仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

Hard

ビットコインキャッシュ、ハードフォークによる内乱騒動

ビットコインキャッシュ(BCH)は日本時間16日にハードフォークを控えています。Bitcoin ABCとBitcoin SVに分かれることになりますが両者の間で争いが泥沼化しています。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/08/22 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で1,000円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

ビットコインキャッシュがハードフォーク

ビットコインキャッシュがハードフォーク

日本時間16日にビットコインキャッシュ(BCH)がハードフォークを行いビットコインABCとビットコインSVに分裂することになります。

さらなるアップグレードを目的としていたものですが、ABCにはBitmain社のジハン・ウー氏とビットコインの伝道師ロジャー・バー氏が支持し、SVには自称サトシ・ナカモトのクレイグ・ライト氏やコインギーク社が支持する様相を見せ対立が激化しています。

ライト氏はABCがサトシ・ナカモトのビジョンとはかけ離れた行為だとし、バー氏にも「今後、BCHは数年取引はさせない。(中略)くたばれ」と言った過激なメールを送り、批判を繰り返していました。

どちらが今までのBCHになるのか?

どちらが今までのBCH

今回、何が問題なのかと言うとビットコインキャッシュがABCとSVの2つに分かれているため、どちらがメインのネットワークでどちらが分岐したネットワークかを認識させなければいけません。

認識させる機能としてリプレイプロテクションを実装すれば良いのですが、今回ABCとSVはどちらも実装していません。

そのため2つの異なるチェーンが同じネットワーク上に存在していることになり、ユーザーが今まで通りビットコインキャッシュを送金しても届かないと言った混乱が生じ各取引所も対応に追われています。

ではどうやってどちらかをメインとして決めるのでしょうか?

ハッシュ・ウォー

ハッシュウォー

どちらをメインのビットコインキャッシュにするのかは、ハッシュウォーと言うどちらがより長く掘り進めれるのかといった競争で勝者の方がメインネットで使用できるようになります。

各取引所では現在どちらかと言えばABC側を対応している所が多いですが、Coin・Danceと言うサイトでハッシュレートの割合を見るとSVを支持しているCoingeek、SV Pool、BMG Poolが(執筆時点で)70%近くの割合を占めていて、SVがメインネットとして優勢となっているのが見受けられます。

しかし、ABC側もジハン・ウーがいることや、ビットコインのマイニングをおこなっているためビットコインキャッシュに切り替えるなど切り札も存在していそうです。

ユーザーの注意点

ユーザーがの注意点

決着が着くまではビットコインキャッシュが使えなくなりますがハードフォークを迎えた後、すぐに決着が着く可能性と長引く可能性があります。

さらに自身が使用している取引所やウォレットの入出金の停止時間やどちらを支持しているか、付与はどうなるのかと言ったアナウンスも再度確認して下さい。


【参考】


Millions of Bitcoin Cash to be Frozen due to the Hard Fork



After the Fork: How Competing Bitcoin Cash Blockchains Might Wage War



Latest Bitcoin Cash Blocks by Mining Pool (today) Summary

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。