仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

Kenia

ケニアのブロックチェーンプロジェクトチームが政府に仮想通貨の採用を提言

分散型台帳と人工知能に関するプロジェクトチームの責任者であるBitange Ndemo氏はケニア政府に対して、賄賂や不信感などの問題を解決する手段として仮想通貨を使うよう提言しました。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/10/20 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で1,000円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

ケニアのブロックチェーンチームの考えとは?

チームの考えとは

プロジェクトチームの責任者であるNdemo氏は、東アフリカの国々は法定通貨を連動した仮想通貨が必要であると主張しています。
「私たちは、若い世代に法定通貨と交換可能な仮想通貨を報酬として支払うことによって経済を仮想通貨で運営させる必要がある。」と述べています。



ケニアはブロックチェーンや仮想通貨開発においてアフリカを牽引する国です。一般的に東アフリカはブロックチェーンだけでなく技術革新に対して寛容で環境が揃った国々となります。



今回の話し合いではブロックチェーンと仮想通貨に関してプロジェクトチームと政府間で議論され、ケニア政府の関心高さが伺えます。これは、今後政府がこの技術に関して適切なプラットフォームの構築を目指しているということを意味します。
2018年8月に、ケニアの選挙管理委員会は投票システムにブロックチェーンを採用とする動きを見せています。

仮想通貨の普及には課題もある

課題もある

Ndemo氏によれば、仮想通貨は法定通貨と可能でありユーザーは品物を購入するために利用できるようにするべきとしています。
分散型台帳と人工知能に関するプロジェクトチームは3月に発足され、中央銀行に対して仮想通貨の利用を提案しています。しかしながらICT(情報通信技術)のJerome Ochieng氏は、仮想通貨に関してより認知度を上げる必要があり本格的な導入をする前にどのようにそれを使うのか教育しなければならないとしています。この分野では、政府が具体的な政策を取る前にa人々の認知が非常に重要な要因となると続けます。
「私たちはこの技術にとても期待していますが、同時に仮想通貨の使い方について人々に知らせる必要がある。」と彼は述べます。



Ndemo氏のチームはブロックチェーンの実用化に関してより具体的な提案をする必要があり、これに成功すればケニアがアフリカで技術革新のハブとなり、より早く開発に着手できるとしています。

最近になってアフリカで仮想通貨の普及に関するニュースをよく見るようになりました。インターネットや電気の普及が追いついていないなど環境面でまだ課題があるようなので、アフリカで仮想通貨が実用化されるのは時間がかかりそうです。


【参考】


Kenya’s Blockchain Task Force Advises Gov’t to Replace Cash With Digital Currency



Kenya’s Electoral Commission to Adopt Blockchain for Enhanced Vote Integrity

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。