仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

Remit

【SBI RemitとBitPesaが提携へ】日本とアフリカ間の送金を迅速に

SBIの子会社であるSBI Remitとケニアの送金業者BitPesaが新たに提携を発表しました。これにより日本とアフリカ間での送金がより安全、迅速になると言われています。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2018/12/14 現在
Ranking 1st BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!
Ranking 2nd Fisco
JASDAQに上場しているフィスコのグループ企業。※2018年11月時点で業務改善命令を受けていない唯一の取引所です。

SBI RemitとBitPesaが提携

bitpesaと提携

SBIの子会社である送金サービスを手掛けるSBI Remitとアフリカのケニア・ナイロビを拠点に国際送金を行うBitPesaが提携した事がCCNのニュースで明らかになりました。



BitPesaはアフリカの国と国との企業の間に入り決済サービスを代行していてブロックチェーンの技術も応用しています。



今回の提携で、両社のブロックチェーン技術を活用し日本とアフリカの摩擦を減らし、効率性を高め、決済を素早くし両国のビジネスの拡大を図ろうとする狙いがあります。



BitPesaの創業者エリザベス氏によれば「SBIのネットワークでアフリカの顧客は現地の銀行に現地通貨で直接日本に入金する事ができるようになり手数料も銀行よりはるかに安く2週間かかる送金ももっと速くなる。」と説明しています。

化粧品や自動車の分野に力を入れていく

化粧品や自動車

日本とアフリカの間にすでに多くの企業が参入していますがSBI RemitとBitPesaは今後、アフリカで日本のコスメや電子機器、中古車の分野に力を入れていくとしています。



アフリカでは中古車の需要がとても高いものの今まではケニアの通貨をG20通貨に変換したあと日本円に両替し、さらに日本の銀行に送金をしてくれる銀行を探すといったとても手間のかかるものでしたがSBIのネットワークを使えばこのような支払いを簡略化し、両国に資金を流入しやすくする事が可能になります。



BitPesaはケニア、ナイジェリア、タンザニア、ウガンダ、セネガル民主共和国にサービスを展開していてそれらの国々にもアプローチをする事ができます。

今後の展開は?

今後の展開は?

現在、アフリカで登録されている日本の企業は400社あるもののアフリカ諸国の規制や金融インフラが整っていない事から日本以外の国々は参入を躊躇している状況で、アフリカ通貨をG20通貨に変える時もとても高い料金を取られて中小企業にとってはリスクが高くアフリカの事業の発展が停滞していました。



さらにBitPesaはロシアやイギリスなどのヨーロッパ諸国でも事業が許可されていて、今回の提携でSBIネットワークを利用すれば躊躇していた日本企業だけでなくそれらの国からもアフリカに資金流入が見込まれ市場が発達する事が考えられます。



SBIにとっても決済インフラが整っていない国の企業と今後さらに提携していき発展する事でしょう。


【参考】


BitPesa, SBI Remit Partner for Blockchain Payments Between Japan And Africa



BitPesa, SBI Remit Partner for Blockchain Payments Between Japan And Africa

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。