこれからどうすべきか (PHP新書)

英語もできず特別能力もない文系となると就職の際に絶望してしまうかもしれませんが、そのような人の助け舟になるべく現れたのがこの書籍です。

たとえ英語ができず、特別スキルがなくても工夫すれば数年先も稼いでいける人材に慣れることを紹介しています。

いわゆる苦手な土俵は大人しく降りてしまえばいいということであり、そのことを深く解説してくれています。

大石哲之氏のブログ

ブログ記事

大石哲之さんは自身のブログで様々なことを執筆しており、グローバリズムや世界のフラット化をテーマにしています。

現在はビットコインが中心になっており、ビットコインに関する様々なことを書いています。

現在は自身のブログはあまり更新していませんが、BLOGOSにて定期的に記事を寄稿しており、最近はビットコインのことがほとんどになっています。

ビットコイン以外にもビジネス関係のことも書いており、世間で話題になっていることやそのことに関するコラムなどを書いています。

寄稿であるため、更新ペースは不定期ですが、ここではその大石さんが書いたブログ記事についても紹介していきます。

「日本」のビットコインは遅れているのか否か?

この記事では本当に日本がビットコインに対して後れを取っているのかどうかを語っています。

進んでいるところもあれば遅れているところもあるということいっており、進んでいることといえば政府の取り組み、今は海外諸国も積極的に政府が法律などを作り規制したり仮想通貨に対する明確な定義を進めていますが、この記事が書かれた当時(216年5月)では日本以外ほとんどなかったでしょう。

ビットコイン高騰の理由

ビットコインは今も高騰し続けていますが、今に始まったことではなく、2016年から高騰し続けています。

この記事ではそのビットコインがなぜ高騰したのかという点について掘り下げており、このときは中国マネーが仮想通貨市場に龍柱している資金の大半を占めていたので、そのことについても書かれています。

その時期はビットコイン採掘量が半分になるという材料もあった為、高騰を後押ししています。

MUFGコイン発行の衝撃度の考察ーインパクトはどこにあるのか?

MUFGコインが一時期話題になりました。

というのもこれまでの仮想通貨とは全く違う仮想通貨であり、法定通貨である日本円と同等価値を持つという点が注目されました。

MUFGコインの特徴はユーザー間のコインの移動や払い戻しができることですが、これは現在のSuica(電子マネー)にユーザー間で送金ができるという異なった点を持っており、最終的にスマートフォンで現金を引き出せる仕組みも提供していこうとしているようです。

仮想通貨詐欺(詐欺コイン)の最も簡単な見分け方、7つのポイント

仮想通貨は仕組み上簡単に新しい通貨を発行できてしまうことから、いわゆる詐欺コインというものも当然現れます。

その詐欺コインの見分け方についてブログで綴っており、実際にいくつか参考にできるものはあります。

今はICOの規制が活発化していることもありいつくか通じないものもありますが、見分け方がわからない人にとっては大いに参考になるでしょう。

仮想通貨投資で億万長者が続出、360人以上が億超え、5億円超えが102人も

2017年5月に全通貨が一気に高騰するということがおき、その関係で資産が億を超えた億万長者が続出しました。

任意回答で裏どりできる情報ではないため、誤差も含まれていると思いますが、大石さん自らツイッターでアンケートを取り、その結果を記事にしています。他にもいくつか自主的にアンケートを取っているため、気になる方は閲覧するといいでしょう。

ビットコイン最新の見通し(7.19)

この記事は2017年7月のものなので非常に古いですが、7月はビットコインのハードフォークで相場が大荒れの時期でした。

おそらくそれを危惧した関係でビットコインの最新情報をまとめたと思われます。

今後もこのような混乱が起きるかもしれないので、知らない方は過去にどんなことがあったのか知っておくと、下手に混乱に巻き込まれず自己資産を守ることができるでしょう。

美術品市場と親和性が高いビットコイン

実は美術品市場と親和性が高いのがビットコインだったりします。

美術品は一つ一つの作品の価格が高く、世界中の人々が国をまたいで売買するため国際送金で問題を抱えていることが多く、トラブルが多発しているのが問題ということを語っており、そのことが詳しく分析されています。

非常に興味深い内容となっているので読んででみるといいでしょう。

Segwit2xのフォークについて

11月前半はsegwit2xの話題で持ちきりでしたが、そのことについて言及しています。
ハードフォークが行われると実質新しいコインがもらえるということでビットコインを集めている人もいますが、segwit2xは強行という手段をとろうとしていてかなり混乱していました。
やはりこういう混乱系の記事は冷静に判断しているため、非常に参考になる記事となっています。

アトミック・スワップが拓く4つの未来

ビットコインとライトコインの間でクロスチェーンアトミックスワップに成功しており、そのことについて詳細を語っています。

アトミックスワップという聞きなれない言葉についてもしっかり解説されており知らない用語もしっかり理解することができるでしょう。

読めば読むほどアトミックスワップ実現できたことに対する期待が高まることになります。

ビットコイン衛星とマイニングの非中央集権化

ある日突然ブロックストリームが持つビットコイン衛星が仮想通貨界隈の話題をかっさらったことがありました。

複数の衛星で地球全体をカバーしてあらゆるビットコインの取引をリアルタイムで届けようというとんでもないプロジェクトです。

既に衛星は稼働していて妄想の域ではないことが話題を後押ししており、大石さんもこのことについて触れています。

「ビットコイン&ブロックチェーン研究所」のブログ

ブロックチェーン

このブログでは、有料サロンであるビットコイン&ブロックチェーン研究所で有料公開しているレポートの概要といったものをまとめています。

こちらは基本的に隔週更新されており、無料で読むことができます。

無料だからといって内容が薄いというわけではなく、segwit2xのハードフォークについて深く掘り下げたものを公開しているなど、見る価値がある情報は多くあります。

しかし、有望なアルトコインの紹介など直接利益につながるようなことは公開されていません。

当然ですがそれではせっかく有料サロンに加入している人が間接的に不利益を伴うことに等しいのでやらないようにしているのでしょう。

このブログではビットコインに関するニュースを深く掘り下げているブログと認識するといいでしょう。

「ビットコイン最新の見通し」というタイトルで定期的にビットコインの流れを分析して公開しています。

価格予想といったことはしていませんが、なぜ混乱が起きているのかなど冷静に分析しているため、わからないことはこのブログを見れば解決することもあります。

「ビットコイン&ブロックチェーン研究所」の入会方法

ビットコイン&ブロックチェーン研究所

引用元: ビットコイン&ブロックチェーン研究所

大石さんが運営する有料サロンであるビットコイン&ブロックチェーン研究所はビットコイン&ブロックチェーン研究所から加入することができ、この記事を執筆している時点では税込み7128円で加入することができます。

入会すると、ビットコインの高度な使い方や、過去のレポートをすべて見ることができたり、有望なICOの紹介、アルトコインの紹介など直接利益につながることも教えてくれます。

大石さんは、ビットコインのことを仕事に使うぐらいには詳しく分析能力のある方であるため、情報の信ぴょう性はとても高いに違いないでしょう。

有益な情報をつぶやく大石哲之氏のTwitter

twitter

大石さんはTwitterでも有益な情報を日々呟いており、フォロワー数は3万人を超えています。

更新頻度は高く、有益な情報を積極的に流してくれるため、仮想通貨市場の最新情報を得る手段の一つとしてフォローしておくべきユーザーの一人でしょう。

次に少し大石さんのツイートを紹介します。

前々からCMEにビットコイン先物が上場する話が出てきていましたが、当初の予定よりも早い段階で別の取引所であるCBOEがビットコイン先物を上場することを呟いています。

今良い意味でも悪い意味でも話題になるハードフォークネタも敏感に収集しています。

これらのように積極的に仮想通貨関係の情報を呟いており、最速情報ではありませんが、それなりに早い段階で情報を手に入れる可能性はあるでしょう。

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。