仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

%e5%a4%a7%e6%89%8b%e4%bb%ae%e6%83%b3%e9%80%9a%e8%b2%a8%e5%8f%96%e5%bc%95%e6%89%80binance%e3%81%afxrp%e3%82%92%e3%81%a9%e3%81%86%e8%a9%95%e4%be%a1%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e3%81%8b

中国の仲裁裁判所がビットコインは資産として扱われるべきと主張

中国の深セン仲裁裁判所はビットコインを資産と認め、それに伴って被告人に賠償金の支払いを命じました。これまで中国ではビットコインに対する明白な法律がなかったため、今回初めて法律によってビットコインの資産価値が認められたことになります。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/08/25 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で1,000円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

中国深センの仲裁裁判所が認めたビットコイン価値とは?

 

中国仲裁裁判所は、中国におけるビットコイン保有は認められるべきであり資産としての価値を持つという判断を発表しました。

この決定は深センの仲裁裁判所によるものであり、今後中国においてビットコインは法律に認められた資産として扱われるようになります。

今回のケースは資産移動に関する裁判であり、ビットコイン、ビットコインキャッシュそしてビットコインダイアモンドが使われたことが新しい問題として取り上げられました。

裁判所は、被告人に対して合計401,780ドルの賠償金の支払いを命じたということです。

中国は今までブロックチェーン技術をベースとしたビットコインに関して、司法や立法レベルで明白な立場を表明することはありませんでした。

現状の法律である契約法の下で、仲裁裁判所はビットコインが資産としての特徴を持ち合わせていると判断したとのことです。

今後ビットコインは法的に認められた資産となる?

 

仲裁裁判所が発表した内容によれば、ビットコインは財政の管轄に入らず営利的な資産ではないと判断しており市場で通貨のように扱われることはないとされています。

しかしながら、現在人々がビットコインによって価値移動させたり取引することを禁止する明白なルールや法律がありません。

さらに、ビットコインやビットコインキャッシュなどの仮想通貨はインターネットを介して取引されます。

よってビットコインの所有権に特殊な性質が生まれることになりますが、そのことがビットコインによる価値移動を禁止する理由にはならないということです。

被告人は受取人と双方間で合意の上でビットコインの価値を移動したとは言えず、今回の判断に裁判結果に至ったようです。

中国においてビットコインは違法であるという風潮がありながら、裁判所はビットコインを中国の契約法によって合法的に認められるべきと判断しました。


【参考】


Chinese Arbitration Court Says Bitcoin Should Be Preserved As Property



Crypto Traders In China Use Tether and VPNs To Avoid Ban

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。