仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

Keys 525732 640

ビットコインの秘密鍵・公開鍵・復元用パスフレーズの違い

ビットコインを利用する上で重要となってくる秘密鍵・公開鍵・復元用パスフレーズですが、その違いを理解していない人も多いのではないでしょうか?仮想通貨は自己責任での管理が必要ですので、その違いをしっかり理解する必要があります。この記事で深く理解しましょう。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/09/16 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で1,000円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

公開鍵と秘密鍵の違いは?

多数のカギ

ビットコインに関するサイトを見ていると、「秘密鍵」とか「公開鍵」という言葉を見かけます。

ちょっと秘密の匂いがする言葉ですが、いったい何なのでしょうか?

インターネットでは、通常、情報はパブリックなネットワーク上を流れるので、理論的には誰でも情報にアクセスできます。

その為、データを暗号化し、関係無い人が見ても分からないようにする暗号化技術が開発されました。

様々な暗号化技術がありますが、よく使われるものが公開鍵暗号方式で、そこで使われるのが公開鍵と秘密鍵なのです。

Bitcoin(ビットコイン)-BTCのリアルタイム価格チャート

公開鍵(パブリックキー)とは

公開鍵暗号方式では送り手は一般に公開されている公開鍵を使って暗号化し、受け手は自分だけが知っている秘密鍵を使って情報を解読します。

南京錠をイメージして下さい。パチンとはめるだけで錠前がかかり、開けるには鍵が必要です。

受け手が「この南京錠で鍵をかけて下さい」と公開鍵を渡し、自分だけが持っている秘密鍵で鍵を開ける関係です。

ビットコインの送金時は送り手にアドレスを知らせますが、アドレスは公開鍵から生成されます。

アドレスを指定し送り先を知らせると同時に、どうやって暗号化するかも指示しているのです。

秘密鍵(プライベートキー)とは

秘密鍵は自分だけが持っている鍵です。

ビットコインについて言えば、秘密鍵を持っている人だけがそのコインを使ったり、送金したり出来ます。南京錠の鍵にあたりますし、銀行口座の暗証番号にあたります。

ただし、銀行の暗証番号は忘れたり他人に知られたりしたら銀行に届けて変更できますが、ビットコインの場合、再発行はできません。

秘密鍵を持っていること=ビットコインを持っていることなので、再発行はビットコインの複製を認めることになり、再発行は出来ないのです。

公開鍵と秘密鍵の違い

上で説明したように公開鍵は、世間一般に公開しても問題の無い情報ですが、秘密鍵は他人に知られてはいけません。

銀行の口座番号を他人に教えても口座から他人がお金を引き出すことは出来ず、暗証番号を知っている人だけがお金を引き出せます。

ビットコインの公開鍵と秘密鍵も同じような関係です。

ただし、取引所の提供するウォレットや、ウェブウォレットなどにコインを置いている場合、ウォレット運営側が秘密鍵を管理するので、ユーザーはログインパスワードしか意識することはありません。

復元用パスフレーズを無くさないようにするには

タブレットと鍵のイメージ

ビットコインを実際に支払いに使おうとしたり、取引所に預けておくのでなく自分で管理しようとしたりすると、ビットコインをしまっておくお財布であるウォレットが必要になります。

ウォレットにはいくつか種類がありますが、いずれにしてもアプリをインストールした機器の変更やトラブルなどの際はバックアップデータを復元する必要があります。

その際に必要となるのが復元用パスフレーズで、これを無くしてしまうと再現できず、ウォレットの中のビットコインは二度と戻ってきません。

復元用パスフレーズとは

復元用パスフレーズはビットコイン所有者のみが知る重要な鍵という意味では、秘密鍵と同じような役割です。

ただ、復元用パスフレーズは各秘密鍵が管理しているビットコインをしまっておくウォレットを再現できるものですから、ビットコインのマスターキーのようなものと言えるかもしれません。

暗号通貨のウォレットのセットアップをする際に復元用パスフレーズが表示されるので、それを記録しておけば、後日、端末変更をしたり、トラブル対応でデータを初期化したりした際に、ウォレットの中身を復元することが出来ます。

秘密鍵パスワードと区別する

秘密鍵パスワードはシステム的に生成された、規則性の無い文字・数字の列です。

これを持っていれば、実際の所有者で無くても、ビットコインの所有者としてビットコインでの送金や支払が出来てしまいます。

一般的には64文字のケースが多いですが、32文字でも128文字でも良く、厳密なルールはありません。

通常は目にすることがありませんし、仮に目にしたとしても何の規則性も無い文字・数字の羅列ですから、記憶するというのは困難でしょう。

秘密鍵パスワードと復元用パスフレーズの違い

暗号通貨ウォレットの中身は復元用パスフレーズを使うことで再現できます。

そして再現されるウォレットの中にはそこに保管されているビットコインの秘密鍵が仕舞われているのです。

ですから、復元用パスコードを他人に知られてしまえば、その中に保管してあるビットコインも全て他人が使えしまうことになります。

復元用パスフレーズは秘密鍵のような意味の無い文字列ではありません。

多くの場合、12個もしくは24個の単語なので、記録時の間違いが少なくなります。

秘密鍵の5つの管理方法

錠前と鍵

ビットコインには実物が無く、秘密鍵があればデータとして再生できます。

ですから、秘密鍵をどのような形で保管しておくかが非常に重要になります。

ビットコインをしまっておくこと=秘密鍵を保管しておくことになりますが、そのための道具がウォレットです。

「ウォレット」の分類の仕方には今のところ厳密な定義は無いようですが、ここではウォレットを5つの種類に分けて説明します。

⑴ウォレットサービス

ウォレットの機能を提供する業者のサーバー上で運営されるウォレットです。

ユーザーはインターネットを通じてアクセスし、サービスを利用します。

秘密鍵の管理は提供業者が行うので、ユーザーは秘密鍵を特に意識する必要は無く、ウォレットサービスのIDとパスワードのみ記憶していれば十分です。

ただし、多額のビットコインを管理している業者は、ハッキングなどの標的になりやすく、業者が十分なセキュリティ対策をとっていることが、ユーザーが安心して秘密鍵を管理出る前提になります。

⑵ブレインウォレット

ブレイン(脳)に記録しておく、つまり秘密鍵を暗記するという方法です。

他人から盗まれる可能性が最も低い方法と言えるでしょう…勿論、暗記できればですが。

流石に意味の無い文字列である秘密鍵を暗記することは不可能ですが、覚えやすいフレーズを秘密鍵と紐づけて生成するアプリもあります。

既に説明したウォレット復元用パスフレーズはこうした考え方に立ったものですし、ビットコインの秘密鍵に応じて記憶用のフレーズを生成するウォレットもあります。

⑶ウォレットアプリ

1)で説明したウォレットサービスは、サービス提供者のサーバー上で管理しますが、自分のデバイス上で秘密鍵を管理するウォレットアプリも存在します。

管理の主体が自分自身になりますから、まさに自己責任ということになりますので、ハッキングなどのリスク対応は自分で行うことが必要になります。

また、デバイスの故障などのリスクがありますから、バックアップからの復旧の仕方も重要になります。

既に振れた復元用パスフレーズはこうした復旧に備えた機能です。

⑷ハードウェア

ウォレットサービスもウォレットアプリも、基本的にはネットワークにつながったデバイスから利用します。

しかしネットワークにつながることは、ハッキングのリスクを負うことでもあります。

そうしたリスクを回避する手段として、USBメモリのような形で必要な時だけネットワークにつなぐハードウェアウォレットが有効になります。

勿論、機械には故障リスクがありますから、バックアップをとっておくといった対応が必要ですし、そうしたバックアップ復元の際には既に述べた復元用パスフレーズが必要になります。

⑸ペーパーウォレット

秘密鍵を紙に書いて保存しておくという、人類が何百年も行ってきた秘密の保管方法です。

ネットワークから遮断されるので、ハッキングなどのリスクから解放されますし、デバイスの故障の心配もありません。

一方で、紙が破れる、汚れるなどして読めなくなるリスクや、どこにしまったか忘れてしまうというリスクはあります。

ペーパーウォレットを利用する際には、長期的な保管に耐えるように、紙、インク、保管場所などを検討する必要があるでしょう。

他人に知られないように何重の対策を

トップシークレットの書類

ビットコインの秘密鍵はビットコインそのものと言っても過言ではありませんから、厳重に保管しておく必要があります。

いろいろな保管方法がありますから、それぞれの保管方法の特徴やメリット・リスクを考えて選択すると良いでしょう。

いくつかの保管方法を組み合わせて使ったり、所有しているビットコインをいくつかに分けて保管したりと、自分なりの方法を考えてみて下さい。油断大敵です!

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。