仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

Bakkt1

Bakkt(バックト)がついに最初の商品を発表!市場に追い風なるか?

世界最大の証券会社ニューヨーク証券取引所の親会社インターコンチネンタル取引所(ICE)が立ち上げた仮想通貨取引所Bakkt(バックト)が提供する最初の商品を発表しました。BakktはETFよりも期待値が高いと言う声もあります。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/10/20 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で1,000円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

Bakkt(バックト)が最初の商品を発表!詳細は?

最初の商品を発表

世界でも大手であるニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社インターコンチネンタル取引所(ICE)が立ち上げた仮想通貨取引所Bakkt(バックト)が25日についに最初に提供する商品を明らかにしました。



発表によるとビットコイン(BTC)現物受け渡しの先物取引となり、最初の通貨ペアは米ドル、英ポンド、ユーロで取引される事になります。



発表によると「例えばドルの先物で購入すればその日の内に顧客の口座にビットコインが入金される。」と説明しています。



現金で受け取るシカゴオプション取引所(CBOE)などのビットコイン先物と違い、ビットコインに裏付けられた先物になるので*機関投資家などによる資金の流入が見込まれ市場にも大きな影響が見込まれる*と言われています。



さらに現在、規制当局の承認に苦戦しているETFの後押しや市場の安定化にもつながると言われていて投資家や市場関係者の間でも注目が高まっていました。

bakkt(バックト)はETFよりも期待値が高い?

期待値が高い

Bakktは現物引き渡しになるので事前に担保されている、もしくは積立されている事によりマージンやレバレッジなどの取引は行わない予定でいます。



これがSECがETFを不承認にしている理由とされる価格操作の懸念や先物市場やデリバティブの信用がないと言われる点を既に解決していると言われています。



さらにBakktは
機関投資家だけでなく、小売業、消費者全てを対象にしたサービスにする予定でBakktが提供する「1日先物契約」により価格のボラティリティが抑えられる事により短時間での価格の値動きの激しさがゆえに参入を迷っていた機関投資家や企業が仮想通貨業界に参入しやすくなります。



企業が参入すると言う事は
仮想通貨が日常決済にも使われる機会が増える可能性がありより身近なものになるとされています。



なおBakktの共同事業社は
マイクロソフト社やスターバックス社**です。

アナリストの反応は?

アナリストの反応は?

アメリカ調査会社ファンドストラット社のCEOトム・リー氏は「BakktによりETFの重要度が下がった。ETFの代わりをBakktが勤められる。」とまで断言しています。



ただ市場が反応しない理由はICEの知名度が低いという点と実際に取引できるのが11月からであると分析しています。



11月までに他の商品や他の仮想通貨でのサービス提供も発表される可能性もあるので続報が期待されます。



ETFも含め市場のインフラ整備や健全化に期待が高まります。


【参考】


Bakkt Revealed Their First Crypto Product – Physical Bitcoin Futures



ICE’s Bakkt Officially Reveals First Crypto Product: Bitcoin (BTC) Futures Contracts


CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。