仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

Soc

ソーシャルメディアへのブロックチェーンの活用法とは

ブロックチェーンは仮想通貨の根幹となる技術です。 非集中的・分散化システムが可能になり、多くの企業・機関がこの技術を利用しようと試みています。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/06/19 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で5,500円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

現代人にとってソーシャルメディアとは?

現代人にとってソーシャルメディアとは

仮想通貨に詳しい専門家たちはブロックチェーンが将来的にはグローバル産業・金融産業で高い期待が持てると確信しているようです。Common Sense Mediaの最近の調査によれば、人々は1日9時間もソーシャルメディアを使用しているとの事実が明らかになっています。また、ネットに費やす時間の約3割をソーシャルメディアに割り当てているとの報告も上がっています。
ソーシャルメディアを利用する中で人々の行動は大きく分けるとコンテンツを貼りお気に入りのコンテンツを見つけ・シャアし・広告をクリックすることにカテゴライズされます。
このようなユーザーの行動分析を行うことはソーシャルメディアの管理者にとっては非常に重要なことです。
ユーザーの行動や場所などを理解するためにこれらのデータは有益なため、管理者は収集したデータ自体を売りに出すこともあります。

ソーシャルメディアにおけるブロックチェーンの可能性とは

ブロックチェーンの可能性とは

基本的にはソーシャルメディアに投稿したコンテンツは投稿した本人の手から離れ、自身でコントロールはできません。ここでブロックチェーンの特性が活かせるのです。

例として、ブロックチェーンをベースにしたプラットフォームのであるSkycoinをあげてみましょう。
Skycoinではユーザーの投稿したコンテンツをユーザーの許可なく別のメディアでシェアすることは不可能です。ブロックチェーンを活用することで、ユーザーは広告主や第三者と直接取引することができるのです。
つまりユーザーは自分の投稿したコンテンツに価値をつけることができ、使用量を請求することができるのです。
中央集権的なシステムを否定したブロックチェーンだからこそ、それぞれのユーザーの手に決断をゆだねることを可能にしています。

クラウドファンディングにおいても、その透明性や安全性から有効性が期待されています。利用しているユーザー数を考えると大きなアドバンテージになりえますし、チャリティや他のイベントなどへの資金を集めることも容易にしてくれるでしょう。


【参考】


How Blockchain can be Integrated into Social Media for Great Benefits



Could Facebook Really Be Building A Massive Crypto Related Project?

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。