仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

Sin

シンガポールでは仮想通貨詐欺が横行、被害額は8万ドルに到達

シンガポールではブロックチェーン技術の活用に対して政府が出資や仮想通貨に関する法規制が勧められるなど世界的に見ても仮想通貨が普及しているようです。 仮想通貨先進国とも言えるシンガポールにおける仮想通貨関連の犯罪について紹介していきます。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/06/19 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で5,500円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

わずか数ヶ月で被害総額は8万ドルにも!?

被害総額は

シンガポール最大の新聞社であるThe Straits Timesによれば、ここ数ヶ月で仮想通貨関連の詐欺事件が急激に増加しているそうです。シンガポール警察は今年の9月から11月のわずか3ヶ月の間で、78,000ドルもの被害額が見込まれていると発表しました。このような詐欺事件はオンライン上で表示されるネット広告が主なやり口となっているようです。

シンガポールの有名人やセレブなどの写真でユーザーの目を引き、いかにも仮想通貨を支持しているように見せかけることで安心感を与え、投資させることを勧めるとのことです。広告をクリックすると別のサイトに飛び、個人情報を入力してしまった被害者たちが多いようです。
このようなサイトの大半は海外製で、金額を振り込んでしまった場合は追跡することは困難と言われています。

あのイーロンマスクも被害者に

イーロン・マスクも被害者に

このような仮想通貨詐欺集団のもう一つの手口が、有名人のTwitterアカウントに見せかけ投資を募るというものです。
テスラモーターズのCEOで有名なイーロンマスク氏も詐欺師によって自分の偽アカウントを作られてしまい、10,000ビットコインを無料で配布するとのツイートまでされてしまいました。シンガポールでは彼のような有名人だけではなく、シンガポール首相などの政府役人などの写真まで使うケースもあるとのことです。

まとめ

まとめ

日本では仮想通貨詐欺などが大々的にニュースなどで取り上げられたことは、今のところはほとんどないと思います。
しかしながら今後様々な方法で投資家から資金を巻き上げようとする詐欺師たちが日本でも増えてくると思われます。警察も対策を講じるとは思いますが、一番重要なのは詐欺師の言葉を鵜呑みにしてしまわないことです。ネットやSNSなどで情報収集をしたり専門家に相談をすることで視野を広げ客観的な判断力を養うことが詐欺に合わない為の最良の方法です。


【参考】


Bitcoin Scams: Singaporeans Losing Thousands of Dollars to Crypto Fraudsters

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。