仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

Coinhack thumbnail%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc  15

【ハッキング】仮想通貨取引所のZaif(ザイフ)で67億円以上の仮想通貨が流出

仮想通貨取引所Zaifを運営するテックビューロは2018年9月20日未明、同社がハッキング被害に合い、計67億円相当の仮想通貨が流出したと発表しました。その詳細についてお伝えしたいと思います。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/09/16 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で1,000円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

Zaifのハッキング被害について

Zaifがハッキングされる

仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)を運営しているテックビューロ株式会社は2018年9月17日にビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、モナコイン(MONA)の入出金がサーバ障害により停止していると発表しました。
このニュースをTwitterで見てご存知の方が多いとは思います。

Zaif(ザイフ)は1.2営業日で復旧すると報告していましたが、その障害の詳細については詳しく語られていませんでした。

しかし、ただのサーバー障害ではありませんでした

Zaif(ザイフ)はホットウォレットで一部の仮想通貨を管理していた

仮想通貨の入出金停止に関するご報告、及び弊社対応についての報告内容によりますと、2018年9月14日の17時頃から19時頃までの間に外部から不正アクセスが行われ、ホットウォレットで管理していた仮想通貨が不正に送金されたと発表しています。

この時に盗難された仮想通貨はビットコインが5966BTC(42億円相当)、BCHとMONAについては現在調査中とZaifは述べています。

今回のハッキングでの被害総額は約67億円相当で、その内訳は顧客の預かり資産が45億円テックビューロの固有資産が22億円とされています。

報告内容によるとZaif側は2018年9月17日にサーバの異常を検知し、18日にはハッキングの被害を確認したそうです(※発表から2日前)

その後、金融庁(財務局)に起きた内容を報告し、警察当局へも被害申告を行いました。

不正アクセスやハッキング被害の詳細については、警察捜査の関係上、今は非公開とされています。

株式会社フィスコが50億円相当の金融支援を実施【Zaifはフィスコ傘下へ】

株式会社フィスコが50億円相当の金融支援を実施

仮想通貨取引所Zaifを運営しているテックビューロは顧客資産を毀損させないための財源確保のため、株式会社フィスコから50億円の金融支援を受けることを発表。

また株式会社フィスコが子会社を通じてテックビューロの過半数の株式を取得する資本提携を締結しました。マネックスによるコインチェック買収時のスピードと比べると対応は早いかと思われます。

株式会社フィスコがテックビューロに過半数以上の取締役および監査役1名を派遣する予定です。

フィスコ仮想通貨取引所の新交換所システムは「Zaif」ハッキングとは無関係-テックビューロにはシステム面と金融面でサポートを実施へ-

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。