仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

America1

米国仮想通貨取引所Coinbase、新サービスを公開

米仮想通貨取引所Coinbaseが、パッケージ化された5つの仮想通貨(ビットコイン・ビットコインキャッシュ・イーサリアム・イーサリアムクラシック・ライトコイン)を購入することができる新サービスを発表しました。新たなサービスを展開し、市場拡大を狙う同社の動きに注目が集まっています。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/04/21 現在
Ranking 1st BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!
Ranking 2nd Fisco
JASDAQに上場しているフィスコのグループ企業。※2018年11月時点で業務改善命令を受けていない唯一の取引所です。

Coinbaseが提供する新しい仮想通貨購入サービス

仮想通貨購入サービス

米仮想通貨取引所Coinbaseが、パッケージ化された仮想通貨を取引することができる新サービスを発表しました。



パッケージ化される仮想通貨は、ビットコイン(BTC)ビットコインキャッシュ(BCH)イーサリアム(ETH)イーサリアムクラシック(ETC)ライトコイン(LTC)5つで、仮想通貨取引の効率化・簡素化に焦点を当てた新サービスで、市場拡大を狙う動きを見せています。




この新サービスは「Coinbase Bundle」と呼ばれ、仮想通貨取引を行ったことがない初心者に向けたコンテンツも提供することで、潜在的顧客の獲得に向けたサービスを強化した動きとも言えるでしょう。



仮想通貨に関しては、その存在の認知度は高まっているものの、初心者には理解が難しい点が多くあるのも事実です。



近年、多種多様な仮想通貨が続々と登場し、「仮想通貨を購入してみたいが、何から手をつければよいのか分からない」、「投資的な取引の経験がなく、取引所により提供されているアプリケーションや取引自体に対する理解が難しい」といった人も多いのではないでしょうか。



企業の「サービスの効率化・簡素化」に向けた動きは、興味は持っているがまだサービスを利用したことがない「潜在的顧客」の獲得に大きくつながる可能性があります。



今後も、こうしたサービス効率化・簡素化に対する仮想通貨取引所の動きに注目が集まりそうです。

Coinbaseの最近の動き

最近の動き

Coinbaseについては、人材確保・強化に向けた動きにも最近注目が集まっています。



仮想通貨取引所として、リーディングカンパニーという認識もなされることが多い同社では、更なる市場拡大・成長に向けた人材確保・強化にも注力を注いでいます。



新たにニューヨークオフィスを設置し、同オフィスの人員規模拡大方針も示している他、SNS関連企業から人材を呼び込むなど、その人材確保・強化に向けた意欲的な動きが度々話題となります。



また、同社CEOは「5年以内に10億人のユーザーが仮想通貨市場へ参加する」という考えを示しており、更なる市場拡大を想定し、仮想通貨取引所としての規模拡大に向けた準備が着々と進められていると言えるでしょう。



今後も、大手仮想通貨取引所Coinbaseの動向に目が離せません。


【参考】


Coinbase Launches Poor Man’s Crypto Index Fund for Retail Buyers



Coinbase ‘Bundle’ aims to simplify crypto trading

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。