仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

Coin

コインベースが新たに31コインを登録予定か

アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコに本社がある仮想通貨取引所コインベースが、新たに31種類の通貨を上場させる予定であることが明らかになりました。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/09/23 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で1,000円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

上場される具体的な通貨は?

具体的な仮想通貨は

先週7日の金曜日に、コインベースは31種類の仮想通貨とトークンを新たに上場させるつもりだ、と公式に発表しました。その中にはリップルやKINなどのコインも含まれており、投資家たちの高い需要に沿うラインナップとなっています。

コインベースは9月の時点で将来的に仮想通貨全体の90%のコインを登録させると発表しており、その目標達成のための第一歩として投資家の間では注目されているようです。

喜ぶのはまだ時期尚早かも

まだ時期尚早

コインベースに新たに31ものコインが上場されるニュースに仮想通貨界では大いに賑わっています。
特にリップルユーザーにとっては嬉しいニュースでしょう。しかしながら、コインベースはまだ上場が確定したわけではない、とも強調しています。「新たにコインと上場させるには技術的な側面やコンプライアンスにも多大な労力と時間がかかる。」とコインベースはコメントしており、今後の展開次第でこれらのコインの登録が取り消される可能性もあり、保証はできないとのことです。

さらに、上場されたとしても幾つかのコインはウォレット機能や他者への送金ができず、投資家同士の売買にしか利用できない可能性もあるそうです。また、上場されてすぐに全世界のユーザーがすべてのコインを取引できるわけでもない、とも述べています。

まとめ

まとめ

仮想通貨市場の熱が低迷する中で、新しくコインの上場は市場にポジティブな影響を与えます。投資家の間では仮想通貨に対する不安が募っていますが、取引所側はまだまだ今後の仮想通貨の将来性に期待しているようです。


【参考】


Coinbase Considering Adding 31 Coins to its Platform



SEC Homepage

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。