仮想通貨比較 仮想通貨取引所比較 ニュース

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2018 02 18 15.20.32

海外のおすすめ仮想通貨取引所ランキング【徹底比較】

人気急騰中の仮想通貨は、取引所で様々な取引ができます。日本にも取引所はありますが、海外向けの取引所もあります。今回は、海外の仮想通貨取引所をまとめました。各取引所のメリット・デメリットが書いてあるのでぜひ参考にしてください。

CoinHack Newsで申し込み数の多い仮想通貨取引所
2019/06/19 現在
Ranking 1st DeCurret
ディーカレットは、ビットコインやリップル、ライトコインなどのデジタル通貨の取引を担う金融サービスを提供しています。 期間限定で5,500円をプレゼントするキャンペーン開催中!
Ranking 2nd Coincheck
ビットコインを簡単購入するならCoincheck。イーサリアムやリップル、モナコインなどの話題の仮想通貨も取り扱っています。
Ranking 3rd BITPoint
手数料無料で仮想通貨取引を行うことができます。セキュリティ管理がしっかりとされているので初心者にもオススメの取引所です!

海外の仮想通貨取引所を利用するメリット

pixabay

仮想通貨取引所は日本だけでなく、世界各国に存在しています。

日本人の中に、海外の仮想通貨取引所を利用している人が多いです。

なぜ日本人が、日本国内より海外の取引所を利用しているのかというと、様々なメリットがあるからです。

主なメリットは、国内取引所にはない仮想通貨を扱っているとか、手数料が国内取引所より安いなどが挙げられます。

それだけでなく、操作方法も非常にシンプルなので、慣れた人は国内と海外の取引所をアービトラージなどして、利益を挙げています。

ちなみにアービトラージとは、価格差を利用して利益を上げる裁定取引で、FXなどにも使われる手法ですが、最近出始めたばかりの仮想通貨のほうが、若干ながら利益を上げやすいです。

アービトラージについての詳しい説明は省略しますが、主なメリットである仮想通貨と手数料について、解説いたします。

国内の取引所にはない仮想通貨を購入できる

日本国内の取引所で、多くの仮想通貨を取り扱っているのは、コインチェックです。

扱っている仮想通貨は14種類で、国内の取引所の中でも一番多いです。

しかし、海外の取引所は、14どころか100を超える仮想通貨を扱っています。

中には、0~1円という仮想通貨が多くあるので、買う場合は、リスクを最小限に抑えるため、分散して購入するとよいでしょう。

ただし、円では買えないので注意が必要です。

手数料が安い取引所が多い

国内と海外の取引所の手数料を比較しても、海外の取引所のほうが安い傾向にあります。

それだけでなく、仮想通貨の種類によって異なり、送金と受取にしても、取引所にもよりますが、手数料が発生します。

手数料が発生するのは、仮想通貨を購入するときです。

仮想通貨をパーセンテージで表記されているので、仮想通貨自体の価格が安ければ安いほど、手数料が安くなります。

ちなみに、入金手数料は無料(振込手数料はかかる)で、出金手数料は有料の取引所が多いです。

指値注文ができる!

「指値注文」とは、自分の買いたい値段・数量を指定して取引所に注文ができるということです。

また、その逆に売りたい値段になったら売ることもできます。

そのため、海外取引所では常にチャートを見る必要がなく、チャンスを逃すことも無くなります。

海外の仮想通貨取引所を選ぶポイント

pixabay

海外の取引所の情報は、国内の取引所と比べて情報が少ないのが事実です。

海外の取引所を利用しようとしても、どこをポイントに選べばいいのかとわからない人が多いと言えます。

しかし、見るべきポイントはシンプルです。

基本的に見るのは、会社の信頼度や取引条件、そして国籍です。

なぜ国籍なのかというと、国のシステムが日本と違って異なり、場合によっては、国の介入の可能性があるからです。

比較的安定しているところの取引所を選んだ方が無難と言えるでしょう。

会社の信頼度

海外の仮想通貨取引所を利用するとき、信頼できるかどうかが重要になってきています。

なぜなら、お金を預けた後に倒産とハッキングの可能性が否定できないからです。

これらに関して言えば、日本も同じリスクを背負っていることになります。

海外の取引所に多額のお金に預けるのなら、見極めが必要です。

この記事に海外の取引所についての情報を掲載しますが、こちらで見極め、信頼あると判断した取引所のみとなっているので、ご安心ください。

取引の条件

注目してほしいのは、取引手数料です。

手数料についても説明しましたが、仮想通貨によって、手数料が異なることを知りましょう。

しかし、海外の取引所は手数料が安い傾向にあるので、比較しても大差はありません。

取引方法は共通しているので、好みやスタイルに合わせて選ぶことをおすすめします。

0~1円の仮想通貨をひとつ選んで購入するとか、分散して複数購入とか、アービトラージで利益を上げるなど、様々です。

海外のおすすめ仮想通貨取引所ランキング11選

pixabay
海外のおすすめ仮想通貨取引所ランキング
取引所名 取り扱い通貨数
Binance 中国 約100種以上
Bittrex USA 約200種
Bitfinex 香港 約20種
HitBTC 不明 約151種
Poloniex USA 約80種
Crtptopia ニュージーランド 500種以上
Coinexchange 不明 300種以上
KuCoin 香港 約50種
Liqui ウクライナ 約50種
Cointal イギリス 4種
Kraken USA 約16種

おすすめできる日本以外の取引所11をランキング形式で掲載いたします。

また各仮想通貨取引所のメリット、デメリットも紹介していきたいと思います。

ただし、海外なのでリスクはあります。

日本もリスクはあるのですが、海外の取引所ほどではありません。

対応力が違うということです。

リスクを避けるためには、会社の信頼度や取引条件を見なければならないのですが、欲しい仮想通貨があるという理由だけで、記事に掲載されているおすすめの取引所の中から選んでもいいでしょう。

第1位 Binance(バイナンス)

BINANCEのトップページ

中国の取引所ですが、海外の取引所の中でも珍しく、日本語表記されている貴重な取引所です。

ただし、サポートセンターが日本語に対応していないなど、完全ではありません。

Binanceを利用する際は注意しましょう。

Binance(バイナンス)のメリット

とにかく取り扱い通貨が多い!

Binanceでは100種類以上の取り扱い通貨があり、アジアの仮想通貨取引所では圧倒的な数の多さです。

また、ビットコインの分裂時に付与されることが多く、Binanceの公式Twitterでは『We support every fork』(バイナンスでは全てのフォークコインを付与する)というツイートがあり、今後も付与の可能性があることが伺えます。

手数料が安い

Binanceの手数料はとても安く、Maker手数料、Taker手数料共に0.1%です。

また、BNBトークンで手数料を払うと、さらに手数料が50%オフというので驚きです。

日本語対応あり!

Binanceでは日本語対応しているので迷わず使うことができます。

※ページ右上のGoogle翻訳ボタンから日本語を選択してください。

Binance(バイナンス)のデメリットは?

そんなBinanceですが、メリットばかりではありません。

Binanceのデメリットといえば、中国の仮想通貨取引所であるということです。

中国では度々規制がかかり、仮想通貨の価格にも影響を及ぼすほどです。

中国の規制に関するニュースから目が離せませんね。

Binance(バイナンス)の登録、入金、購入方法はこちらから!!

第2位 Bittrex(ビットレックス)

Bittrexのトップページ

アメリカの取引所で、特徴は扱っている仮想通貨は200種類という多さにあります。

英語表記のサイトで、日本語には対応していませんが、日本人利用者が多いというのも特徴のひとつです。

その200種類の中に、日本発の仮想通貨「モナコイン」が含まれています。

海外の取引所の中で、モナコインを扱っているのは珍しいことです。

しかし、2017年10月に、突如としてアカウント凍結が起きたという例があるので、利用の際は注意が必要です。

Bittrexのメリット

圧倒的な取り扱い通貨数

Bittrexではアルトコインの取り扱い数が多いことで有名です。

その数なんと200種類以上!!!

日本では買えないアルトコインが買えるので魅力的ですね。

全アルトコインの詳細チャートが見れる!

Bittrexでは取り扱いのある全てのアルトコインの詳細チャートが見れます!

取引画面も見やすいので、他の仮想通貨取引所の画面は開かなくて済むでしょう!

Bittrexのデメリットは?

日本語対応がない

仮想通貨取引所として世界的に有名で支持されているBittrexですが残念ながら日本語対応がありません。

レバレッジ取引に対応していない

Bittrexでは、まだレバレッジ取引に対応していません。

Bittrexの最新情報はこちら!!

第3位 Bitfinex(ビットフィネックス)

Bitfinexのトップページ

香港の取引所ですが、特徴は扱っている仮想通貨の種類の数にあります。

仮想通貨の種類は約20種類と、海外の取引所の中でも少ないです。

登録方法については、メールアドレスとGoogleの二段階認証だけで済ますことが可能です。

過去にハッキング被害を何度も受けたことはありますが、セキュリティの強化を含めた堅実的な運営により、信頼度が向上しているので、問題なく利用できます。

Bitfinexのメリット

セキュリティーに力を入れている

Bitfinexでは現在、セキュリティーに一段と力を入れており、他の仮想通貨取引所にもよくある二段階認証に加え、出金先の限定(変更すると5日間規制がかかります)や、新しいIPアドレスからの取引を24時間規制引き出しの際の秘密の質問、といった追加の機能があり、セキュリティー面に力を入れていることが伺えます。

Bitfinexのデメリットは?

クレジットカード入金ができない。

現在Bitfinexではクレジットカード入金ができません。

仮想通貨建てでしか取引ができない

日本円を入金することができない海外取引は多数ありますが、Bitfinexではアメリカでのサービス提供を終了するため、ドル入金もできなくなります。

そのため、あらかじめビットコインなどの仮想通貨を用意してBitfinexの口座に送金する必要があります。

第4位 HitBTC(ヒットビーティーシー)

Hitbtcのトップページ

国籍不明の仮想通貨の取引所です。

国籍不明という時点で、信頼度に不安を隠せない人はいますが、イギリスで登録しています。

加えて、堅実的に運営をしているので、信頼度は高いです。

扱っている仮想通貨は約151種類と多く、日本で扱っていない仮想通貨が豊富にあります。

ドルやユーロなどで購入できるようになっており、当然ながら日本円では購入できません。

ビットコインなど仮想通貨を送金して、購入する必要があります。

HitBTCのメリット

手数料が安い

取引手数料はすべての取引において 0.1%と安く、使いやすいようです。

パスポートや住所登録などの本人確認が不要

本人確認が不要なので簡単に取引を始めることができます。

ICO直後の仮想通貨が取引できる

ICO直後の激安通貨(草コイン)を取引することができます。

しかし、そのような通貨は世に出回ることなく一生を終えてしまう場合が多いので購入する際には見極めが必要ですね。

HitBTCのデメリットは?

セキュリティー面が不安

出金制限がなく、しかも本人確認がないため不正ログインされてしまうと取引所の通貨が全て持って行かれてしまう恐れがあります。

二段階認証は必ずするようにしましょう!!

アプリが無く、日本語も不対応

取引所を選ぶ上で使いやすさというのは一つの要因になりますが、アプリが無く本体サイトも英語のみとなったいるので日本人からすると使いやすいとは言えないでしょう。

預金手数料がかかる

通常の仮想通貨取引所では通貨を送金する際に手数料がかかる場合がほとんどですが、HitBTCではそれに加え、預金にも手数料が発生します。

BTCの場合は0.0006BTC =500円、ETHの場合0.003ETH =300円程かかります。


第5位 Poloniex(ポロニエックス)

Poloniex

アメリカの取引所で、日本人の多くが利用しています。

特徴は、XENが購入可能な取引所だというところです。

しかし、現在はコインチェックなど、様々な取引所でも、XENを扱うようになっています。

もうひとつの特徴は、取り扱っている仮想通貨が約151種類あることです。

海外の取引所の中でも多く、それが理由で、多くの日本人が利用しています。

英語表記しかないのはデメリットですが、堅実的に運営しているので、信頼度は高いです。

Poloniexのメリット

世界最大級の仮想通貨取引所!

Poloniexは世界最大級の仮想通貨取引所ということもあり、多くの人に支持されており信頼の厚い仮想通貨取引所です。

流動性が高い

前述した通りPoloniexは世界最大級の仮想通貨取引所ということもあり、その取引量の多さにより高い流動性が確保されています。

取引手数料が安い

取引手数料は0.15~0.25%と比較的安いです。

Poloniexのデメリットは?

日本円での取引ができない

Poloniexでは日本円での入金ができないため、Zaifなどからビットコインを送金しビットコイン建てで取引することになります。

ハッキング(クラッキング)に狙われやすい

世界的に有名な仮想通貨取引所とういうこともあり、世界中のハッカーたちの標的になりやすく、これまでにもハッキングされたこともあります。

やはり、セキュリティー対策はしっかりとするようにしましょう。

Poloniexの登録、入金、買い方の紹介はこちら!!

第6位 Cryptopia(クリプトピア)

Crtptopiaのトップページ

ニュージーランドの取引所ですが、その特徴は、取り扱う仮想通貨は500種類以上だということにあります。

加えて、ビットコインを送金するだけで、そのビットコインだけで、それらの仮想通貨を購入できるということです。

2段階認証を導入しているなど、セキュリティ対策は強固ですが、何度もハッキングされているという声もよく聞きます。

利用するときは、登録してすぐに2段階認証の設定を行うなど、ご自身の対策を万全にしましょう。

Cryptopiaのメリット

アルトコインの取り扱い通貨が500種類以上

これがCryptopiaの最大の特徴と言えるでしょう。

アルトコインの取り扱いが
500種類以上ある
ということで、今後値が上がりそうな通貨を買うことができます。

サイト内でショッピングができる!!

Cryptopiaのサイト内でビットコイン使ってお買い物をすることができます。

しかし、Cryptopiaはニュージーランドの取引所なので買い物をしたら海外発送をすることになりますので注意してください。

Cryptopiaのデメリットは?

大手仮想通貨取引所とは言えない。

取り扱い通貨が500種類以上あり、一見大手の仮想通貨取引所のように見えますが、ハッキングや送金時のトラブルが報告されていることから基盤がしっかりしておらず、大手の仮想通貨取引所とは言えません。

日本語対応がない

こちらもやはり日本語の対応がないので、英語が苦手な人は苦労するでしょう。

第7位 Coinexchange(コインエクスチェンジ)

Coinexchangeのページ

Coinexchangeの国籍は不明なところがデメリットです。

加えて、本人確認が不要という時点で不透明感を隠せません。

本人確認がしなくていいというのがメリットですが、二段階認証が導入されているので、登録した直後に二段階認証を導入するとよいでしょう。

実は一攫千金が狙えるという評判を持つのが特徴です。

Coinexchangeが扱う仮想通貨は300種類以上で、その中にある0~1円の仮想通貨のどれかが急上昇するというものです。

ただし、リスクがあるので注意しましょう。

Coinexchangeのメリット

手数料が安い

Coinexchangeの取引手数料は一律0.15%と安いと言えます。

取引マーケットが多い

取引マーケットとは、通貨を購入する際にどの通貨で交換できるのかを表したものです。

ビットコインやイーサリアムが主流ですがCoinexchangeではライトコインやDogeマーケットもあるので送金手数料が安い物を選べるなど、使いやすいと言えますね。

Coinexchangeのデメリットは?

取引量が少ない

Coinexchangeの取引量は世界84位と少ないことがわかります。

メインの仮想通貨取引所としてはおすすめできません。

第8位 KuCoin(クーコイン)

KuCoinのページ

香港の取引所で、海外の取引所の中でも珍しく、完全ではありませんが、日本語が表記されています。

日本円が表記されているのも特徴のひとつです。

ただし、日本円の入金と出金はできないので注意しましょう。

扱う仮想通貨は約50種類で、本人確認と二段階認証を導入するなどして、セキュリティ対策を万全にしています。

ただし、中国の規制強化の対象に入る可能性があるというリスクに対する注意が必要です。

KuCoin(クーコイン)のメリット、デメリット、登録方法、入金方法はこちらから!!

第9位 Liqui(リクイ)

Liquiのページ

ウクライナの取引所ですが、ビットコインのマネーロンダリングに利用されるケースが多いという残念な一面を持ちます。

しかし、ICO直後の仮想通貨を積極的に取り入れ、二段階認証を導入してセキュリティを強化するなどしています。

ただし、多額のお金を預けておくのはおすすめできません。

それでも、預けて仮想通貨に期待を持つ場合は、失っても問題ないくらいの額にするのが適切です。

英語表記しか対応していないので、ある程度の英語力が求められます。

Liquiのメリット

USTDを含む3種類の通貨ペアが使える

Liquiではビットコイン、イーサリアムに加えテザー(USTD)の3種類の通貨を基軸通貨として取引を行うことができます。

そのため、両替の手数料などがかからず、コストを削減できます。

将来的にレンディングが可能

Liquiではレンディングが可能になるようです。

レンディングとは、仮想通貨を、取引所の仲介のもと、信用取引など、元本以上の額を取引したい人に貸し出す仕組みです。

仮想通貨の貸しだしで、金利を得ることができます。

レンディング機能を使えば、長期的に保有しておきたい通貨を人に貸し出し、その間に金利で利益を上げることができるようになります。

Liquiのデメリットは?

日本語対応してない

こちらも日本語対応が無く、登録はできても万が一不備があった場合に問い合わせが英語になります。

また、問い合わせの対応が悪いという批評が多く、メインの仮想通貨取引所にはおすすめできません。

第10位 Cointal(コインタル)

Cointalのページ

イギリスの取引所ですが、P2Pを導入した史上初の仮想通貨取引所です。

セキュリティ対策についても、電話認証と二段階認証の2つを採用しているので万全です。

扱っている仮想通貨は、BTC、ETH、LTC、XRPの4種類のみとなっています。

英語力がある人であれば、扱いやすい取引所でもあります。

Cointalのメリット

購入手数料が無料!?

Cointalでは購入手数料が無料、販売手数料は1%となっていて、購入目的の方には大きなメリットですね。

P2Pでの取引!

他の取引所では、不特定多数の人が価格の変動する板取引だったのに対し、Cointalでは個人間での取引を可能にしました。

さらに、その取引は仮想通貨だけではなく、iTunesカードやAmazonギフトカードなどでも可能です。

Cointalのデメリットは?

利用者が少ない

Cointalは開設されたばかりでまだユーザーが少無く、理想の取引が難しいです。

ユーザーをもっと確保できればP2Pシステムももっと活躍するでしょう!

第11位 Kraken(クラーケン)

Krakenのページ

アメリカの取引所ですが、特徴は、完全な日本語表記に対応しているところです。

加えて、日本円の入金と出金が可能なので、海外の取引所でありながら、日本人に合わせたシステムを導入しているのが魅力です。

セキュリティ対策も万全で、信頼度と透明度が高い取引所でもあります。

海外の取引所で仮想通貨を始めたいという人にはおすすめです。

しかし、取り扱う仮想通貨は約16種類と、数が少ないのがデメリットです。

Krakenのメリット

取引量が世界上位

取引量が世界トップクラスなため、流動性があり、安定した取引をすることができます。

セキュリティーが頑丈

Krakenはこれまで一度もサイバー攻撃を受けたことがなく、信頼のあるセキュリティーを作っていることが伺えます。

Krakenのデメリットは?

スワップ手数料が高い

pixabay

Krakenでは、スワップ手数料は4時間ごとにかかります。

割合は各通貨ペアによって決まっており、4時間ごとにスワップ手数料を取られることで長期でポジションを持つのは難しいようです。

パスポートが必須

日本の取引所では、運転免許証や保険証や住基カードを本人確認の書類として利用しています。

しかし、海外の取引所では、パスポートを用意しなければなりません。

なぜなら、運転免許証といった書類だと、海外の取引所では本人確認の資料として認められないからです。

海外の取引所を利用したい、だけどパスポートがないという人は、都道府県の役場にある旅券課などに足を運び、パスポート発行の申請手続きをしましょう。

費用は、5年間有効で11,000円、10年間有効で16,000円となります。

海外の取引所を利用するときは、いくつか注意する必要があります。

具体的に挙げると、身分証明方法や購入方法、ある程度の英語ができないと利用しにくい、日本の取引所よりリスクが高いなどです。

リスクについては、説明に何度も触れているので省略いたします。

どのようにして注意していいのか、利用する前に準備する必要なものをどれくらい用意すればいいのかを中心に、解説していきます。

海外の仮想取引所を利用する際の注意点・デメリット

円での購入はできない

日本円で仮想通貨を購入できるKrakenという例外を除いて、海外の取引所では、仮想通貨を日本円で購入することができません。

その国の通貨で購入する必要があります。

しかし、ビットコインを使って仮想通貨を購入することができます。

ビットコイン以外でも対応している海外の取引所はありますが、ビットコインであれば、ほとんど間違いないでしょう。

根拠は、ビットコインを扱っていない取引所は、存在しないことにあるからです。

日本の取引所口座が必要

日本円で仮想通貨が購入できない、購入するにはビットコインなどの仮想通貨が必要と説明しました。

どうすればいいのかというと、日本の取引所の口座開設から始めなければなりません。

なぜ、日本の取引所の口座が必要なのかというと、仮想通貨の送金システムを利用するためです。

そのシステムを使うことで、例え海外の取引所でも、受取用アドレスを知れば、送金することが可能だからです。

ちなみに、この方法を応用すれば、アービトラージという裁定取引を行うことができます。

すべて英語表記

海外の取引所はすべて、英語表記となっています。

ただし、BinanceやKuCoinやKraKenなど、一部の取引所は例外的に日本語表記が対応されています。

しかし、海外の取引所を利用するときは、ある程度の英語力が必要です。

日本の取引所は日本語で書かれているので、どのようにして使えばいいのかなどが書かれています。

海外の取引所だと、英語で表記されているので、その取引所を始めて利用するときは、英語が読めなければ利用しにくいというデメリットがあるということです。

海外の仮想通貨取引所で何かのトラブルが起きてもすべて自己責任

pixabay

日本の取引所は、日本の法律である仮想通貨法に則って、金融庁に登録されています。

なにかあった場合は、徹底したサポートを受けられるので、安心して利用することができます。

海外の取引所だと、なにかのトラブルが起きても、すべて自己責任です。

日本と同様に仮想通貨法に等しい法律を設けている国はありますが、外国人が利用する場合は、それ以上のリスクを背負うことになります。

トラブルを回避する、回避できないトラブルに見舞われた場合の対処方法は、必要以上にお金を置かないこと、放置しないことです。海外の取引所で利益を上げたのなら、こちらに戻す必要があります。

どうしても置いておきたい場合は、これぐらい損しても問題ないような額に抑えておきます。

そして利益を上げたならこちらに戻すという繰り返しの方法であれば、トラブルが起きても、最小限に抑えることに期待が持てるということです。

CoinHackの新しいサービスができました!

投資家の方に向けて「仮想通貨の最新価格が知りたい」「取引所毎のスプレッド差が気になる」「時価総額ランキングを確認したい」「価格が大幅上昇した通貨が知りたい」を解決するためのサービスを提供開始しました。

誰でも簡単にチャートによる仮想通貨価格の一覧比較仮想通貨取引所の一覧比較を行なうことができます。是非利用してみてください!

投資家の為のあらゆる情報を網羅しました

仮想通貨・取引所の最新情報比較
CoinHackで提供している情報は、お客様に対する情報の提供を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。仮想通貨銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。