仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

Bene

ベネズエラの百貨店Trakiがビットコイン支払いを受け付け開始へ

南米のウォルマートと呼ばれるベネズエラ最大の百貨店「Traki」では国のハイパーインフレの影響からかビットコイン(BTC)支払いを開始したとのことです。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/08/25 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で1,000円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

ベネズエラ最大の百貨店、BTC決済導入へ

ベネズエラ最大の

「南米のウォルマート」とも呼ばれているベネズエラ最大の百貨店Traki(トラーキ)は支払い手段として仮想通貨での支払いを受け付け始めました。

Trakiは衣服、食料、スポーツ用品など幅広い商品を販売していて国内に49店舗の展開をしています。

ベネズエラは現在、ハイパーインフレにより法定通貨が暴落し代替手段を余儀なくされていてATMから現金を下ろすのもままならずその為、Trakiは商品を簡単に購入する方法を提供することを目指し仮想通貨決済の導入を受け入れることになりました。

Redditに立てられたスレッドによれば、実際にビットコイン(BTC)で260ドル(約3万円)分の学校用品と衣類、合計884点を購入できたと報告されています。

このお金はredditユーザーにより集められたもので、今回買われた商品は必要とされている国の子供たちに届けられるとのことです。

他のユーザーによればビットコイン以外にも、ダッシュ(Dash)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)でも決済が可能だったと伝えています。

国が推奨する仮想通貨ペトロの今

仮想通貨ペトロの今

ベネズエラの石油に裏付けられているとされる国が発行した仮想通貨ペトロですが、国民の国外脱出を防ぐ手段としてパスポートを購入する際にペトロでの購入を義務付けていましたが、逆に国民の圧力を高め不満を募らせる結果となっています。

さらに現在ペトロは充分に利用可能な決済手段となっておらず大統領がTVで呼びかけてはいるものの実用的とは言えず他の仮想通貨によるピアツーピア(P2P)取引の需要が高まっていました。

今回のTrakiの仮想通貨決済導入の受け付けは国民にとっても大変喜ばしい出来事であり、法定通貨が暴落などにより信頼できない国々では仮想通貨が実用的であると証明した事にもなります。

なお、ベネズエラ政府は10月にBancar、Afx Trade、Cave Blockchain、Amberes Coin、Cryptia、Criptolagoの6つの仮想通貨取引所にペトロを上場し取引可能となっているものの目立った動きは見えません。

公式サイトから登録すれば個人、法人問わずビットコイン、ライトコイン、イーサリアム、ダッシュの他に法定通貨、中国元、ユーロ、米ドルでの購入が可能とアナウンスがされています。


【参考】


Venezuelas Walmart ‘Traki’ Started Accepting Bitcoin



THE ‘WAL-MART’ OF VENEZUELA HAS STARTED ACCEPTING BITCOIN

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。