仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

Intel

半導体大手Intelが省エネのビットコインマイニングの特許取得

グローバルテクノロジーの大手Intelはよりエネルギー効率の高い高性能ビットコインマイニングの特許を取得しました。現在、市場に出廻っているマイニング機材よりも省エネとなるため続いているマイニング業界の不振を打破する可能性があります。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2018/12/17 現在
Ranking 1st BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!
Ranking 2nd Fisco
JASDAQに上場しているフィスコのグループ企業。※2018年11月時点で業務改善命令を受けていない唯一の取引所です。

Intelがマイニング特許を取得

インテルがマイニング特許取得

11月27日、米国特許商標庁は大手半導体メーカーIntel(インテル)が「エネルギー効率の高い高性能ビットコインマイニング」を可能とするプロセッサー「Bitcoin Mining Hardware Accelerator」の特許を取得したことを明らかにしました。

Intelは以前からビットコイン・マイニングチップ用のハードウェア「アクセラレータ」の特許を取得しようと模索していて2016年9月に米国特許商標庁(USPTO)に申請書を提出しており、既存のビットコイン・マイニングのプロセスを増強し、電力消費を抑え、より少ない費用を費やすことができるものとなっていました。

現在利用されているマイニングマシンではアプリケーション専用集積回路(ASIC)などのハードウェアアクセラレータが必要となるため大量の消費電力が必要となっていました。

2015年にもIntelはスタートアップ企業21Inc社と提携しマイニングチップを開発しましたが採用とはならず、21Inc社はEarn.comと改名しCoinbaseによって買収されていました。

これらのことからもIntelのビットコイン・マイニングへの参加の本気度が伺えます。

消費電力を15%削減へ

消費電力を15%削減

特許申請書によれば、「現在、専用のビットコイン・マイニングASICは200ワット以上の電力を消費しながら毎秒何千ものハッシュのパフォーマンスをSHA-256エンジンを実装していて本製品はビットコインマイニングの計算において特定のパラメータを選択的に配線することを含むマイクロアーキテクチャ最適化を使用する。」

として、パラメータをハードワイヤーで行うと、必要となっていた計算量の数が減り、チップに必要な電力量を15%削減すると推定されていてマイナーが現在使用しているチップよりも小さくなるとしています。

現在、長引く仮想通貨市場の低迷により消費電力などのコストを賄えずアメリカではマイニング業者の破産申請や、中国ではマイニング機材が大量にネットで投げ売られており、今回のIntelの特許取得の発表はマイニング業界に再び活気を甦らせるかもしれません。

一方、仮想通貨取引所Coinbaseなどから出資を受けているCoinmine社は「Coinmine One」と言う10万円を切る価格帯でPS3と同等の消費電力で自宅でもマイニングが可能なマシンを発表していて、今後マイニングがより身近なものとなっていくのかもしれません。


【参考】


Intel Wins Patent for Energy-Efficient Bitcoin Mining



Optimized SHA-256 datapath for energy-efficient high-performance Bitcoin mining


CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。