仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

%e5%a4%a7%e6%89%8b%e4%bb%ae%e6%83%b3%e9%80%9a%e8%b2%a8%e5%8f%96%e5%bc%95%e6%89%80binance%e3%81%afxrp%e3%82%92%e3%81%a9%e3%81%86%e8%a9%95%e4%be%a1%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e3%81%8b  2

仮想通貨取引所OKExが10月末に58銘柄の仮想通貨取引提供を取りやめると発表

OKExは42種類の仮想通貨を上場廃止して、58種類の銘柄に関する取引を10月末に停止すると発表しました。原因としては、流動性と取引量の低さだということです。 OKExの公式は、今回の上場廃止は取引所内の"整理"だとしており、今後も取引量の少ない通貨ペアは上場廃止になることが予想されます。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/08/25 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で1,000円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

香港の仮想通貨取引所OKExが上場廃止する通貨とは?

 

香港を拠点におく仮想通貨取引所OKExは、42種類の仮想通貨上場廃止と58銘柄の仮想通貨取引提供を停止すると発表しました。

OKExは、今回の上場廃止は個々のプロジェクトに問題があるからではなく、流動性と取引量の低さが原因であるとしています。

現在OKExは1日3.95億ドルの取引量を記録しており、世界でも有数の取引所となっています。OKExのオペレーション責任者であるAndy Cheung氏によれば、今回の動きは単に"取引所内の整理"であると述べています。

今回上場廃止される仮想通貨の中で最も取引量があった仮想通貨は、以下の4つの仮想通貨となります。
  • BRD ($33M)

  • MTL ($22M),

  • ICN ($35M)

  • SUB ($42M)


上場廃止は 10月31日水曜日の午前6時(CET)、日本時間で同日午後2時となります。

該当する通貨に投資をしている投資家は上場廃止になる前に、取引を終了しなければなりません。

もしそれができない場合は、OKExが取引を終了させ、それぞれのアカウントに通貨を戻すということです。

仮想通貨取引所による上場廃止の特徴とは?

 OKEx、Binance、Bittrexと大手仮想通貨取引所が次々と取引量が少ない通貨の上場廃止を決定しています。

このような動きは、将来的にさらに加速していくと思われるので取引量が少ない通貨に投資をしている投資家は注意が必要です。

しかしながらOKExは現在のステーブルコイン(安定通貨)ブームに乗ることを予定しており、下記の安定通貨を上場させるとしています。
  • Paxos Standard Token (PAX)

  • Circle’s USDCoin (USDC)

  • True USD (TUSD)

  • Gemini Dollar (GUSD)

これは投資家に対して、何かと問題のあるTether(USDT)以外の安定通貨を提供することが目的とされています。


【参考】


Crypto Exchange OKEx to Remove 58 Trading Pairs at the End of October



OKEx To List Four New Stablecoins In Coming Days

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。